> > ニオイ・かゆみ・たるみ!夏の気になる「汗悩み」の原因&対策
ニオイ・かゆみ・たるみ!夏の気になる「汗悩み」の原因&対策メインイメージ
スキンケア 2019.07.01

ニオイ・かゆみ・たるみ!夏の気になる「汗悩み」の原因&対策

ニオイやかゆみ、たるみ...蒸し暑いこの季節に発生しやすいのが、汗に関する肌トラブルです。今回は、その原因と解決方法をご紹介します。
ニオイ・かゆみ・たるみ!夏の気になる「汗悩み」の原因&対策メインイメージ
indexindex
  1. 私の汗、なんでにおうの...?
  2. 汗をかくと赤くなったり、かゆくなったり...なんで?
  3. 夏は特に、肌のたるみが気になる...その原因は「汗」だった!?

「通勤中やスポーツの後、汗のニオイが気になって仕方ない...」
「汗をかくと、赤くなったり、かゆくなったりしてしまう...」
「汗をたくさんかいた後は、肌のハリがなくなる気がする...」

このように、汗による悩みを抱えている人は少なくありません。困った時は原因を見極めて、効率的に対策を打ちましょう。

私の汗、なんでにおうの...?

独特なニオイを発する、汗。特に夏は、他人と接近する電車やバス、エレベーターの中などでは、ちょっと緊張してしまいますよね。
ところで、汗がニオイを発する仕組みはご存知ですか?実は、全ての汗がにおうわけではないんです。

汗とニオイの関係

私たちの体には発汗機能が備わっていますが、汗をかく目的によって分泌される汗に違いがあることはご存知ですか?まず目的には、体温調整をするための「温熱性発汗」と、緊張・ストレスなど心理的な刺激によって起こる「精神性発汗」があります。

実際に汗が分泌されるのは、汗腺と呼ばれる「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類の器官です。主に温熱性発汗には全身にあるエクリン腺、精神性発汗はエクリン腺のほかにワキ・乳輪・陰部など特定の部分にあるアポクリン腺も使われています。

エクリン腺から分泌される汗はほぼ水分なので、ニオイはほとんどしません。しかし、アポクリン腺から分泌される汗には、細菌が好む脂質やたんぱく質などの栄養分が含まれるため、最初はほぼ無臭ですが、ニオイの原因となる雑菌が繁殖しやすい状態に。
さらに、脂っこい食事中心の生活によって皮脂が過剰に分泌されると、皮膚表面で雑菌の繁殖が進み、ニオイもきつくなってしまう傾向があります。

190701_01_02.jpg

対策方法

・殺菌効果のあるデオドラントグッズを持ち歩く
ニオイのもととなる雑菌の繁殖を防ぐため、シートタイプのデオドラント剤などでこまめに汗や皮脂を拭き取りましょう。汗を拭き取った後は、スティックタイプのデオドラントを使えば、より安心。手を汚さず使用でき、長くとどまって殺菌できるので便利です。

・運動などで、日頃から汗をかく習慣をつける
汗腺は、汗のもとをろ過して、汗を作り出します。ろ過しきれなかったものは、水以外の成分が多く含まれ、ニオイのもとになりやすいのです。汗腺(ろ過機能)は、使えば使うほど鍛えられるため、日頃から運動で汗をかくことが大事です。

・無理な食事制限や肉食に偏った食生活を改善する
揚げ物などの脂っこい食事は過剰な皮脂分泌を引き起こし、汗と混じることで雑菌が繁殖し、より強いニオイを発生させることになります。また、糖質制限やお酒の飲み過ぎも、体臭がきつくなる原因に。バランスの良い食事を取ることを心がけましょう。

・気にしすぎない
精神的ストレスからくる汗は、アポクリン腺から分泌され、ニオイを発しやすいといわれています。緊張から発汗し、悪循環にはまることも。深刻な悩みに捉えず、気楽に構えましょう。どうしても気になる場合は、早めに病院へ行って相談すると、気分も楽になりますよ。

汗をかくと赤くなったり、かゆくなったり...なんで?

