> > 化粧品の成分表示の読み方 【美容成分編】
化粧品の成分表示の読み方 【美容成分編】メインイメージ
スキンケア 2019.03.20

化粧品の成分表示の読み方 【美容成分編】

「美容成分編」では、肌悩みにアプローチする成分をまとめました。シミ、シワやハリの低下などエイジングケア、毛穴...。悩みに負けたくないあなたは必見です!多くのコスメに配合されている、主要な成分を中心にご紹介します。
化粧品の成分表示の読み方 【美容成分編】メインイメージ
indexindex
  1. 美白・シミ
  2. エイジングケア
  3. 毛穴ケア
  4. 肌荒れ防止
  5. 角質ケア

年齢を重ねるごとに現れる、シワや毛穴。その原因は、実は加齢だけではないのかも...!?たとえ同じ「シワ」であっても、様々な要因からはじまります。

そんな肌悩みの仕組みを知ることが、あなたに効く成分を見つけるカギとなります。肌にマッチした成分を見つけて、最短ルートで気になる悩みを解消しましょう!

美白・シミ

成分によってはたらきかけるメカニズムが異なります。紫外線ダメージの予防、日焼け後のケアなど、目的によって使い分けることもできますよ。

関連記事:
美白効果が上がる!「美白カウンセリング」で、自分にあった美白ケアを知ろう!

【予防】 紫外線を浴びたときに、メラニンを作らせない成分

  • ビタミンC誘導体
    成分表示名の一部に「アスコルビル」と入るのが目印。ビタミンCを、肌に浸透しやすい安定した成分にしています。
  • アルブチン
    "肌の漂白剤"とも言われる「ハイドロキノン」を加工して、その強い刺激を抑えています。「α-アルブチン」という成分もあり、通常のアルブチンより強いチロシナーゼ(メラニン生成を促す成分)の抑制効果があります。
  • トラネキサム酸
    ホルモンの変化で起こりやすいシミ、「肝斑(かんぱん)」にも有効です。肌荒れ防止成分としても。
  • カミツレエキス
    カモミールの花からとれるエキス。美白以外にも、保湿・抗炎症・殺菌・血行促進など多くの作用があり、乾燥による肌荒れ防止や、ニキビ用にも配合されます。成分表示では、「カミツレ花エキス」「カモミラET」「カモミラエキス」と記載される場合も。

【アフターケア】 肌を黒くするメラニンを排出する成分

  • プラセンタエキス
    豚の胎盤などからとれるエキス。美白や保湿効果に加えて、アミノ酸やビタミン類を多く含むためエイジングケアにも使われます。
  • ビタミンC誘導体
    メラニンの完成をストップさせるだけでなく、その排出もサポートします。
190320_02_02

エイジングケア

その年齢サインはどこから?シワや、ハリが低下する理由

シワや、ハリ・弾力の低下は、様々な要因から発生します。

肌が乾燥してしなやかさを失うことによる、目元や口もとの小じわ(ちりめんじわ)。
同じ表情を繰り返すことで、目元や眉間、額などの筋肉が固まる表情じわ。
加齢や紫外線により、表皮の下にある「真皮」のハリが失われる、深いシワ(真皮性のシワ)。
そして、真皮のダメージや筋肉の衰えによる、目の下や口元、フェイスラインのハリの低下やたるみ。

その種類別に効果的な成分をお伝えします。

関連記事:
美容皮膚科医が教える!シワの原因やメカニズムとは?
5年後は「たれる派」?「しぼむ派」?顔の未来予想図を変えよう

190320_02_03

【小じわ(ちりめんじわ)】

保湿効果の高い成分で、肌のうるおいを守りましょう。

  • セラミド類
    名前の一部に「セラミド」が含まれることが多いです。表皮のバリア機能となる重要な成分で、セラミドが不足すると肌は敏感な状態に。敏感肌やアトピーの方は先天的に不足しているとも言われています。
  • アミノ酸類
    アミノ酸には多くの種類がありますが、セリン・グリシン・グルタミン酸・プロリン・アルギニンなどがよく使われています。保湿作用があり、肌表面のうるおいをキープする成分です。

上記以外にも、基礎知識編で「水溶性成分」としてご紹介したコラーゲン類やヒアルロン酸類も、保湿効果の高い成分です。

基礎知識編はこちら:
化粧品の成分表示の読み方 【基礎知識編】

【表情じわ】

筋肉の緊張をほぐす、「ボトックス作用」がある成分が力を発揮します。また、マッサージなどで固まった筋肉をほぐすことも大切です。

  • アセチルヘキサペプチド-8
    「塗るボトックス」とも言われる成分。即効性はありませんが、使い続けることで表情筋の緊張をやわらげます。

眉間のシワをほぐすには...!:
「考えてない時もなぜかある...」考える人 眉間ジワ

【深いシワ(真皮性のシワ)】

真皮にはたらきかけるものや、抗酸化作用のある成分を選びましょう。

  • スーパーコラーゲン
    分子量が小さく真皮にまで浸透する、コラーゲンペプチド。高い保湿力も持ちあわせています。
  • レチノール
    ビタミンAのことで、名前の一部に「レチノール」が含まれます。真皮の細胞を作りだし、肌の新陳代謝をサポート。
  • ビタミンC誘導体
    美白成分として一般的ですが、肌のコラーゲンを守るだけでなく、新たに生み出すはたらきも。
  • ユビキノン(コエンザイムQ10)
    細胞の老化を防ぐ効果があります。成分表示では「ユビデカレノン」と記載されることも。
  • ピロロキノリンキノン
    活性酸素を取り除く、抗酸化作用があります。肌の新陳代謝を促して、新しい細胞を作る作用も。
  • ニガハッカエキス
    肌の保護・修復・抗酸化などを指令する「nrf2(ナーフツー)」を、活性化させる成分です。

