万能の恵み“オリーブパワー”で、健康も美肌も手に入れる!

2016.02.29

1.オリーブのキホン

オリーブの木はモクセイ科の常緑中高木で、太陽の光をたっぷり浴びて育ちます。オリーブの果実から取れるオリーブオイルが広く普及していますが、全世界のオリーブオイルの大部分が地中海地方の国々の産物です。強い日差しが照りつけ乾燥したこの地域でもみずみずしく育つオリーブは、その葉や果実、オイルに自然の力をギュッと抱え込んでおり、人々の健康や美容にもたらす効果が注目されてきました。研究や臨床試験なども進んでおり、オリーブを伝統食としてよく食するスペインやギリシャ、南フランスなど地中海地域の人々は、欧米諸国の中でも心疾患などによる死亡率が低いことなどがわかっています。

オリーブが持つ効果を詳しく知っていただくために、今回の特集ではオリーブの葉や果実、オイルから取れる成分についてご紹介します!

 

自然がもたらした、オリーブの3つの恵み

オリーブは歴史上もっとも古いハーブだと言われており、「生命の樹」と呼ばれ、聖書にも登場する植物。古代ローマで「万病に効果がある」と、食用に、薬用に、化粧品にと、幅広く珍重されていました。オリーブの木からとれるエキスは主に「オリーブリーフエキス」「オリーブエキス」「オリーブオイル」の3つに分類でき、それぞれに優れた抗酸化力を有します。

 

●オリーブリーフエキス

OliveLeaf_04.jpg

 

細長い形をしたオリーブの葉から抽出したエキスのことをオリーブリーフエキスと言います。特有成分のオレユロペンをはじめポリフェノールなどの抗酸化成分を数多く含み、バリアパワーをアップさせたり、生活習慣病を遠ざけるほか、ふしぶしにも良い働きが期待されています。フラボノイドなど様々なポリフェノールの他、ビタミン類、ミネラル類も含みます。

 

●オリーブエキス

OliveFruit_01.jpg

オリーブから抽出したエキス。含有されているヒドロキシチロソールという成分はポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を持ち、サビつきを遠ざけて若々しさや美しさを保つサポートをします。

 

●オリーブオイル

Olivedrop_OV.jpg

オリーブの果実を圧搾して得た植物油のこと。その中でも、国際基準で酸度が0.8%以下の高品質のオリーブオイルをエクストラバージンオリーブオイルと呼んでいます。オリーブオイルの主成分はオレイン酸で、全体の約75%を占め、コレステロール対策に良い働きがあるとされています。また、微量成分のポリフェノールの働きにも注目が集まり研究が進んでいます。

 

ではこれらを摂ることで具体的にどのような働きが期待できるのでしょうか。次の章から詳しくご説明します!

 

合わせて読みたい

メルマガ会員登録

ご登録いただいた方には、本サイトの更新情報を中心にお届けします。

今回の特集テーマは?各コーナーはどんな内容??タイムリーに知りたい方は、今すぐ読者登録を!

E-mailアドレスを入力ください


性別必須