> > 【DHA】の疑問を管理栄養士が解決!どんな人に必要?どうやって摂るのがおすすめ?
【DHA】の疑問を管理栄養士が解決!どんな人に必要?どうやって摂るのがおすすめ?メインイメージ
ヘルスケア 2021.02.10

【DHA】の疑問を管理栄養士が解決!どんな人に必要?どうやって摂るのがおすすめ?

DHAがなぜ必要なのか、効率的に摂る方法など、意外と知らないDHAのあれこれを、食のプロである管理栄養士の北川みゆきさんに聞きました。
【DHA】の疑問を管理栄養士が解決!どんな人に必要?どうやって摂るのがおすすめ?メインイメージ
indexindex
  1. まずはおさらい。DHAっていったい何?
  2. DHAが必要なのは、どの世代?
  3. DHAの摂取はサプリメントがおすすめ!その理由は...

あなたはDHAにどんなイメージがありますか?頭がよくなる、なんとなく健康によさそう――。誰しも一度はその名を聞いたことがあるほど有名な成分ですが、どんなはたらきがあって、どんな人にとって必要なものなのでしょうか。

今回は、管理栄養士の北川みゆきさんに詳しく教えていただきました!

まずはおさらい。DHAっていったい何?

DHAは、3大栄養素のひとつである「脂質」の一種。脂質は、"飽和脂肪酸"と"不飽和脂肪酸"に分けられます。
"飽和脂肪酸"が多く含まれているのは、主に動物性の脂肪。一方、"不飽和脂肪酸"が多く含まれているのは、オリーブオイルなどの植物や魚の脂肪です。

DHAは、不飽和脂肪酸の中で"オメガ3脂肪酸"というグループに分類され、健康によいことが分かっています。
オメガ3脂肪酸は、全身の細胞膜を構成する材料のひとつ。ほかの脂肪酸も同じように細胞膜の材料になりますが、その中でもオメガ3脂肪酸は独特の形をしており、その形状がよい効果をもたらしていることが最近の研究で分かってきました。

DHAが必要なのは、どの世代?

210208_01_02

実は、DHAなどの不飽和脂肪酸は、人のライフステージのどの時期においても非常に重要な役割をもっています。

乳児期~幼児期
→脳の発達や視覚の発達

学童期~思春期
→アレルギー疾患の予防改善

成人期~中年期
→生活習慣病の予防改善など多くの疾病予防、骨の強化作用

中年期~高齢期
→精神疾患、認知症の予防改善

【乳児期~幼児期】にかけては、脳の発達に大きな影響を与えると考えられています。
海外では「日本人の子どもが欧米人と比較して知能が高いのは、日本人が魚を多く食べてきた歴史的な食習慣に起因している可能性がある*とされ、これに端を発した多くの研究結果により、DHAなどの不飽和脂肪酸が、乳児期の脳の発達に重要な役割を果たしていることが示唆されました。

これを受けて、現在日本国内の乳児向け粉ミルクの多くには、DHAが添加されています。脳は一生使う大切な器官であり、この時期に大きく成長するので、親としては積極的に摂らせたい成分のひとつですよね。

* Crawfordら;「The Driving Force」による

【学童期~思春期】においては、アレルギー疾患の予防改善に役立つことが分かっています。
東北大学では、アトピー性皮膚炎に対するDHA・EPAの効果が検証され、症状が改善傾向に向かうことが明らかになりました。

【成人期~中年期】にかけては、メタボリックシンドロームに代表される、高血圧や高血糖などの疾患・症状の予防が知られています。
魚を食べる頻度の低下や、ファストフードの摂取増加などといった食生活の変化なども影響し、若年層にも増えてきているこれらの疾患。DHAなどのオメガ3脂肪酸は、動脈硬化や血栓を防ぎ、中性脂肪やLDLコレステロールを減らすなど、様々なはたらきをもっています。

【高齢期】には、加齢に伴って低下する認知機能の一部である「記憶力」を維持することが報告されています。
脳は体の中でもデリケートな器官で、栄養なら何でも届くというわけではありません。関所のようなものがあり、入れるもの入れないものが分けられるのですが、DHAはそこを通ることができるのです。
つまりDHAは、脳が必要としていて、直接届く数少ない栄養素のひとつ。記憶を司る神経細胞のはたらきと密接なつながりがあり、重要な役目を果たしています。

このように、DHAは人のライフステージにおけるどの時期でも必要な成分。体になんらかの症状がある場合だけでなく、健康に生きて元気に活動できる"健康寿命"を延ばし、生活の質の維持・向上を目指すためにも、積極的に摂りたいですね。

DHAの摂取はサプリメントがおすすめ!その理由は...

210208_01_04

DHAは体内で作られないため、食事から摂ることは重要。ですが、たとえば魚からDHAなどを摂ることを考えると毎日それなりの量が必要になりますし、魚によっても含有量が違うため、1日に必要な摂取量を意識するのはなかなか難しいところ。
さらに、DHAは調理過程で減少してしまうため、普段から魚をよく食べる方でも、実際にはDHAをあまり摂れていないことはよくあります。

また、魚(とくに大型魚)は水銀など体に有害な金属を蓄積することがあります。せっかく体によいものを摂ろうとしているのに、結果的に体に悪いことにつながっている...という場合も。影響する可能性が高いとはいえませんが、リスクもあることを考えると、サプリメントで純粋な"成分"として摂取することは、最適な手段のひとつだと考えています。

さらに、DHAなどのオメガ3脂肪酸は、熱や光、空気などの影響を受けて酸化しやすいので、食事から摂る際にはできるだけ空気に触れないよう気をつける必要があります。その点、サプリメントはカプセルで成分を包んでいるため酸化の心配がなく、いつでも気軽に摂ることができます。

私も、DHAのサプリメントは健康維持に欠かせないものになっています。日ごろの食生活でDHAを継続的に摂取するのは難しいため、毎日欠かさず摂れるものとしてサプリメントがあると安心します。習慣化することで健康の土台をコツコツと築いていけそうです。

更新日/2021.02.10

PROFILEPROFILE

北川 みゆきのサムネイル
管理栄養士/米国NTI認定栄養コンサルタント/米国PML認定酵素栄養セラピスト北川 みゆき
合同会社Holistic Style代表、NPO法人日本食育ランドスケープ協会理事。
がんの免疫療法クリニックでがん患者へ栄養指導に従事後、大学病院で病棟の栄養管理、患者への栄養指導にあたる。栄養指導では特に糖尿病、脂質異常症をはじめとする生活習慣病や3大疾患の患者と多く関わる。2017年に独立し、全国での講演、講義の講師活動、1対1のヘルスコーチを行う。講演・講義数は約300本の実績がある。
健康・栄養・美容に関するコラムの執筆、監修多数。
更新日/2021.02.10

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。