> > 40代から蓄積も!アルツハイマーの元 "アミロイドβ" 対策は、早めが肝心
40代から蓄積も!アルツハイマーの元
ヘルスケア 2019.10.03

40代から蓄積も!アルツハイマーの元 "アミロイドβ" 対策は、早めが肝心

アルツハイマー型認知症は、長年のアミロイドβ蓄積が発症の原因のひとつとされています。40代後半から始まるとされる蓄積を防ぐには、今から意識することが大切です。生活習慣の改善に加え、プラズマローゲンでリスク予防を始めましょう。
40代から蓄積も!アルツハイマーの元
indexindex
  1. アルツハイマー型認知症とは
  2. アミロイドβとアルツハイマーの関係
  3. 【対策1】睡眠と食事を意識してみよう
  4. 【対策2】アミロイドβを取り除く「プラズマローゲン」
  5. アルツハイマー対策に"早すぎる"はナシ!

認知症と聞くと、ぱっと思い浮かぶのは"アルツハイマー型"という方も多いのではないでしょうか。実際に、認知症と診断される方の半分以上は「アルツハイマー型認知症」なのだそう。

原因のひとつには、アミロイドβというたんぱく質が関わっていると考えられています。

40代後半から、このアミロイドβの脳内の蓄積量が急上昇するといわれており、アルツハイマー型認知症を予防するには、日々の生活習慣に加えてアミロイドβを蓄積させないことが大切。

アミロイドβとはどんなものなのかを、蓄積を防ぐための対策と合わせてご紹介します。

アルツハイマー型認知症とは

190516_01_02

アルツハイマー型認知症とは、アミロイドβが脳に蓄積して神経細胞が減少し、脳の萎縮が進行する病気です。男性に比べ女性に多く発症し、ゆるやかに進行していくのが特徴です。

数分前に見聞きしたことを忘れたり、自分の行動が思い出せない、同じことを何度も繰り返すなどの症状が現れます。
さらに、人や物、時間、場所などの誤認識が始まり、以前は覚えていた記憶もしだいに欠け、新しい出来事を記憶しにくくなったり、人によっては妄想や徘徊といった症状もみられます。

一度発症すると根本的な治癒は難しいとされており、予防すること、進行を遅らせることが重要です。

アミロイドβとアルツハイマーの関係

アルツハイマー型認知症を発症する人は、認知機能の低下が現れる10~20年ほど前から、"少しずつアミロイドβが脳に蓄積している"ということが分かっています。また最近では、より早い時期から蓄積が始まっているという報告もあります。

アミロイドβは、多くの役割をもった"アミロイドβ前駆体たんぱく質"が分解されたときに出る物質で、脳神経に大きなダメージを与えることが分かっています。

本来であれば自然に分解されるのですが、加齢などによりその機能が低下することで、脳内にたまりやすくなります。そして過剰に蓄積していくことで、脳の神経を破壊し、認知機能を低下させてしまうのです。このことから、アミロイドβは「脳のゴミ」と呼ばれることも。

たとえば70代で発症した場合には、脳内では40代後半からアミロイドβが蓄積し始めていることに...。「まだ先のこと」と思わず、早めの対策が大切です。

190516_01_03

【対策1】睡眠と食事を意識してみよう

アミロイドβの排出には、睡眠が関与しているという説が注目されています。また、睡眠の質がよい人ほど、アミロイドβが多く排出されているというデータも。

若いうちから質のよい睡眠をきちんととる習慣が、予防につながると期待されています。

また、脳の血流が滞ると神経細胞に栄養がいきわたらず、アミロイドβの排出がうまくいかなくなるという見解も。流れをスムーズにするには、バランスのよい食生活と、塩分の摂りすぎに注意しましょう。

その際の参考になるのが、近年アルツハイマー型認知症のリスクを下げるとして注目されている「MIND食です。
高血圧や認知症などによいといわれている地中海食などの食事法を組み合わせたもので、積極的に摂りたい食材と、食べすぎ注意の食材がリストアップされています。これをもとに食生活を見直してみましょう。

190516_01_04
*...米・ラッシュ大学医療センター発表

【対策2】アミロイドβを取り除く「プラズマローゲン」

プラズマローゲンは、私たちの脳や心臓、血液など体内に存在している成分。
このプラズマローゲンに、アミロイドβが集まり固まってしまうのを抑制したり分解するはたらきがあることがわかっています。

しかし、プラズマローゲンは加齢により減少。反対に、脳内のアミロイドβ蓄積量は40代後半から急激に上昇します。

認知機能を維持するためには、40代後半ごろからプラズマローゲンを摂取しておくと◎。アミロイドβが蓄積するのを防いでくれます。

プラズマローゲンは貝類や鶏肉に含まれていますが、中でも珍味として好まれる「ホヤ」に、多くのプラズマローゲンが含まれていることが分かっています。
さらに、ホヤと貝類・鶏肉由来の脂肪酸組成を比べると、ホヤの方がEPAやDHAの割合が多く、そのはたらきが期待されています。
サプリメントで摂取するなら、ホヤ由来のものがおすすめです。

アルツハイマー対策に"早すぎる"はナシ!

アルツハイマー型認知症は症状が現れ進んでしまうと、今の医療では元に戻ることが難しいとされています。

認知症対策は、うっかりが多くなってきてから慌てるよりも、今のうちから始めるべき。"遅すぎる"はあっても、"早すぎる"ということはありません。睡眠の質や食事に気をつけ、さらにプラズマローゲンの継続摂取で、リスクを減らしていきましょう!

【監修】DHC健康食品相談室
通話料無料
0120-575-368(日曜、祝日を除く9時~20時)
医師・薬剤師・栄養士から構成される専門スタッフが、医薬品、医薬部外品、健康食品について飲みあわせを含めて、ご質問・ご相談を承ります。
更新日/2019.10.03
更新日/2019.10.03

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。