> > DHCのザ・ラインショットの口コミは嘘じゃない!成分解析してみた!
DHCのザ・ラインショットの口コミは嘘じゃない!成分解析してみた!メインイメージ
スキンケア 2018.08.09

DHCのザ・ラインショットの口コミは嘘じゃない!成分解析してみた!

巷に溢れるブログや口コミサイト。でもそれって本当に信用できるものですか?その真実を探るべく、DHCの「ザ ラインショット」に関連する主成分を解析してみました。とくとご覧ください!
DHCのザ・ラインショットの口コミは嘘じゃない!成分解析してみた!メインイメージ
indexindex
  1. ザ・ラインショット全成分を解析!
  2. この製品の主成分はニガハッカエキスだった!
  3. 見逃せない!機能性ペプチド
  4. 安息香酸Naやシリコーンは本当に悪者なの!?
  5. ここでちょっと休憩★成分表示の正しい読み解き方とは?
  6. DHCのザ・ラインショット、成分だけの総合評価は?
  7. 成分を見極めて、情報収集美人に!

化粧品の品評評価をするサイトや口コミサイト、参考にしている方も多いのではないのでしょうか。

そこで今回取り上げるのは、今あるシワ、そして未来へのシワに有効として話題となっている化粧品「DHCザ ラインショット」。口コミでは高評価ですが、その真偽を成分解析をして探ってみました。

ザ・ラインショット全成分を解析!

まずはパッケージに記載された成分を順番に、簡単な解説付きで見ていきましょう。

水...基剤
シクロペンタシロキサン...使用感調整、エモリエント効果
BG...保湿剤
安息香酸アルキル(C12-15)...エモリエント剤
トリエチルヘキサノイン...保護剤、保湿剤
グリセリン...保湿剤
ジメチコンクロスポリマー...使用感調整、乳化安定剤
ミツロウ...形状調整
パルミチン酸セチル...エモリエント剤
PEG-10ジメチコン...乳化剤
ステアリン酸Mg...増粘剤
ペンチレングリコール...溶剤
(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー...皮膚コンディショニング剤
硫酸Mg...保湿剤
(ビスイソブチルPEG/PPG-10/7/ジメチコン)コポリマー...乳化剤
フェノキシエタノール...防腐剤
トコトリエノール...抗酸化作用
パンテノール...保湿・保護剤
ニガハッカエキス...抗炎症作用
シリカ...使用感調整
メチルグルコシドリン酸...エラスチン・コラーゲン合成
ベルノニアアペンジクラタ葉エキス...皮膚保護剤
アセチルグルコサミンリン酸2Na...ヒアルロン酸産生促進
(リシン/プロリン)銅...エラスチン・コラーゲン合成
デュナリエラサリナエキス...表皮ターンオーバー促進効果
クエン酸...pH調整剤
パルミトイルトリペプチド-5...コラーゲンネットワーク劣化からの保護・コラーゲン産生促進
ヒアルロン酸Na...保湿剤
安息香酸Na...防腐剤
エチルヘキシルグリセリン...皮膚コンディショニング剤
ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド...コラーゲン産生促進、過剰な皮脂分泌抑制
パントラクトン...保湿剤
ソルビン酸K...防腐剤

この製品の主成分はニガハッカエキスだった!

さらっと説明してしまいましたが、この製品の主成分となる「ニガハッカエキス」について詳しく見ていきましょう。

ニガハッカエキスとは、別名「ホワイト・ホアハウンド」または「Marrubio」というシソ科の多年生植物。ヨーロッパ、アメリカ、アジアの温暖な土地に自生しています。呼吸器疾患や皮膚疾患の治療薬や消化機能改善として、一般医薬品に多く使用されています。

このニガハッカエキスは、肌内部のたんぱく質nrf2(ナーフツー)を活性化させるはたらきがあります。通常このnrf2(ナーフツー)は、肌の防御、保護、修復など、美肌の源となる200以上もの美肌遺伝子に指令を与える「美肌の指揮官」。通常は紫外線、タバコ、PM2.5など環境ストレスにより活性化され、私たちの肌を外的刺激から守ってくれています。

