> > 夏をめいっぱい楽しむために。今からはじめる「夏バテ」予防
夏をめいっぱい楽しむために。今からはじめる「夏バテ」予防メインイメージ
ヘルスケア 2019.07.16

夏をめいっぱい楽しむために。今からはじめる「夏バテ」予防

夏は体力を消耗しやすく、だるさが続いたり食欲がなくなってしまったりと体調を崩しやすい季節。深刻な状況を引き起こす危険もあるため、"ただの体調不良"でやりすごすのは危険!今から、夏に負けない体をつくりませんか?
夏をめいっぱい楽しむために。今からはじめる「夏バテ」予防メインイメージ
indexindex
  1. 知ってるようで知らない?夏バテのこと
  2. どうしたら予防できる?
  3. これからが夏本番!早めの対策で元気な毎日を

これからやってくる暑い夏。
イベントも多くワクワクする反面、気をつけたいのが"夏バテ"です。
毎年、だるくなったり、食欲がなくなったりしてるかも...とお思いのあなた。予防法を知っておけば、この夏をもっと楽しく過ごせるはず。もちろん、今まで意識をしたことがなかった方も、知っておけば安心です。

今年は万全の対策で、夏バテ知らずの毎日をすごしましょう!

知ってるようで知らない?夏バテのこと

気温も湿度も高い日本の夏。そのため屋内は冷房がガンガンきいていることも多いですよね。
中と外の気温差が激しいと、体は汗や熱を出したり抑えたりと目まぐるしくはたらき、体温をコントロールしなければならない状況に。体温調節を司っている自律神経はパニックを起こし、バランスが乱れてしまいます。
これが、だるさや疲労感、めまい、頭痛などの"夏バテ"といわれる症状の原因のひとつです。

また、冷たいものばかりとっていると胃腸が冷えて機能が低下し、食欲不振などにつながります。

これらの症状は"ただの体調不良"と済ませがち。ですが、放っておくと免疫力低下で夏風邪になったり、水分の補給が滞ると熱中症の発症リスクも高まってしまいます。

180717_02_02

どうしたら予防できる?

【1】温度差を最小限に

外はうだるような暑さ、中は冷房でキンキン。その温度差は10℃以上になることも。
温度差を縮めるためには、簡単に着脱できる"+1アイテム"がおすすめです。外出する際には、ショールやカーディガン、腹巻、靴下などを持っていき、その場所の温度に合わせて脱ぎ着しましょう。

また、汗をかいたらこまめに拭いたり、衣服を着替えることも大切です。
濡れた洋服が肌に張り付いている状態では、水分が蒸発しないため体の熱が冷めにくく、反対に、冷房がきいた部屋では急に体が冷えてしまいます。

【2】ドロドロ血液のリスクも!水分補給はこまめに

屋内にずっといる時など、自分では汗をかいたという実感がない場合でも、私たちの体は1日に約2.5リットルの水分を失っています。それに加えて、夏は汗をかきやすい季節。いつも以上に水分補給を意識することが大切です。

脱水になると、血液中でも水分が足りなくなってしまいます。すると筋肉や脳、内臓などに血液が十分にいきわたらず、臓器の機能に障害がおきてしまいます。

水分補給の際は血液の濃度を一定に保つためにも、のどが渇いたときに一気に飲むのではなく、何回にも分けて少しずつ飲むことを意識しましょう。

【3】水分だけでなくミネラル補給も忘れずに!

汗には水以外にも塩化ナトリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルが含まれています。汗をかくということは、これらのミネラルも一緒に外に出てしまうということ。

大量に汗をかいたときには、ミネラルの補給も必要です。塩分やマグネシウム、カルシウムなどが含まれている経口補水液などを利用して、積極的にミネラルを補給しましょう。

関連記事:ミネラルの効果・効能とは?はたらきが分かる辞典

【4】就寝時はエアコンを上手に活用!脱水対策にも

"冷房のつけっぱなしは体によくない"というのはよく聞く話。ですが、熱帯夜に暑苦しいまま寝ると、寝不足で体力が回復せず、夏バテを加速させます。また、大量に汗をかくことで脱水状態から熱中症になる可能性も。

快適で質のよい睡眠環境をつくるためには、エアコンや扇風機、除湿器などを利用しましょう。一定の温度や湿度が保たれていたほうが眠りが途切れないため、タイマーは使わずに一晩中つけておくのがポイントです。ただし、室温は28℃、湿度は55%を目安に、冷やしすぎないようにしましょう。

【5】夏バテに負けない体は、食事から

180717_02_03
  • スタミナがつく!ビタミンB1
    ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変換するサポートをしています。不足すると、エネルギー不足となり疲れやすい体になってしまうので、豚肉やウナギなど、ビタミンB1が豊富に含まれる食べ物で摂っていきましょう。
  • 食欲がわく!すっぱい食べ物
    酸味には、消化器官を刺激して、消化液の分泌を高めるはたらきがあります。また、梅干しやレモン、お酢などに多く含まれるクエン酸は疲労物質を溜めず、エネルギー産出を促します。
  • 胃や腸を守る!ネバネバ食材
    納豆、山芋、オクラなどのネバネバ成分は、胃や腸の粘膜を守るはたらきがあります。

ただし食欲がないときには、これらの食材であっても無理に食べる必要はありません。食べられそうなものから少しずつ、ゆっくりとっていきましょう。

【6】冷たいものばかりはNG!1品は湯気のたつものを

冷たいものを食べると胃や腸の血管が収縮して血流が悪くなり、胃腸のはたらきが低下します。消化するのに時間がかかったり、消化不良をおこして、食欲不振や胃もたれなどの原因に。

夏場の食事は、サッパリ冷たいものを食べたくなりますが、1食に1品は、湯気のたつものを入れてるよう心がけましょう。温かい汁物やお茶などをプラスして、"冷""温"で中和すると、負担が軽減されます。

また、ねぎやショウガ、唐辛子などの薬味やスパイスなどを料理に取り入れるのもおすすめ。体を温めたり消化を助けるはたらきが期待されています。

これからが夏本番!早めの対策で元気な毎日を

夏は基礎代謝量がもっとも低い季節。
夏バテでさらに代謝を落としてしまうと、秋になっても戻らず、冬を迎えることに。気温の低い冬は、体温を保つため熱をたくさん生産しなければなりませんが、代謝が低いとうまく生産できずに体が冷えてしまいます。

このような状態が続くと、太りやすくなったり体の免疫力が落ちて病気にもかかりやすくなるので注意が必要です。

夏バテしにくい体をつくる=1年中元気にすごせる体でいられる、ということ。
タフな体を手に入れて、この夏も楽しい想い出をたくさんつくりましょう!

【監修】DHC健康食品相談室
通話料無料
0120-575-368(日曜、祝日を除く9時~20時)
医師・薬剤師・栄養士から構成される専門スタッフが、医薬品、医薬部外品、健康食品について飲みあわせを含めて、ご質問・ご相談を承ります。
更新日/2019.07.16
更新日/2019.07.16

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。