美容・健康情報サイト【オリーブチャンネル】カラダよろこぶレシピ > Vol.58「米こんにゃくと雑穀米で作るあさりのカルドソ」

Vol.58「米こんにゃくと雑穀米で作るあさりのカルドソ」

2017.03.06

20170306-完成3-2.jpg

【美腸&ダイエットメニュー】

カルドソとはスープがたっぷりのスペインのリゾットのこと。
今回はスープにDHCおいしいダイエットサポートスープを使用し、DHC米こんにゃくを混ぜて炊いたご飯を使用しているのでカロリーも控えめ。
野菜もたっぷりと加えているので、ヘルシーなのに食べ応えも十分。食物繊維はもちろん、ビタミンやミネラルもたっぷりと摂れるボリュームたっぷりの一品をご紹介します。
 
具材にはあさりを使用しているので、旨みもたっぷり。スープに深みも加えてくれます。あさりは高たんぱく低カロリーな食材で、ミネラルも豊富なのでダイエット中にもおすすめです。
そして、肝機能を強化するタウリンや貧血に良い鉄分、造血作用のあるビタミンB12を含んでいるので、疲労回復や貧血予防にも効果が期待できます。
また、パプリカをたっぷりと使用しているので、ビタミンCやβ-カロテンもしっかり摂れ、美肌やアンチエイジングにも効果的です。
 
DHCおいしいダイエットサポートスープには、炭水化物や甘いものに多く含まれる糖分をブロックすると言われるギムネマや、油っこい食事や肉類に多く含まれる脂肪分をブロックすると言われているキトサンを含んでいるので、特にダイエット中の方におすすめです。
また、米こんにゃくと雑穀米を混ぜたご飯は、白米だけのご飯よりも低カロリーかつ食物繊維やビタミン、ミネラルを多く含んでいるので、とてもヘルシーです。
 
ランチにはもちろん、ディナーにもおすすめの大満足の一品です。
旨みたっぷりのヘルシーなカルドソをぜひ一度召し上がってみてください!
 

材料(2人分)

*米こんにゃく雑穀米…120g
(作り方は下記参照)
ヌニェス・デ・プラド…小さじ1
DHCおいしいダイエットサポートスープ…2袋
(今回は中華風しょうが入りを使用しましたが、和風ごまわかめ、洋風オニオンコンソメでもよい)
(DHCおいしいダイエットサポートスープを使用しない場合はコンソメ小さじ2でも代用可)
あさり…200g
玉ねぎ…1/2個
パプリカ(黄・赤)…各1/4個
ピーマン…1個
白ワイン…大さじ2
(酒でも代用可)
塩、こしょう…少々
 

20170306-材料-2.jpg

 

作り方

1、あさりは海水程度の塩水(分量外)につけて砂抜きをする。玉ねぎ、パプリカ、ピーマンはみじん切りにする。

20170306-作り方1-1-2.jpg

20170306-作り方1-2-2.jpg

 

2、フライパンにヌニェス・デ・プラドと玉ねぎを入れ、中火で炒め、玉ねぎが透明になってきたらあさりを加えてソテーし、白ワインを加えて蓋をする。

20170306-作り方2-3-2.jpg

 

3、あさりの口が開いたら蓋を取り、水を加えて沸騰させる。DHCおいしいダイエットサポートスープを加えてよく混ぜる。

20170306-作り方3-3-2.jpg

 

4、3に米こんにゃく雑穀米を加え、全体が温まったらパプリカとピーマンを加えてさっと混ぜ、塩、こしょうで味を整え、お皿に盛りつける。

20170306-作り方4-2-2.jpg

20170306-作り方4-5-2.jpg

 

【*米こんにゃく雑穀米】

【材料】

DHC米こんにゃく…1袋

(白たき200gを細かく刻んだものでも代用可能)

DHC毎日充実 国産十八雑穀ブレンド米…大さじ2杯半
(「個袋タイプ」の場合……個袋1包(30g)、または無くても良い)
白米…1合
 
20170306-米こんにゃく雑穀米材料-2.jpg
 
【炊き方】
1、DHC米こんにゃくはザルなどにあけ、水で軽くすすいでほぐした後、水気をよくきる。
2、研いでおいた白米に160ml(通常よりやや少なめ)の水を入れ、DHC米こんにゃくとDHC毎日充実 国産十八雑穀ブレンド米を加え、軽くかきまぜ、大さじ2杯半(約40ml)の水をたしてから白米を炊く時と同じ設定で炊く。
(DHC毎日充実 国産十八雑穀ブレンド米を加えない場合は、大さじ2杯半の水はたさずにそのまま炊いてください。)

20170306-米こんにゃく雑穀米作りかた2-2-2.jpg

20170306-米こんにゃく雑穀米作り方2-4-2.jpg

 

完成

20170306-完成5-2.jpg

 

パプリカやピーマンは色によって栄養素や効果が違います!

 

赤パプリカは、赤唐辛子にも含まれるカプサイシンという高い抗酸化物質を含んでいるので、生活習慣病予防や新陳代謝のアップ、冷え性、疲労回復にも効果が期待できます。
黄パプリカはビタミンCが豊富で美肌、アンチエイジングにも効果が期待されています。
ピーマンはビタミンC、AやビタミンPを含んでいるので、美肌はもちろんアンチエイジング効果も期待できます。また、ビタミンPはビタミンCの吸収を助けてくれるので、より一層の美容効果が期待できます。
パプリカのβカロテンやピーマンのビタミンAは油と一緒に調理をすると吸収率が高まるので、オリーブオイルなどの良質な油分と一緒に調理することをおすすめします。

 

レシピ考案:料理研究家 小山有希

 

プロフィール写真.JPG

代々料理人の家系に生まれ、幼少のころから料理に親しみ、主に日本料理の基礎を学ぶ。「美味しく食べて、健康に美しく」「医食同源」をモットーとしたレシピを得意とし、栄養バランスはもちろん、味にも見た目の美しさにも定評がある。
テレビ出演のほか、健康や美をテーマとした書籍・雑誌・WEBサイトのレシピ考案・監修など幅広く活躍。
薬膳アドバイザー、ハーブコーディネーター、食育アドバイザー、パン講師。著書に『こうや豆腐&粉豆腐で健康・長生きレシピ』(日東書院本社)、『豆乳ヨーグルト』(日本文芸社)がある。
 
【料理研究家小山有希の健康レシピ】

 

合わせて読みたい

メルマガ会員登録

ご登録いただいた方には、本サイトの更新情報を中心にお届けします。

今回の特集テーマは?各コーナーはどんな内容??タイムリーに知りたい方は、今すぐ読者登録を!

E-mailアドレスを入力ください


性別必須