> > デリケートゾーンのかゆみは放置するとキケン!膣内フローラを整えて感染症対策を
デリケートゾーンのかゆみは放置するとキケン!膣内フローラを整えて感染症対策をメインイメージ
ヘルスケア 2019.06.13

デリケートゾーンのかゆみは放置するとキケン!膣内フローラを整えて感染症対策を

デリケートゾーンの不快感は、もしかしたら「細菌性膣症」や「膣カンジダ症」のせいかもしれません。放置するとより深刻な症状が現れる場合も...。乳酸菌「RC-14™」「GR-1™」で、膣の環境を正常にキープすることが大切です。
デリケートゾーンのかゆみは放置するとキケン!膣内フローラを整えて感染症対策をメインイメージ
indexindex
  1. その不快感は、膣の感染症の場合も...
  2. 感染には膣内フローラが関係していた!
  3. 膣の環境を整える"2つの乳酸菌"

デリケートゾーンのムズムズやかゆみで困った、いつもと違うおりものが出る。そんな経験はありませんか?
気になる症状があっても周りにも話しにくくて、病院にもいかずそのまま...という方も多いのではないでしょうか。

しかしそこには、感染症などの病気が隠れている可能性も。
予防には、膣内フローラ(膣内細菌叢)を正常に整えることが大切です。大切なデリケートゾーンのこと、後回しにせず今一度考えてみませんか?

その不快感は、膣の感染症の場合も...

かゆみの原因は様々です。汗などによるムレが原因の場合や、下着などが肌に合わずかぶれてしまった場合、そして膣の感染症にかかっている場合などが考えられます。

膣の感染症が原因の場合は、特に注意が必要です。

中でも約半数を占める「細菌性膣症」は、灰色がかった分泌物や、いやなニオイが強くなることもあり、卵管炎や尿路感染症などの原因にもなります。
また、その名を聞くことも多い「膣カンジダ症」の場合、強いかゆみに加え、おりものがヨーグルトやカッテージチーズのように白っぽくなることも。皮膚が炎症を起こせば、かぶれたような状態になり、かゆみが一層ひどくなります。

では膣の感染症は、どのような原因でなってしまうのでしょうか。

感染には膣内フローラが関係していた!

膣の感染症は、女性なら誰でもかかる可能性のある病気です。

膣は自浄作用が強く、乳酸によって常に酸性を保つことで、雑菌の侵入を防いでいます。

しかし、ホルモンバランスや食生活の乱れ、ストレスや過労などによって膣内の乳酸菌の量が低下すると、種々の菌が異常に繁殖してしまいます。
膣の中にも、腸と同じようによい菌と悪い菌が存在しており、その膣内フローラのバランスが悪化することで、かゆみなどの原因となる細菌性膣症や膣カンジダ症が発生してしまうのです。

繁殖させないためには、それらの菌に負けないように乳酸菌が増えやすい環境を整え、予防することが大切です。

190613_01_02

膣の環境を整える"2つの乳酸菌"

では、膣内フローラを整える=よい乳酸菌が増えやすい環境を整えるにはどうしたらよいのでしょうか。

基本は、規則正しい生活です。栄養バランスの良い食事と、しっかりとした休息をとりましょう。

また、近年では2種類の乳酸菌が、抑制機能によって膣内を正常な環境に整えてくれることが分かっています。
それが、「ラクトバチルスロイテリRC-14™」「ラクトバチルスラムノーサスGR-1™」
この2つの乳酸菌には、3つの"抑制機能"があります。

  1. 侵入抑制
    膣内のpHを調整し、細菌の侵入を抑制
  2. 付着抑制
    病原菌が膣に付着するのを抑制
  3. 増殖抑制
    抗菌作用のある過酸化水素やバクテリオシンを産生し、病原菌の増殖を抑制

この2つの乳酸菌は生きて腸まで届きやすく、経口摂取により膣内に定着。そして、悪さをする菌を膣内に増やさず、膣内フローラを正常な状態にキープするためにはたらきます。

そのはたらきは実証済み!

19~46歳の健康な女性64名を対象に行った試験の結果をご紹介します。

被験者を乳酸菌摂取グループ(乳酸菌末RC-14™+GR-1™10億個)とプラセボグループ(乳酸菌末0mg)に分け、1日1回摂取にて、60日間の二重盲検試験を実施。その結果は...

摂取前と60日間摂取後の腸内環境を調べて比較したところ、RC-14™+GR-1™の乳酸菌を摂取したグループでは、膣内の乳酸菌数が有意に増加し、感染のもとともなる酵母、大腸菌の増殖を抑制しました。

つまりRC-14™+GR-1™の乳酸菌末が、膣内フローラを正常に整える、ということ。

190613_01_03

また、被験者64名のうち細菌性膣症でない48名においては、摂取前と摂取後を比較すると、プラセボ摂取グループでは40%が細菌性膣症を発症したのに対し、RC-14™+GR-1™の乳酸菌末を摂取したグループでは、細菌性膣症を発症した人はいませんでした。

このことから、RC-14™+GR-1™の乳酸菌末は、細菌性膣症の予防にはたらくことが分かります。

190613_01_04
※出典:FEMS Immunology and Medical Microbiology 35(2003)131-134

膣カンジダ症に対する実験の結果はこちらの記事で!
乳酸菌サプリメントで治せる!? 病院に行きにくい膣カンジダのアノ症状

デリケートゾーンのお悩みは放置すると、繰り返したり、より深刻な症状へ陥る可能性があります。かゆみやおりものの変化などがあれば、すぐに対策を始めましょう。
また、普段から膣内の環境を健康な状態に整えておくことで、そのようなリスクを大きく減らすこともできます。

RC-14™、GR-1™の2つの乳酸菌はサプリメントなどで発売されていて、手軽に摂り入れられるのが嬉しいところ。
デリケートゾーンも、私たちの大切な体の一部。普段はあまり意識しないという方も、ぜひ肌や体調管理と同じように、日頃からのケアを習慣にしてみてくださいね。

【監修】DHC健康食品相談室
通話料無料
0120-575-368(日曜、祝日を除く9時~20時)
医師・薬剤師・栄養士から構成される専門スタッフが、医薬品、医薬部外品、健康食品について飲みあわせを含めて、ご質問・ご相談を承ります。
更新日/2019.06.13
更新日/2019.06.13

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。