> > カギを握っているのは、コラーゲン!「スーパーコラーゲン」と「レチノール」で老け肌攻略
カギを握っているのは、コラーゲン!「スーパーコラーゲン」と「レチノール」で老け肌攻略メインイメージ
スキンケア 2019.02.13

カギを握っているのは、コラーゲン!「スーパーコラーゲン」と「レチノール」で老け肌攻略

シワ、たるみ、毛穴のゆるみ...思わず耳をふさぎたくなる老化サインのキーワード。そんな「老け肌」を救う「コラーゲン」の美肌力をおさらい!気分までググッと上向きになる、若々しい輝きをキープしましょう!
カギを握っているのは、コラーゲン!「スーパーコラーゲン」と「レチノール」で老け肌攻略メインイメージ
indexindex
  1. そもそも「コラーゲン」って、何者?
  2. あなたは「面」、それとも「線」?攻略法をチェック
  3. 土台を整える!「面」を攻める場合
  4. ピンポイントに!「線」を攻める場合
  5. ふっくら美肌を後押し!知っておきたい、2大成分
  6. 美肌にはやっぱり「コラーゲン」

毎日、鏡を見ていても気づきにくい老化のサイン。でも、ある日、突然。

「顔の輪郭が、もったり...。重力に負けて、長く広がった!?」
「いつの間に、こんなに小ジワが!」

...と、鏡の中の自分に愕然としたことはありませんか?

そんな、顔の「面」と「線」の変化には、多かれ少なかれ、あの「コラーゲン」が関係しています。

知っているようで、意外と知らない「肌」と「コラーゲン」の関係。
さあ、今こそ!ふっくらとしたハリ、弾力、そして若々しさを司る「コラーゲン」の美肌力を再確認しませんか?

そもそも「コラーゲン」って、何者?

「コラーゲン」は、美肌の源

190213_03_02

「コラーゲン」は、タンパク質の一種。

人間の体をつくるタンパク質のうち、約30%がコラーゲンとされています。中でも、皮膚の「コラーゲン」は、エラスチンなどとともに真皮に存在。肌の土台となって、ハリ・弾力をもたらします。これが、「コラーゲン」が美肌の源と言われる由縁。若々しい肌はイラスト左のように、肌表面がなめらかで、キメが整っています。

そして、コラーゲンやエラスチンなどを生み出すのは、同じく真皮に存在する線維芽細胞。しかし、そのはたらきは、加齢や紫外線ダメージによって低下。それに伴い、「コラーゲン」も減少してしまいます。イラスト右のように、肌表面にシワ・たるみが出現...という恐ろしい事態に!

肌の「コラーゲン」をすこやかに保つには?

必要以上に紫外線を恐れることはありませんが、常に降り注ぐ紫外線は「コラーゲン」の大敵!日やけ止めなどでガードを怠ると、真皮にまで紫外線(UV-A)が到達。「コラーゲン」を変性させてシワ・たるみを招く大きな原因になります。

紫外線や乾燥などの外的ストレスから肌を守ったり、受けてしまったダメージをどうリリースしたら良いのか。

その答えは、とてもシンプル。数多くのコラーゲン商品の中から、最良のアイテムを選ぶだけ。老化サインにいち早く気づき、適切なスキンケアを行う。これは、美肌の源である「コラーゲン」を守るためにとても大切なのです。

あなたは「面」、それとも「線」? 攻略法をチェック

なかなか直視したくないかもしれませんが、ここはグッとこらえて、鏡を手に自分の顔を直視!心を鬼にしてキビしく、シワ、たるみ、毛穴のゆるみといった老化サインを重点的にチェックしましょう。

その気づきに応じて、あなたが必要としているケアは、顔全体をお手入れする「面」。それとも、集中的にパーツケアをする「線」なのか。簡単チェックで、「老け肌」攻略法をナビゲートします!