残念ながら、nrf2(ナーフツー)の活性は加齢とともに弱まり、肌にさまざまなトラブルを発生させてしまいます。

ニガハッカエキスはストレスを受けなくてもnrf2(ナーフツー)を活性化させる画期的な成分として、近頃注目されているのです。

180809_01_02

見逃せない!機能性ペプチド

「DHCザ ラインショット」には、ニガハッカエキスのほかにも特別な2種の機能性ペプチド[ SYN-STAR (シンスター)*1]と[ SYN-EYE (シンアイ)*2]を配合しています。この2つのペプチドは、今ある目もとや口もとのエイジングサインにすばやくはたらきかけます。では、それぞれのはたらきをもう少し詳しく解説します。

SYN-STAR (シンスター)

  • ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド(*1)
  • コラーゲン産生促進、過剰な皮脂分泌抑制にはたらく機能性ペプチド。特に、目や口のまわりのシワやテカリに効果があるとされています。

SYN-EYE (シンアイ)

  • デュナリエラサリナエキス(*2)
    緑藻類デュナリエラサリナのエキスです。ミトコンドリアの保護と活性化、表皮ターンオーバーの促進効果があるとされています。
  • パルミトイルトリペプチド-5(*2)
    コラーゲンネットワーク劣化からの保護・コラーゲン産生促進のはたらきをもつ機能性ペプチド。特に目のまわりのシワやクマに効果があるとされています。

安息香酸Naやシリコーンは本当に悪者なの!?

安息香酸Naは、たしかに人によってはアレルギーをまれに起こすこともあります。しかし防腐剤の一種ですので、この成分が入っていないと商品の安定が保たれず腐ってしまうなどのリスクも考えられます。腐った化粧品を使用するほうが肌にとっては良くありません。防腐剤はどの化粧品にもなくてはならないもので、必要最低限の量で処方されているのです。

シクロペンタシロキサンというシリコーンオイルは、一般的に「毛穴をつまらせる」イメージのあるシリコンとは別のものです。

一部のシリコーンのイメージが先行し、全てのシリコーンが"悪"のようにとらえている方もいますが、シリコーン成分の全てが悪いということはなく、他社においても多く使われている成分です。

シリコーンは手触りを良く仕上げるために配合されていることが多く、さらりとのびの良いテクスチャーに仕上がります。もし入っていなければベタベタで伸びないといった、使い心地の悪い化粧品となってしまいます。

ここでちょっと休憩★成分表示の正しい読み解き方とは?

化粧品の成分の羅列は、配合成分の多い順番と決められています。しかし、1%以下の配合量の場合、成分は順不同となるため、後ろのほうに記載されているから配合量が少ないと判断するのは安易な考え方です。

また、成分によって最適にはたらく濃度は異なるため、記載の順番や配合量で、効果が少ないと判断する理論は成り立たないのです。

DHCのザ・ラインショット、成分だけの総合評価は?

DHCの「ザ ラインショット」は、機能性ペプチドが今あるシワに、ニガハッカエキスがシワ予防としてアプローチ。長く使うことで肌にハリを出し、シワを目立ちにくくする効果も期待できます。美肌にとって大切なシワ、ハリ、弾力のケアができるため、内側から表面にかけて丁寧にケアしたい人におすすめです。

成分を読み解くと開発者が厳選した美容成分をいかに効果的に配合しているかということが分かります。さらに使い心地にもこだわった今までにない美容液だから、口コミが高評価となるのもうなずけました。

180809_01_03

成分を見極めて、情報収集美人に!

外見や性格が違うように肌質もまた人それぞれ。いくら評価の高い口コミを見つけたとしても、それが本当に自分に合うとは限りません。それは反対に悪い口コミだったとしても自分には合う化粧品かもしれないということ。

成分を知ることは、美肌への近道。どの成分が自分に合うのか実際に試して、運命の一品に出会えたら理想です。この記事がこれからの化粧品選びのお役に立てたら嬉しいです。

DHC美容相談室
通話料無料
0120-575-370(日曜、祝日を除く9時~20時)
「DHC美容相談室」は、美容の専門スタッフによるお客様専用のご相談窓口です。DHCの化粧品に関するさまざまなご相談・お問い合わせに対し、スタッフは専門知識と豊富なデータをもとに、具体的なアドバイスでおこたえします。
更新日/2018.08.09
更新日/2018.08.09

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。