> > 【作り方】雑穀米の和風根菜カレー
【作り方】雑穀米の和風根菜カレーメインイメージ
レシピ カラダよろこぶレシピ 2018.01.10

【作り方】雑穀米の和風根菜カレー

カレーの具材に食物繊維が豊富な根菜をたっぷりと使用することで便秘改善・美肌に効果が期待されます。雑穀米は、食物繊維やミネラルを手軽に補給でき、便秘改善やアンチエイジングの効果があると言われています。
【作り方】雑穀米の和風根菜カレーメインイメージ
材料(2人分)
  • DHCカラダ巡る直火焼カレーフレーク ... 1/2袋(55g)
    (市販のカレールー1/2箱でも代用可能)
  • れんこん ... 80g
  • ごぼう ... 1/3本
  • しいたけ ... 2個
  • 玉ねぎ ... 小1/2個
  • にんじん ... 1/2本
  • 鶏肉 ... 80g
  • 市販の顆粒だしの素 ... 小さじ1
  • しょうゆ ... 大さじ1
  • おろししょうが ... 1/2かけ分
  • おろしにんにく ... 1/2かけ分
  • 水 ... 300cc
  • サラダ油 ... 大さじ1
雑穀米
  • DHC毎日充実 国産十八雑穀ブレンド米 ... 15g
    (市販の雑穀ブレンド米でも代用可能)
  • 白米 ... 1合

作り方

  1. 材料を切る

    れんこん、にんじんはそれぞれ皮をむき、ごぼうは皮を包丁の背などでこそげ落とし、乱切りにする。玉ねぎはくし切り、しいたけは石づきを取り5㎜厚さにスライスし、鶏肉はひと口大に切る。

  2. 炒める

    鍋に油をしき、おろししょうが、おろしにんにくを弱火でじっくり炒め、香りがたってきたら、鶏肉を加えて中火で炒める。鶏肉が色づいてきたらにんじん、れんこん、ごぼうを炒め、れんこんが透き通ってきたら 残りの野菜を加えて炒め合わせる。

  3. 煮込む

    水、だしの素、しょうゆを加えてアクを取りながら弱めの中火で野菜が柔らかくなるまで煮込む。一度火を止めて、「DHCカラダ巡る直火焼カレーフレーク」を加え溶かし、再び弱めの中火にかけて10分程とろみがつくまで煮込む。

  4. 盛り付ける

    お皿にあらかじめ炊いておいた雑穀米をよそい、【3】をかける。

180110_02_02

カレーには肝臓・胃腸のはたらきをよくしたり、せき止め、疲労回復、殺菌作用、下痢止め、風邪・肥満・二日酔い・冷え性・肩凝り予防など、さまざまな健康効果が期待できるスパイスが多く含まれ、体を温める作用もあるので、ダイエットにもおすすめです。

更新日/2018.01.10

PROFILEPROFILE

小山有希のサムネイル
レシピ考案/料理研究家小山有希
代々料理人の家系に生まれ、幼少のころから料理に親しみ、主に日本料理の基礎を学ぶ。「美味しく食べて、健康に美しく」「医食同源」をモットーとしたレシピを得意とし、栄養バランスはもちろん、味にも見た目の美しさにも定評がある。
テレビ出演のほか、健康や美をテーマとした書籍・雑誌・WEBサイトのレシピ考案・監修など幅広く活躍。
薬膳アドバイザー、ハーブコーディネーター、食育アドバイザー、パン講師。著書に『こうや豆腐&粉豆腐で健康・長生きレシピ』(日東書院本社)、『豆乳ヨーグルト』(日本文芸社)がある。
更新日/2018.01.10

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。