> > 体じゅうを弱らせる"腸疲労"に気をつけて!ヘトヘト腸をげんきにする方法
体じゅうを弱らせる
ヘルスケア 2019.01.31

体じゅうを弱らせる"腸疲労"に気をつけて!ヘトヘト腸をげんきにする方法

ついつい食べすぎ、飲みすぎてしまった新年会。あなたの腸は働きっぱなしだったかもしれません。疲れた腸を休ませ、元気をとりもどす食事やマッサージなどをご紹介します。
体じゅうを弱らせる
indexindex
  1. 腸がヘトヘトだと、体中が弱る!?
  2. 【メソッド1】食事でケア
  3. 【メソッド2】腸マッサージでケア
  4. 【メソッド3】休んでケア

腸がヘトヘトだと、体中が弱る!?

お正月や新年会などの集まりが落ち着いたと思ったら、なんだかお腹の調子が気になる...?もしかしたらそれは「腸疲労」かもしれません。

食べすぎや飲みすぎで腸に大きな負担がかかると、消化や吸収、便を排出するはたらきなどが低下し、下痢や便秘につながります。
また、忙しかったり外食が増えるなど栄養バランスの偏りがあると、「善玉菌」「悪玉菌」そしてそのどちらか優勢なほうのはたらきに傾く「日和見菌」で構成される"腸内細菌"のバランスが崩れ、腸内環境が悪化します。

体にも心にも影響を与える、腸のはたらき

腸には、体内の免疫細胞の60%以上が集まっているといわれています。腸のはたらきが悪くなると、体全体の免疫機能が低下し、体調を崩しやすくなると言われています。

さらに、腸は独立した神経系を持っており、脳からの指令がなくても機能することができます。このことから、「第二の脳」と呼ばれることも。
その一方で、脳と腸は互いに深く影響しあっています。脳でストレスを感じたときにお腹が痛くなるのも、これが理由といわれています。

また、「幸せホルモン」ともよばれる神経伝達物質"セロトニン"は、なんと90%以上が腸内でつくられます。腸内環境を整えれば、セロトニンの産生量もアップ。ストレスや不安感が軽減され、気分が明るくなることが期待できます。

腸をいたわり、そのはたらきを回復させることは、体だけでなく心の健康を保つためにも大切なのです。健やかなはたらきをサポートするメソッドを学んで、"ヘトヘト腸"から抜け出しましょう!

190131_01_02

【メソッド1】食事でケア

善玉菌をとろう

腸内環境を良好に保つために必要なのが、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌
有害物質を作り出す悪玉菌の増殖を抑えて腸内細菌のバランスを整え、負けない力を高めて病原体から体を守るはたらきをサポートします。

ヨーグルトやチーズといった乳製品、漬物や味噌をはじめとする醗酵食品など、善玉菌を含む食品を意識して食べるようにしましょう。

とはいえ、食品から善玉菌をとっても、そのまま腸に定着するわけではありません。ほとんどは便と一緒に排出されてしまうため、毎日こまめにとる習慣をつけることが大切です。

より効率よくとるために、サプリメントなども活用しましょう。
「ビフィズス菌BB536」は、腸の調子を整える機能が報告されている善玉菌。腸内環境が気になる方におすすめです。

関連記事:
免疫力やダイエット、口臭にも!? お悩み別!乳酸菌・ビフィズス菌まとめ

食物繊維をとろう

善玉菌と並んで、健やかな腸内環境の維持に役立つことが知られている食物繊維。今や、5大栄養素(たんぱく質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラル)に次ぐ"第6の栄養素"として重要視されています。

食物繊維は大きく分けて【水溶性】【不溶性】の2種類があります。

水溶性は粘性・吸着性があり、余分なコレステロールなどを体外に排出するはたらきが。不溶性は、水分を吸ってふくらむことで便のかさを増し、ぜん動運動を活発化させて便通を促します。

水溶性は海藻やきのこなどに、不溶性は穀物や根菜などに多く含まれています。スムーズなお通じのために、2種類をバランスよくとるよう心がけましょう。

関連記事:
ダイエットに良いことだらけ!食物繊維のパワーはこんなにすごかった

白湯を飲もう

腸のはたらきが悪くなる原因のひとつが、水分不足です。寒い時季は温かい飲み物で、腸のはたらきを活発にしましょう。

おすすめなのが、沸騰させたお湯を飲みやすい温度まで冷ました白湯。朝コップ一杯ほど飲むことで、眠っている間に失った水分を補い、腸を目覚めさせることができます。

【メソッド2】腸マッサージでケア

適度な刺激を与えて腸を活発にすると、便を体外に排出するはたらきを高めることができます。
なるべく毎日、無理のない範囲で行いましょう。

【やり方】

おへそから指3・4本分右の位置からスタートし、お腹全体を時計まわりにゆっくりさすります。

190131_01_03

【メソッド3】休んでケア

ストレスを遠ざけ、ゆっくりと体を休めることも大切です。腸の疲れを感じたら、いつもより早めに就寝しましょう。
スマホやパソコンの電源を切り、好きな香りをかいだり、音楽を聴いたりしてリラックスするのも効果的です。

寝つけないときには、睡眠をサポートするサプリメントを利用するのも手。バレリアン」「テアニンなどがおすすめです。

190131_01_04

食生活が乱れがち。野菜をあまり食べない。下痢・便秘をしやすい。おならが臭い。ストレスを感じている。

そんなあなたは、知らない間にヘトヘト腸になっている可能性アリ。ご紹介した方法を実践して、げんきな腸を取り戻しましょう!

【監修】DHC健康食品相談室
通話料無料
0120-575-368(日曜、祝日を除く9時~20時)
医師・薬剤師・栄養士から構成される専門スタッフが、医薬品、医薬部外品、健康食品について飲みあわせを含めて、ご質問・ご相談を承ります。
更新日/2019.01.31
更新日/2019.01.31

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。