> > 最新☆ビタミンC事情【3】肌質改善からの毛穴レス「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」
最新☆ビタミンC事情【3】肌質改善からの毛穴レス「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」メインイメージ
スキンケア 2018.07.30

最新☆ビタミンC事情【3】肌質改善からの毛穴レス「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」

今回ご紹介するビタミンCは、<肌質改善>に効果のある最新のビタミンC誘導体「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」。従来の<メラニン産生抑制><コラーゲン産生促進>効果はもちろん、肌のバリア機能に多角的にアプローチします。
最新☆ビタミンC事情【3】肌質改善からの毛穴レス「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」メインイメージ
indexindex
  1. 【効果1】肌の「セラミド」を増やして、バリア力アップ!
  2. 【効果2】肌の抗酸化システムを活性化して、ダメージ防御力を強化!
  3. 【効果3】神経線維の伸長を抑制して、刺激に強い肌へ
  4. 【まとめ】敏感肌でビタミンC美容を諦めていた人こそ、試してほしい!

赤ちゃんのような、透明感のあるうるぷる肌には戻れるわけがない...。と諦めていませんか?そんな大人肌の希望の星となる化粧品成分が、最新型ビタミンC誘導体「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」です。

①肌のバリア機能を高め、②活性酸素などによるダメージからの防御力を高め、③刺激に強くあるための受容力を高める。この3つのアプローチで、肌質を根本から改善するそう。

大人肌はもちろん、敏感さに悩む肌にもうれしい「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」。そのメカニズムと効果についてご紹介します!

【効果1】 肌の「セラミド」を増やして、バリア力アップ!

肌のバリア機能って??

肌内部のうるおいを逃さず、外部刺激から肌を守る大切な役割を担っているのが肌の"バリア機能"です。そのバリア力は、細胞と細胞をつなぐセラミドと水の層"ラメラ構造"がポイントになっています。

180614_03_02

ですが、加齢や外的要因でセラミドが不足すると、"ラメラ構造"は乱れ、厚みがなくなってしまうことに...。すると、バリア力も低下し、刺激に弱く、うるおいも逃げやすい肌になってしまいます。これが、"ラメラ構造"と肌のバリア機能の関係です。

最新ビタミンC誘導体「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」は、うるぷる肌のキーとなるこの部分にはたらきかけるそう!
早速、その効果を見てみましょう。

「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」が、ラメラ構造を改善!

180614_03_03

これは、ヒト3D皮膚モデルに「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」0.01%を2日毎に添加して10日培養し、細胞固定して透過型電子顕微鏡で角層ラメラ構造を観察したもの。未処理のものと比べて、「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」を添加したものは"ラメラ構造"がグンと厚くなっています。

つまり、「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」には、肌のセラミドを増やして、厚みのあるラメラ構造の形成を促す効果があるということ!"ラメラ構造"の厚みは、肌のバリア機能と比例しているので、うるおいを保つ力もアップしているはずです。次では、その測定結果をご紹介します。

"ラメラ構造"の厚みアップで、うるおい保持力もアップ!

次のグラフは、同様に処理したヒト3D皮膚モデルの、経表皮水分蒸散量をVAPO SCANにて測定した結果です。

180614_03_04

経表皮水分蒸散量とは、肌から逃げる水分の量のこと。
グラフをみれば一目瞭然!経表皮水分蒸散量はしっかりと減っています。

最新ビタミンC誘導体「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」が"ラメラ構造"を厚くして、内部のうるおいもしっかりと守れる肌に導いたということです!これが、赤ちゃんのような"うるぷる肌"のベースを築いてくれる秘密のひとつ目です。

【効果2】 肌の抗酸化システムを活性化して、ダメージ防御力を強化!

肌老化を引き起こす大きな要因とされる"活性酸素"。加齢はもちろん、紫外線やストレスなどで発生し、肌にダメージを与えます。実は、肌には本来、この"活性酸素"を消去するシステムが備わっているんです。でも、加齢や外的ストレスなどで十分にはたらかなくなったり、追いつかなくなってしまうのが現実...。

最新ビタミンC誘導体「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」には、この肌自身の"抗酸化システム"を活性化する効果があるそう! 次では、その効果について具体的な試験結果をご紹介します。

「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」が、細胞内の抗酸化物質を増やす!

180614_03_05

上のグラフは、正常ヒト表皮角化細胞に「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」を24時間適用後、細胞内抗酸化物質の1つであるGSH(グルタチオン)量を測定した結果です。添加しないControlに比べて、「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」を添加したものの方が、GSH(グルタチオン)の量が増加しています。

*GSHリサイクリング法にて(成分メーカー調べ)

肌に抗酸化物質GSH(グルタチオン)が増えているということは、つまり、肌自身の"抗酸化システム"が活発になっているということ。つまり、肌そのものが酸化ダメージに強くなるということです。

外から抗酸化成分を与えるのではなく、肌自身の抗酸化力を上げる。これが最新ビタミンC誘導体「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」のすごいところなんです。

【効果3】 神経線維の伸長を抑制して、刺激に強い肌へ

普段は感じない肌の違和感や、人に比べて敏感な肌。これは、神経線維が肌表面近くまで伸び、感知する必要のない刺激まで感じ取ってしまうことが原因のひとつです。

180614_03_06

最新ビタミンC誘導体「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」には、このように神経線維が伸びるのを抑制する効果も確認されています。次の画像は、その試験結果です。

180614_03_07

乾燥処理をしていない神経線維は球体です。でも、乾燥刺激を与えると、棘が伸びたように刺々しく変化しています。しかし、「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」を添加したものは、乾燥前ほどの球体ではないですが、棘のように伸びていませんよね。

つまり、普段の乾燥状態では感じてしまう"かゆみ"や"ひりつき"などを、「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」を使用することで感じずにいられるということ。敏感肌に悩んでいる人はもちろんですが、従来のビタミンC誘導体で刺激や違和感を感じている人にもうれしい効果ですよね♪

【まとめ】 敏感肌でビタミンC美容を諦めていた人こそ、試してほしい!

美白効果やコラーゲン産生促進効果、毛穴やニキビ対策など、マルチに美容効果を発揮する「ビタミンC」。ですが、その不安定さや収れん効果などからくる使用感が肌に合わない、歳とともに合わなくなった、という人も多いのではないでしょうか?

ですが、今回ご紹介した最新ビタミンC誘導体「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」は、従来のコラーゲン促進効果や美白効果は保ちつつ、敏感な肌にうれしい効果が盛り沢山です。これまでビタミンC美容を諦めてきた人も、試してみる価値あり!の成分です。

もちろん、ビタミンC美容経験者も一味違った効果をご自分の肌で試してみませんか?肌質改善に根本からアプローチできるし、うるおいアップで肌もふっくらするので、たるみ毛穴が気になる方にもおすすめですよ。

最新☆ビタミンC事情

1.毛穴レスへ導く肌酵素を活性化する「スムース アクティブVC」
2.ブライトニングからの毛穴レス「ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸」
3.肌質改善からの毛穴レス「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」 ←今ココ
4.エイジングケアからの毛穴レス「3-グリセリルアスコルビン酸」

【監修】DHC美容相談室
通話料無料
0120-575-370(日曜、祝日を除く9時~20時)
「DHC美容相談室」は、美容の専門スタッフによるお客様専用のご相談窓口です。DHCの化粧品に関するさまざまなご相談・お問い合わせに対し、スタッフは専門知識と豊富なデータをもとに、具体的なアドバイスでおこたえします。
更新日/2018.07.30
更新日/2018.07.30

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。