成分の詳しい解説はこちら:
今までのコラーゲンとは違う!真皮層にまで届く「スーパーコラーゲン」の効果とは?
ハリもうるおいも欲しい!エイジングケアにはPQQ(ピロロキノリンキノン)がおすすめ
様々な"シワストレス"から肌を守る「nrf2」!活性化のカギはニガハッカエキス

190320_02_04

【ハリの低下やたるみ】

真皮層へのケアが欠かせないため、上記の「深いシワ(真皮性のシワ)」に有効な成分を。また、トレーニングなどで表情筋を鍛えることも必要です。

表情筋を鍛えながらのストレッチもオススメ!:
老いを加速させる、現代女性が気をつけたい"3つのもの"とは?

毛穴ケア

ポツポツと気になる毛穴も、タイプ別にケアをご紹介します。

【たるみ毛穴】
真皮層のハリが低下して毛穴を支えきれず、毛穴が開いた状態。上記の「深いシワ(真皮性のシワ)」に有効な成分でケアを。年齢を重ねるにつれて、増えるお悩みです。

【詰まり毛穴】
Tゾーンの毛穴に多い、皮脂や角質が角栓となって毛穴に詰まった状態。

  • ビタミンC誘導体
    皮脂の過剰な分泌を抑えます。抗酸化作用があるため、角栓の黒ずみを防ぐはたらきも。

詰まり毛穴は、こちらもオススメ!:
ホットクレンジングとは?うるおいを残して毛穴汚れをスッキリ!
気になる毛穴・ザラつき・くすみに。スキン・クレンズ習慣で肌もデトックス

新たな効果を発揮した、新成分もチェック!:
最新☆ビタミンC事情【1】毛穴レスへ導く肌酵素を活性化する「スムース アクティブVC」

190320_02_05

肌荒れ防止

肌あれやかゆみを防ぐための成分ですが、実はニキビや日焼けのあとの炎症、カミソリ負けにもパワーを発揮します。美白やニキビ用など幅広い化粧品に加えられる成分です。

  • カンゾウ根エキス
    甘草に含まれる成分を取り出したもので、抗アレルギー・消炎・美白などの効能があります。成分表示名は「カンゾウフラボノイド」「油溶性甘草エキス」「甘草フラボノイド」などと記載される場合も。
  • グリチルリチン酸2K
    よく配合される成分で、炎症を抑える強い力があります。上の「カンゾウ根エキス」の主成分をアレンジした"誘導体"です。成分表示名は「グリチルリチン酸ジカリウム」になることも。医薬部外品の有効成分であるだけでなく、医薬品にも使用されています。
  • アラントイン
    消炎効果があり、細胞を作り出すはたらきも期待できます。

角質ケア

厚くなった肌の角質を溶かして、薄くやわらかくする成分です。肌のごわつきを感じたときに使うのがオススメですが、肌表面のバリアが乱れやすい敏感肌や乾燥肌の方は、肌の状態に気をつけながら使いましょう。

  • サリチル酸
    角質を溶かしてやわらかくします。アクネ菌を殺菌する効果をもつため、ニキビ用化粧品にも配合。イボやウオノメを除去する医薬品にも使われています。
  • グリコール酸
    「AHA」と呼ばれるもので、果実やサトウキビから作られる酸です。角質を溶かしてやわらかくし、肌の新陳代謝を促します。

関連記事:
ポロポロが快感...だけじゃない!ピーリング化粧品で肌老化をストップ!?

190320_02_06

今回ご紹介した成分は、医薬部外品(薬用化粧品)の有効成分も多く含まれています。医薬部外品と化粧品は成分表示名が異なる場合があるため、解説にある別名称も参考にしながら、チェックしてくださいね。

化粧品成分は日々研究が進み、特にエイジングケアはその進歩が著しい分野です。数え切れないほどの成分がある中で、ケアの結果を出すためには、肌悩みの原因を知って適切な成分を選ぶことが一番のポイントです。

美容効果が豊かな成分で、美肌への新たな一手を打ちましょう!

【監修】DHC美容相談室
通話料無料
0120-575-370(日曜、祝日を除く9時~20時)
「DHC美容相談室」は、美容の専門スタッフによるお客様専用のご相談窓口です。DHCの化粧品に関するさまざまなご相談・お問い合わせに対し、スタッフは専門知識と豊富なデータをもとに、具体的なアドバイスでおこたえします。
更新日/2019.03.20
更新日/2019.03.20

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。