> > ハーブの力で、更年期をおだやかに。お手軽「フィトセラピー」のすすめ
ハーブの力で、更年期をおだやかに。お手軽「フィトセラピー」のすすめメインイメージ
ヘルスケア 2019.08.29

ハーブの力で、更年期をおだやかに。お手軽「フィトセラピー」のすすめ

体や心によい影響を与える力がある「ハーブ」。フィトセラピーは、そんなハーブを使った植物療法のことで、ヨーロッパでは広く親しまれている存在です。更年期の不調に役立つとされるハーブを厳選してご紹介します。
ハーブの力で、更年期をおだやかに。お手軽「フィトセラピー」のすすめメインイメージ
indexindex
  1. 更年期とは?
  2. フィトセラピー(フィトテラピー)とは
  3. お悩み別!更年期に取り入れたいハーブ
  4. 香りで心を穏やかに。アロマで更年期対策も

女性は40代~50代にかけて、ホルモンバランスの乱れによる体調変化が生じるといわれています。

更年期と呼ばれるこの時期を、できるだけおだやかに過ごしたい。そんな方は、植物(ハーブ)の力を借りてみませんか?

更年期とは?

閉経前後を合わせた約10年間が「更年期」とよばれる期間です。
そしてこの期間の様々な症状の中で、他の病気に伴わないものを「更年期症状」、中でも症状が重く仕事や家事など日常生活に支障をきたす場合を「更年期障害」とよびます。

おもな原因は、卵巣の機能低下による女性ホルモン(エストロゲン)の減少。
エストロゲンの減少は自律神経にも影響を与え、この時期は身体や心に様々な不調があらわれます。

更年期について詳しくはこちらの記事も:
【相談室監修】読者からのご相談へ回答します《更年期のお悩み》

心も体も不安定になりがちなこの時期。おだやかに過ごすひとつの方法として、"フィトセラピー"があります。

フィトセラピー(フィトテラピー)とは

「フィト(phyto)」は"植物"という意味で、語源はギリシャ語。そこに、"療法・治療"などの意味を持つ「セラピー」を併せた言葉として誕生したのが「フィトセラピー」。日本では「植物療法」と呼ばれています。

ヨーロッパでは古くから人々の暮らしにハーブが根付いており、体の不調を感じたときに、それに適したハーブを、ハーブティーや精油として取り入れる人が多いのだとか。医療の現場でも「フィトテラピスト(植物療法士)」が活躍し、フランスでは"エルボリステリア"というハーブ薬局が多くの人に利用されているほど、身近な存在です。
東洋医学でも植物は様々な治療に用いられ、日本でもなじみが深い「漢方」にも、大きな影響を与えています。

古代から人々の体や心を癒してきたハーブは、現代を生きる私たちにとっても有用なはたらきをしてくれる、頼もしい存在。もちろん、更年期の様々な症状にぴったりのハーブもあります。

190221_01_02

お悩み別!更年期に取り入れたいハーブ

女性ホルモンに似たはたらきがある「ホップ」「レッドクローバー」

更年期症状の原因となる女性ホルモンの減少。女性ホルモンの「エストロゲン」に似たはたらきをするハーブを取り入れて、その減少をゆるやかに。

「ホップエキス」は、含有されている「8-プレニルナリンゲニン」が関わることでエストロゲンに似たはたらきをすると考えられ、臨床研究データでは、6週間でホットフラッシュなどの症状緩和が認められたという例も。

「レッドクローバーエキス」は、エストロゲンに似た構造を持つ「イソフラボン」を含んでおり、更年期に伴う症状を緩和するはたらきが期待されています。

ホルモンバランスの調整に役立つ「西洋タンポポ」「チェストツリー」

ハーブは、自律神経に影響する"ホルモンバランスの乱れ"にもアプローチ。

「西洋タンポポエキス」は、卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの分泌の調整にはたらくとされており、ハーブ先進国であるドイツ政府が設立した「コミッションE」という委員会においてその効果が認められ、産婦人科領域で使用されています。

「チェストツリーエキス」は、ヨーロッパで古くから利用され、ドイツでは月経前症候群(PMS)の治療薬として認められているほど。
女性ホルモンのひとつ「プロゲステロン」の分泌を促進、女性ホルモンの乱れを調節するはたらきがあるとされています。

メンタルをサポートする「メリッサ(レモンバーム)」「ボダイジュ」

わけもなくイライラしてしまったり、憂うつな気分になってしまうときにも、寄り添ってくれるハーブがあります。

「メリッサ」は、別名レモンバームとも呼ばれるシソ科のハーブ。鎮静作用があるとされ、不安を和らげたり、リラックス効果があることが知られています。

「ボダイジュ」は、メンタルハーブ「リンデンフラワー」の起源植物とされるハーブで、抗ストレス作用をもつといわれており、憂うつな気分やイライラなどに対するはたらきが期待できます。


このように、ハーブには様々なはたらきがあります。これらのハーブをまとめて取り入れることのできるサプリメントもありますので、更年期の体調サポートとして、手軽に「フィトセラピー」を活用してみてはいかがでしょうか。

それぞれのハーブについて詳しくはこちら:
更年期対策に、古くから重宝されてきた植物の力を。おすすめのハーブをご紹介

香りで心を穏やかに。アロマで更年期対策も

190221_01_03

アロマはもともと、メンタルケアが得意分野。更年期のメンタル面のサポートに、植物の"香りの力"も借りましょう。

憂うつな気分が続くときには、ベルガモット3滴とクラリセージ1滴を、アロマランプやアロマプレートに垂らして芳香浴を。

眠れないときにはベルガモットラベンダーサンダルウッドオレンジスウィートネロリなど、心身をリラックスさせてくれる精油がおすすめです。こちらも芳香浴や、アロマバスとして。

また、女性ホルモンの代わりとして心身にマイルドにアプローチしてくれるゼラニウムなども、女性ホルモンが減少していく更年期にはぴったりの精油です。

詳しくはこちら:
鬱・ストレス・ホルモンバランスの乱れ...女性のお悩みに効くアロマセラピー
睡眠トラブル時におすすめのアロマセラピー
月経痛・PMS・更年期...女性のお悩みをやわらげるアロマセラピー

ご紹介したハーブは、古くから親しまれ、長い年月の中で積み重ねられてきた治療の経験がもとになっているものも多くあります。

そのはたらきは、きっとあなたの体や心にもよい影響をもたらしてくれるはず。お悩みの方も、そろそろ対策をはじめようかなという方も、ぜひフィトセラピー入門としてお試しくださいね。

【監修】DHC健康食品相談室
通話料無料
0120-575-368(日曜、祝日を除く9時~20時)
医師・薬剤師・栄養士から構成される専門スタッフが、医薬品、医薬部外品、健康食品について飲みあわせを含めて、ご質問・ご相談を承ります。
更新日/2019.08.29
更新日/2019.08.29

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。