チェック方法

・用意するもの ... 手鏡

□なんとなく、顔が大きくなった気がする
□横顔を見ると、あごと首のラインがあいまい
□手のひらでほおを持ち上げると、ゆるんだ皮膚が出現する
□うつむいた顔と、あお向けの顔とでは、年齢差を感じる

「面」をケア

□目もと、口もとに小ジワが多い
□眉間に凹凸ができた
□アイラインをまっすぐ引きにくくなった
□ほおに、涙型の毛穴が増えてきた

「線」をケア

土台を整える! 「面」を攻める場合

190213_03_03

フェースラインのゆるみが気になる場合は、肌を「面」で捉えること。美肌のベースとなる、肌の土台を整えるケアを行いましょう。

どんなアイテムで、「老け肌」を攻略?

実は、コラーゲンの分子はとても大きく、そのまま肌に塗っても奥まで届きません。せっかく時間を割いてケアするのだから、結果が出るアイテム選びを。ずばり、コラーゲンを分解して低分子化(ペプチド化)したアイテム「スーパーコラーゲン*1が、おすすめ!低分子化(ペプチド化)することで肌への浸透性が高まり、効率よくケアできます。

顔全体のハリ・弾力にアプローチして、ふっくら美肌を目指しましょう!

ピンポイントに! 「線」を攻める場合

190213_03_04

シワやたるみ毛穴など、「線」や「点」で表面化したネガティブサイン。こうしたパーツのゆるみには、集中ケアで狙い撃ち!

どんなアイテムで、「老け肌」を攻略?

ネガティブサインがくっきりと現れたら、基本のスキンケアだけで「老け肌」を攻略するのはなかなか難しいもの。ここはひとつ、肌悩みに特化したスペシャルアイテムを投入するのが、ふっくら美肌への近道!

コラーゲン生成に関わるとされる薬用成分、レチノール(ビタミンA)が配合されたアイテムがおすすめです。

ふっくら美肌を後押し! 知っておきたい、2大成分

スーパーコラーゲン*1

肌吸収と純度にこだわり、DHCが8年もの歳月をかけて開発した独自成分「スーパーコラーゲン」。世界最小クラスのコラーゲンペプチドで、従来のコラーゲンとは異なり、角層を通過できるまで分子を小さくしたため、世界で初めて*2真皮層までの到達を可能にしました。肌の土台を支えるケアに、パワフルにアプローチします。

関連記事:
今までのコラーゲンとは違う!真皮層にまで届く「スーパーコラーゲン」の効果とは?

レチノール(ビタミンA)

うるおい、引きしめ、ふっくらにアプローチする、年齢肌対策に欠かせない薬用成分。コラーゲン生成やターンオーバーのサポートに関わるとされる、頼もしい存在です。

しかし、一方で、紫外線や熱などの影響を受けやすいデリケートな性質をもっています。使い続けるうちに効果が薄れてしまっては、もったいない!密閉性を高めるために、容器に工夫を凝らした化粧品を選ぶと◎。

関連記事:
目もとのシワも怖くない! レチノールで肌のハリや弾力を取り戻そう!

美肌にはやっぱり「コラーゲン」

実年齢以上の印象を与えてしまう「老け肌」を攻略するために、「コラーゲン」は絶対不可欠な存在。若々しさを保つために、どんなアプローチをしていくのか。数多くのコラーゲン商品の中から、浸透力やコラーゲン生成力のほどを見極めることも大切です。

「コラーゲン」の美肌力を信じて、気分まで弾むようなハリのある毎日を送っていきましょう♪


*1 コラーゲンペプチド
*2 スーパーコラーゲンの開発において
【監修】DHC美容相談室
通話料無料
0120-575-370(日曜、祝日を除く9時~20時)
「DHC美容相談室」は、美容の専門スタッフによるお客様専用のご相談窓口です。DHCの化粧品に関するさまざまなご相談・お問い合わせに対し、スタッフは専門知識と豊富なデータをもとに、具体的なアドバイスでおこたえします。
更新日/2019.02.13
更新日/2019.02.13

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。