美容・健康情報サイト【オリーブチャンネル】カラダよろこぶレシピ > Vol.60「粉末緑茶と豆腐のふんわりヘルシームース」

Vol.60「粉末緑茶と豆腐のふんわりヘルシームース」

2017.04.03

20170403-IMGP4890.jpeg

 

【美肌&アンチエイジングメニュー】

 
今回は、生クリームや牛乳を一切使用せず、豆腐と豆乳で作る、口どけもなめらかな緑茶風味のヘルシームースをご紹介します。
 
緑茶ムースにも、上の白いクリームにも、たっぷり豆腐1丁を丸ごと使用しているので、スイーツを食べながら、しっかりと栄養が摂れるのも嬉しいポイントです。
1人分で約1/2丁を食べる計算になります。
 
豆腐は、美肌に欠かせない皮膚を作る基となるコラーゲンの材料であり、筋肉の素となる良質なたんぱく質をたっぷりと含んでいるので、美肌や美ボディに導き、女性としての美しさを底上げしてくれます。
細胞の老化に影響している活性酸素を抑えるアンチエイジング効果や、血中コレステロールを低下させる効果が期待できるサポニンが含まれているのも嬉しい特徴の1つです。
また、豊富に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、更年期症状の改善や生理痛の緩和に役立ちます。
これらはもちろん、豆腐のみではなく、大豆製品の1つである豆乳にも期待できる効果ですので、今回のムースは、まさに美肌や美容、健康を気遣う方にピッタリのスイーツです。
 
ムースには茶葉をそのまま粉末状に加工した粉末緑茶を使用しています。
茶葉はカテキンやミネラル、ビタミンCなどさまざまな栄養を含み、食物繊維もたっぷりと含んでいるので、茶葉の成分をまるごと摂取できる粉末緑茶は、美容や健康を気遣う方にうってつけの食材です。
カテキンは体内の酸化を防止し、アンチエイジングを促して若々しさをサポートしてくれます。また、体脂肪燃焼効果が期待できるので、ダイエット中にもおすすめです。
メラニンの生成を抑えて、くすみやシミを予防するビタミンCも豊富に含んでいるので、皮膚のコラーゲン形成にも役立ちます。
そして、ムースに使用しているゼラチンは、たっぷりとコラーゲンを含んでいるので、肌のハリや弾力に、より一層の効果が期待できます。
 
甘味付けにはスイートナーを使用することで、カロリーも控えめに仕上がっていますので、ダイエット中でも心置きなく食べられます。
 
美肌やアンチエイジングにもおすすめの、身体にも心にも嬉しい和風スイーツです。
ぜひ、一度お試しいただけると嬉しいです。
 

材料(2人分)

~粉末緑茶ムース~
絹ごし豆腐…1/2丁(約150g)
豆乳…70ml
DHCスイートナー…大さじ1
(砂糖大さじ4でも代用可)
粉ゼラチン…3g(約小さじ1)
水(ゼラチン用)…大さじ1
DHC茶葉まるごとカテキン粉末緑茶…大さじ1/2
(市販の抹茶でも代用可)
 
20170403-粉末緑茶ムース材料.jpeg
 
~豆腐クリーム~
絹ごし豆腐…1/2丁(約150g)
DHCスイートナー…小さじ1
(砂糖大さじ2+小さじ1でも代用可)
 
DHC茶葉まるごとカテキン粉末緑茶…小さじ1/2
(市販の抹茶でも代用可)
 
20170403-豆腐クリーム材料.jpeg
 

作り方

1、【下準備】
水(ゼラチン用)に粉ゼラチンを入れてふやかし、ラップをしないで電子レンジ600wで約20秒加熱してゼラチンを溶かす。
豆乳クリーム用の豆腐をキッチンペーパーで包み、耐熱皿に置いてラップをしないで電子レンジ600wで約1分加熱し、水切りをする。
*電子レンジの加熱時間は機種によって異なりますので、様子を見ながら加熱してください。
 
20170403-作り方1-4.JPG 20170403-作り方1-12.JPG
 
2、【粉末緑茶ムースを作る】
フードプロセッサーに豆腐、豆乳、DHCスイートナーを入れてなめらかになるまで撹拌する。
DHC茶葉まるごとカテキン粉末緑茶、1で溶かしておいたゼラチンを加えて、全体がなめらかに、そして均一になるまでさらに撹拌する。
お好みのカップやバッドに流し込み、冷蔵庫で2時間ほど冷やす。
*フードプロセッサーがない場合は、豆腐を裏ごししてからその他の材料を加え混ぜるようにしてください。
 
20170403-作り方2-5.JPG 20170403-作り方2-14.JPG
 
3、【豆腐クリームを作る】
フードプロセッサーに1で水切りしておいた豆腐、DHCスイートナーを入れてなめらかになるまで撹拌し、絞り袋などに詰めておく。
*フードプロセッサーがない場合は、豆腐を裏ごししてからDHCスイートナーを加え混ぜてください。
 
20170403-作り方3-2.JPG 20170403-作り方3-6.JPG
 
4、【仕上げ】
2が固まったら上に3を絞り、お好みで上からDHC茶葉まるごとカテキン粉末緑茶をふる。
 
20170403-作り方4-1.JPG
 

完成

20170403-IMGP4866.jpeg

 

レシピ考案:料理研究家 小山有希

 

プロフィール写真.JPG

代々料理人の家系に生まれ、幼少のころから料理に親しみ、主に日本料理の基礎を学ぶ。「美味しく食べて、健康に美しく」「医食同源」をモットーとしたレシピを得意とし、栄養バランスはもちろん、味にも見た目の美しさにも定評がある。
テレビ出演のほか、健康や美をテーマとした書籍・雑誌・WEBサイトのレシピ考案・監修など幅広く活躍。
薬膳アドバイザー、ハーブコーディネーター、食育アドバイザー、パン講師。著書に『こうや豆腐&粉豆腐で健康・長生きレシピ』(日東書院本社)、『豆乳ヨーグルト』(日本文芸社)がある。
 
【料理研究家小山有希の健康レシピ】

 

 

合わせて読みたい

メルマガ会員登録

ご登録いただいた方には、本サイトの更新情報を中心にお届けします。

今回の特集テーマは?各コーナーはどんな内容??タイムリーに知りたい方は、今すぐ読者登録を!

E-mailアドレスを入力ください


性別必須