夏に発症しやすいものとして、よく聞く「あせも」。汗をかくとかゆくなってしまう原因は、どこにあるのでしょうか。

赤み・かゆみの原因

大量に発汗した時、汗の管である汗管の出口が汗・汚れなどでふさがり、汗が皮膚内に溜まることで発症するのが、あせも。
また、汗には、塩分やアンモニアなどの成分が含まれています。この成分が皮膚を刺激し、かゆみや赤みの原因になることがあるのです。また、汗が蒸発したあと、皮膚に残ったアンモニアが分解されると、バリア機能が低下。肌が敏感な状態になり、赤みやかゆみが増してしまいます。

対策方法

・汗をかいたらすぐに拭き取る
汗に含まれる余計な成分が肌に残ることで、バリア機能を低下させる原因になります。赤み・かゆみ予防のためには、こまめに拭き取って、清潔な状態を保ちましょう。

・刺激の少ないスキンケアに変える
汗をかいた後にそのまま放置して、かゆみを感じてきたら、バリア機能が弱くなっている可能性も。その状態でいつも通りのスキンケアやメークをすると、肌荒れを悪化させてしまうことも。
基礎化粧品も、抗炎症作用を持つ成分や、肌のバリア機能を保っている「細胞間脂質」「天然保湿因子(NMF)」の産生を促す成分などが配合された、刺激の少ないものに切り替えましょう。

夏は特に、肌のたるみが気になる...その原因は「汗」だった!?

汗をかいた後に肌のハリに違和感を覚えたことはありませんか?意外と知られていませんが、汗によって肌たるみを引き起こしてしまう場合があるんです。

"汗たるみ"の原因

肌のハリや弾力を担っている、皮膚の真皮層に張り巡らされた「コラーゲン」。ところが、汗をかくとコラーゲンの状態に大きな影響が...。

汗によって水分やミネラルが排出されると、体内がナトリウムイオン不足に陥ります。そして、同じく真皮層に存在する、コラーゲンを生み出す役割を持つ「線維芽細胞」の活性が低下。すると、肌の土台は均衡を失い、ハリや弾力も失われてしまいます。これが、汗たるみの原因です。

もっとくわしく:
夏の"汗"が老化を加速させる!? "汗たるみ"を阻止するスキンケア技、教えます

190701_01_03.jpg

対策方法

・クールダウン
まずは汗を止めるために、ほてった体を冷やしましょう。この時、冷やし過ぎには注意です。あくまでも、汗が引くまでの応急処置として考えましょう。

・ミスト化粧水
汗をかいたあと、蒸発とともに、肌の水分が普段よりも多く失われてしまいます。そのため、すぐに汗を拭いて保湿することが重要です。ミスト状の化粧水などを持ち歩けば、便利です。

・コラーゲンを体内外からチャージ
夜は、肌コンディションを整えるチャンス!コラーゲンの含まれた基礎化粧品や美容ドリンクで、外からも中からもアプローチしましょう。


暑いとそれだけで動きたくなくなってしまう...という方も、ぜひ今年の夏はたくさん汗をかいて、汗の質を高めましょう。加えて、バランスの良い食事にも気を使えば、ニオイもかゆみも気にならず過ごせそうです。

汗をかいたら、こまめに水分補給と拭き取ることをお忘れなく!

【監修】DHC美容相談室
通話料無料
0120-575-370(日曜、祝日を除く9時~20時)
「DHC美容相談室」は、美容の専門スタッフによるお客様専用のご相談窓口です。DHCの化粧品に関するさまざまなご相談・お問い合わせに対し、スタッフは専門知識と豊富なデータをもとに、具体的なアドバイスでおこたえします。
更新日/2019.07.01
更新日/2019.07.01

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。