> > シミのもと「メラニン」から肌を守るには?"4つのルート"で徹底ブロックする方法
シミのもと「メラニン」から肌を守るには?
スキンケア 2019.03.11

シミのもと「メラニン」から肌を守るには?"4つのルート"で徹底ブロックする方法

できてしまうと消すことが難しい「シミ」。シミの元となるメラニンには、産生の抑制・分解・移動・排出という4つのルートからアプローチして、ブロックするのが大切です。シミができるまでのプロセスや、そこにはたらく成分をご紹介します。
シミのもと「メラニン」から肌を守るには?
indexindex
  1. 実録!シミができるまで
  2. あらゆるプロセスでシミをブロックする"4つのルート"って?
  3. メラニンは即リセット!いつまでも透明感のある肌へ

温かくなり、外に出るのが楽しくなる季節がやってきました!...ですが、紫外線のパワーもどんどん強くなっていくことを忘れてはなりません。

とくに、こめかみ~頬骨にかけては顔の高い位置にあるため、紫外線ダメージの影響を受けやすく、油断するとシミができやすいキケン地帯。これから浴びる紫外線が、シミとなって定着してしまうのは絶対に避けたいですよね。

大切なのは、シミをつくらせない・定着させないための"4つのルート"によるアプローチ。シミの元となるメラニンを徹底ブロックすることで、シミを寄せ付けない肌をつくることができるんです。

実録!シミができるまで

紫外線を浴びると、肌を守るために、シミのもととなる"メラニン"をつくれ!という指示がメラノサイト(メラニンをつくる工場)に出されます。その指示を受けて、チロシナーゼが活性化。チロシンという物質を黒色メラニンに変換します。

通常であれば、このメラニンはターンオーバー(肌の新陳代謝)によって肌の表面まで押し上げられ、排出されるもの。
ですが、紫外線を浴び続けることなどで過剰にメラニンが生成されたり、加齢などによりターンオーバーの周期が長くなってしまうと、メラニンが表皮に沈着し、シミとなってしまいます。

190311_01_02

一度できてしまったシミが、元に戻るのはなかなか難しいもの。だからこそ、"メラニンをつくらせない・増やさない・表に出さない・残さない"ためのシミ対策が重要です。

あらゆるプロセスでシミをブロックする"4つのルート"って?

メラニンがシミになるまでに、いくつもあるプロセス。この"シミになるまでのルート"を絶つことが、シミを寄せ付けない肌への近道です。

絶つべきルートは、この4つ!

  1. メラニンの産生
  2. メラニンの蓄積
  3. メラニンの表面化
  4. メラニン排出の遅れ

これらをブロックするには、それぞれのポイントで力を発揮するスキンケア成分を取り入れるのがおすすめ。

各成分と、それぞれのはたらきをご紹介します。

【1】メラニンの産生を抑える「ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸」

メラニンは、作られなければシミになりようがありません。まずは根本を絶つことが大切です。

メラニンの過剰な産生を防ぐにはビタミンCが有効、ということはご存じの方も多いかもしれません。中でも「ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸」は、ビタミンC誘導体の中でもトップクラスの"メラニン産生抑制効果"を持っているとされています。

ビタミンCはそのままでは肌に入り込みにくいのですが、別の物質と結合し"誘導体"になることで、浸透しやすくなるのも特長です。

【2】メラニンを分解する「クリアサイクルテクノロジー」

過剰につくられてしまったメラニンは、メラニンの工場であるメラノサイト内に溜まっていきます。すると、もともと人間に備わっている"オートファジー"という仕組みによって、メラニンは不要物と認識され、分解されます。

ただし、このオートファジーは年齢とともに低下。
活性し、メラニン分解を促進するには、ビタミンC誘導体の「ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸」「ニガハッカエキス」という2つの成分がカギとなります。
この二つを組み合わせた「クリアサイクルテクノロジー」とよばれるはたらきが、オートファジー活性を高めると期待されています。

【3】メラニンを表面化させない「ナイアシンアミド」

メラニンは通常、キネシンなどのたんぱく質によって輸送され、表皮細胞に移動していきます。

メラニンの輸送をストップするには、「ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)」と呼ばれるビタミンB3誘導体が力を発揮。輸送を阻害し、メラニンが表面化するのを防ぎます。

ナイアシンアミドはほかにも、DNAの保護や修復、活性酸素から肌を保護するなど、ダメージの影響を受けやすい大人の肌に、うれしいはたらきが多くあります。
副作用などの報告もなく、刺激が少ない成分です。

【4】メラニンの排出を促す「リノール酸エチル」

シミになってしまうのは、ターンオーバーが遅れることによって、メラニンが排出されず定着してしまうから。
すでにできてしまっているメラニンには、ターンオーバーを正常に戻し、素早い排出をうながす必要があります。

そこへ活躍するのが「リノール酸エチル」
リノール酸エチルには、ターンオーバーを促進するはたらきがあり、メラニンが定着しないよう素早く排出まで導きます。

メラニンは即リセット!いつまでも透明感のある肌へ

190311_01_03

これらの成分は、単体でもスキンケア製品に含まれています。ですが最近では、上記の成分がすべて含まれている"シミ対策美容液"も登場。これからどんどん強まる紫外線も、こんな味方がいると心強いですよね。

今年は、ガンガンの日差しを浴びてもすぐにリセット!"徹底4ルートアプローチ"という、新しいシミ対策でのぞみましょう。

【監修】DHC美容相談室
通話料無料
0120-575-370(日曜、祝日を除く9時~20時)
「DHC美容相談室」は、美容の専門スタッフによるお客様専用のご相談窓口です。DHCの化粧品に関するさまざまなご相談・お問い合わせに対し、スタッフは専門知識と豊富なデータをもとに、具体的なアドバイスでおこたえします。
更新日/2019.03.11
更新日/2019.03.11

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。