> > 知っておきたい化粧品を使う時の注意点!間違った使い方は肌トラブルにも
知っておきたい化粧品を使う時の注意点!間違った使い方は肌トラブルにもメインイメージ
スキンケア 2018.05.08

知っておきたい化粧品を使う時の注意点!間違った使い方は肌トラブルにも

化粧品の正しい使い方を意識したことはありますか?清潔を保ちながら使用しないと品質を低下させてしまうばかりか、お肌のトラブルを招く危険もあります。今さら聞けない化粧品を使うときの注意点をご紹介します。
知っておきたい化粧品を使う時の注意点!間違った使い方は肌トラブルにもメインイメージ
indexindex
  1. メーク用品はこまめに洗って清潔に
  2. 化粧品が目に入ったときはすぐに洗い流す
  3. 出し過ぎた化粧品は容器に戻さない
  4. ファンデーション・アイカラー等は割れやすいので持ち運び注意
  5. 正しい使い方をすればメークの仕上がりも綺麗に

メーク用品はこまめに洗って清潔に

メークをする際に使うスポンジやチップ、ブラシ等は朝だけでなく、メーク直しなどで1日に何度も使用することが多いのではないでしょうか。

皮脂を吸い込んでいるパフなどは雑菌が繁殖しやすいため、そのまま使い続けていると化粧品に混ざって品質を低下させたり、肌トラブルを起こしたりする危険があります。こまめに洗って清潔なものを使用するようにしましょう。

中性洗剤を薄めたぬるま湯で優しく揉み洗いすることで綺麗に汚れを落とすことができます。メークをするときは、手も綺麗に洗ってから始めてくださいね。

180423_01_02

化粧品が目に入ったときはすぐに洗い流す

化粧品が目に入らないよう、注意しながら行いましょう。化粧品そのものは安全性の高い成分で作られているものの、目の粘膜は非常にデリケートです。

もしも目に入ってしまったときは、水かぬるま湯ですぐに洗い流しましょう。洗った後は、意識的にまばたきを何度かして涙を出すようにします。ラメが含まれている場合は、目を傷つけてしまう可能性があるので強くこすらないでくださいね。

コンタクトレンズをつけているときは外してから目を洗い、コンタクトレンズの汚れもきちんと落としてから使いましょう。

出し過ぎた化粧品は容器に戻さない

出した化粧品が多すぎた場合、もったいないと思う気持ちもわかりますが、戻すのはやめましょう。手やコットンが清潔だったとしても、空気中の雑菌が容器内に入って変色・異臭など品質低下を招く可能性があります。出し過ぎてしまったときは、首筋や手足などのケアに使ってしまうのが無駄にならずにおすすめです。

ファンデーション・アイカラー等は割れやすいので持ち運び注意

ファンデーション・フェイスパウダー・チークカラー・アイカラーなどの粉を固めている化粧品は、落としてしまうと割れやすいので持ち運ぶときは注意が必要です。量が減ってくるとさらに割れやすくなるため、気付かないうちに粉々になってしまっていることも...。

「まだ使えるから」とメークポーチに入れていると、中で散らばって汚れてしまいます。割れてしまったり、量が減ってきたら家でメークをするとき専用として置いておきましょう。

正しい使い方をすればメークの仕上がりも綺麗に

普段何気なく使っている化粧品ですが、きちんとした使い方をしないと思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまいます。メーク用品や手を清潔に保つ、出し過ぎてしまっても容器に戻さない、ファンデーションなどは割れないように注意する、という3点に気をつけましょう。

正しい使い方をすることで、メークの仕上がりも今まで以上にキレイになるかもしれませんね!

【監修】DHC美容相談室
通話料無料
0120-575-370(日曜、祝日を除く9時~20時)
「DHC美容相談室」は、美容の専門スタッフによるお客様専用のご相談窓口です。DHCの化粧品に関するさまざまなご相談・お問い合わせに対し、スタッフは専門知識と豊富なデータをもとに、具体的なアドバイスでおこたえします。
更新日/2018.05.08
更新日/2018.05.08

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。