> > 消えない"クマ"の理由はこれ!タイプ別ケア&メークで消す方法
消えない
スキンケア 2019.04.15

消えない"クマ"の理由はこれ!タイプ別ケア&メークで消す方法

クマの種類とチェックリスト、手入れの方法、メークで消すコツをご紹介します。しつこい"クマ"を退治するには、その原因に直接アプローチをして!間違ったケアは、努力がムダになってしまうかも...?
消えない
indexindex
  1. "クマ"ができるのはなぜ?
  2. あなたは何クマ?チェックリスト
  3. 青クマ(血行不良)
  4. 茶クマ(色素沈着)
  5. 黒クマ(たるみ)
  6. 色と光で!"クマ消し"メーク
  7. "クマ消し"は、タイプ別ケアで!

目の下で強い存在感を放つ"クマ"。それだけで疲れて老けた印象になってしまいますよね。

そんなやっかいな"クマ"の理由は人それぞれ。その理由をひも解いて、ひとつひとつクリアしていきましょう。
目の下からクマをなくせば、気分もスッキリ明るく晴れるはず!

"クマ"ができるのはなぜ?

目もとは汗腺や皮脂腺が少ないため、乾燥しやすいパーツです。皮膚が薄いうえに動きが多いため、負担が大きく、シワやたるみも起きやすくなります。
それに加えて、まぶたはメラニンをつくるはたらきが活発で、色素沈着が起きやすい部分です。

また目の周りには、目の開閉のときに使われる「眼輪筋」という筋肉があります。この筋肉は年とともに衰えやすいため、たるんで影になってしまうことも。

190415_02_02

年々存在感を増すクマには、いくつもの原因が絡んでいることも珍しくありません。

関連記事:
7歳も若返りできる!? 印象アップの目もとケア全集

あなたは何クマ?チェックリスト

クマのタイプは見分けが難しく、いくつかのタイプが重なっていることもあります。鏡を見ても分からないときは、チェック項目も参考にして、ひとつずつ確認していきましょう。

190415_02_03

【青クマ】
青っぽく、目尻を横にひっぱると少し薄くなる
CHECK!
□スマホやPCを長時間使う
□寝不足
□冷え性
□運動はあまりしない

【茶クマ】
目尻を横にひっぱっても、上も向いても濃さが変わらない
CHECK!
□アイメークはしっかり派
□目もと専用のクレンジングは使わない
□メークを落とすときにこすってしまう
□目がかゆくなりやすい
□シミ、そばかすが多い

【黒クマ】
上を向くと、クマが薄くなる
CHECK!
□ほうれい線が気になる
□目尻のシワやたるみがある
□コンタクトのつけはずしが多い

青クマ(血行不良)

目の下の皮膚は薄いため、血流が滞ると、青黒く血管が透けて見えてしまいます。目の疲れや冷え、寝不足もその要因のひとつです。

「青クマ」は目もとをはじめとした、体全体の血行促進を意識することが大切です。
まずは睡眠をしっかりとるのはもちろん、目の血行を促すため、ホットタオルなどを目もとに置いて温めましょう。ときどき遠くを見るなど、目の疲れをとってくださいね。

食事のときには、アーモンドなどのナッツ類や、ウナギなどの魚介類に含まれている、血行を促すビタミンEを摂ってみて。血管を広げる作用のあるカフェインもおすすめです。

目の周りのマッサージやツボ押しも効果的なケア。マッサージをするときは、マッサージクリームなどを使ってやさしく指をすべらせるように行いましょう。

血行促進にはコレ:
「そこに高級感はいりません...」目の下の宮廷ドレープ

茶クマ(色素沈着)

目をこすることによる色素沈着や、角質が厚くなることで起きる「茶クマ」。シミが集まって茶色く見える場合もあります。

アイメークはこすらずに、ポイントメーク専用のリムーバーでやさしく落としましょう。コットンや綿棒を使って、丁寧にクレンジングをするのが正解です。目がかゆくてかいてしまうのもNGなので、気をつけて。

そして、目もとまでしっかりUV対策と美白ケアを心がけましょう。ビタミンC誘導体、アルブチン、エラグ酸など美白成分を含んだ化粧品はぜひ取り入れたいアイテムです。

黒クマ(たるみ)

黒クマは、たるみ・筋力の衰え・むくみなどが合わさって影ができ、黒く見えることが原因です。

加齢によって肌のハリや弾力が低下すると、目の下にたるみができてしまいます。さらに、眼輪筋の力が衰えて目の周りの脂肪が下がることで、黒クマは加速。むくみがあると、いっそう目立ちやすくなります。

まずは、肌のハリを取り戻すために、エイジングケア用の化粧品を取り入れましょう。
スーパーコラーゲン(コラーゲンペプチド)、コエンザイムQ10、レチノール、ビタミンC誘導体などが入ったものが力を発揮しますよ。

それに加えて、目だけを上下左右に動かすなど、眼輪筋のトレーニングも取り入れたい習慣です。

黒クマにおすすめトレーニング:
「目力が消え去る...」目のブラックホール

色と光で!"クマ消し"メーク

190415_02_04

しっかり刻まれたクマに役立つ、メークでの応急処置。ナチュラルに消すには、タイプ別にアイテムを使い分けるのがポイントです。

青クマはピンク系、茶クマはオレンジ系のコンシーラーがなじみやすい色。少し固めのコンシーラーを塗り重ねて、かくれたら周囲だけを軽くなじませます。
黒クマは、明るめのコンシーラーをたるみの下に塗って、影を飛ばしましょう。

最後に、フェイスパウダーやパウダーファンデーションを重ねると、よりメークが長持ちしますよ。

関連記事:
目指せマイナス5歳肌!シミ・クマを上手にカバーするコンシーラー基本術

"クマ消し"は、タイプ別ケアで!

「青クマ」は、血行をよくするのが一番。目を温めたり、マッサージで目の疲れをとりましょう。
「茶クマ」は、まずは目をこすらないことを意識すること。そして、UV対策&美白ケアにも力を入れてみて。
「黒クマ」は、肌のハリや弾力を高める化粧品や、眼輪筋のトレーニングを取り入れるのがおすすめです。

どんなしつこいクマも、原因別にケアをすれば、きっと次第に目立たなくなるはず。目の下のどんよりを克服して、すっぴんでも明るいイキイキとしたフェースをつくりましょう!

【監修】DHC美容相談室
通話料無料
0120-575-370(日曜、祝日を除く9時~20時)
「DHC美容相談室」は、美容の専門スタッフによるお客様専用のご相談窓口です。DHCの化粧品に関するさまざまなご相談・お問い合わせに対し、スタッフは専門知識と豊富なデータをもとに、具体的なアドバイスでおこたえします。
更新日/2019.04.15
更新日/2019.04.15

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。