> > 未来の髪も美しく!女性の薄毛の種類と今のうちから気を付けたいこと
未来の髪も美しく!女性の薄毛の種類と今のうちから気を付けたいことメインイメージ
ヘア・メーク 2019.09.04

未来の髪も美しく!女性の薄毛の種類と今のうちから気を付けたいこと

歳を重ねるにつれ、変化が起こるのは肌や体だけではありません。髪もハリやコシが失われたり、抜け毛が増えるなど心配が増えてくるかも。ここでは、女性がなりやすい脱毛症についてまとめてみました。
未来の髪も美しく!女性の薄毛の種類と今のうちから気を付けたいことメインイメージ
indexindex
  1. 知っておきたい女性の脱毛症
  2. 脱毛を予防するには?
  3. 女性も安心して使用できる発毛アイテムを使ってみる
  4. 脱毛症に負けない健やかな髪に

髪とホルモンは密接な関係にあり、女性は出産や閉経などのタイミングでホルモンバランスが乱れると、薄毛のリスクも高まるといわれています。ここで、女性がなりやすい脱毛症の種類をまとめてみました。

今のうちから髪のためにできるケアを、はじめてみましょう!

知っておきたい女性の脱毛症

びまん性脱毛症・FAGA(女子男性型脱毛)

女性に見られる代表的な脱毛症に「びまん性脱毛症」というものがあります。全体的に髪が薄くなり、皮膚が透けて見えるようになり、その見た目から心理的なストレスを感じることもしばしばあります。

原因としては睡眠不足や極端なダイエット、経口避妊薬(ピル)の使用、過度なヘアケアなどが考えられています。その他、感染症、膠原病といった病気が原因となる場合もあります。

びまん性脱毛症の中で、ホルモンバランスの乱れから起こる脱毛症を、FAGA「女性男性型脱毛症」と呼びます。男性の薄毛を「AGA」と呼ぶのに対し、女性の薄毛は「FAGA」と区別して呼ばれます。

男性のAGAの場合は男性ホルモンが深く関係しています。男性ホルモンの「テストステロン」が還元酵素により「ジヒドロテストステロン」というホルモンに変換され、このホルモンが増えると、髪の毛が作られる素となる毛母細胞のがうまくはたらかなくなり、髪の成長が抑制されてしまいます。

女性の場合は、加齢により女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減ることで、男性ホルモンの影響を受けやすくなります。女性ホルモンより男性ホルモンが優位になることで、男性同様に薄毛や抜け毛のリスクが高まってしまうのです。

抜け方の違いとしては、男性はジヒドロテストステロンが多く存在すると言われる、生え際や頭頂部などが局所的に薄毛になるのに対し、女性の場合は、女性ホルモンが全く分泌されなくなるわけではないため、髪が細くなり、全体が薄くなるのが特徴です。

190904_01_02

円形脱毛症

円形脱毛症とは、10円玉や100円玉などの大きさに例えられ、円型に脱毛する突発性の脱毛症のこと。

毛根に多く集まる、免疫機能に異常が発生する自己免疫疾患なのではないかといわれています。原因は、人間関係などの精神的ストレス、感染症や疲労などの肉体的ストレスともに、大きくストレスがかかったときに、誰でも発症する可能性があります。

自然に治ることもありますが、広がったり、なかなか完治しない場合は一度専門医に相談してみるとよいでしょう。

脂漏性(しろうせい)脱毛症

脂漏性脱毛症は、過剰な皮脂分泌により菌などが繁殖し、毛根が炎症を起こすことにより発症します。

私たちの頭皮にはマラセチア菌が常在菌として存在しています。しかし加齢やストレス、生活習慣の乱れなどでホルモンのバランスが崩れ、過剰に皮脂が分泌されてしまうとこの菌も異常に増加。頭皮の毛穴をふさぎ、毛根が炎症を起こすことで、髪が抜けるという症状を引きおこします。

頭皮はベタつくのに、カサカサとしたフケが出たり、頭皮に赤いポツポツができるのが特徴。成人が発症すると、慢性化してしまうので注意が必要です。

産後脱毛症

出産後、急激なホルモンの変化により起こる脱毛のこと。

妊娠中は、髪の生育にも関わっている女性ホルモンが分泌されるため成長期が保たれますが、出産後は、急激に女性ホルモンが減少するためサイクルが休止期に突入してしまいます。出産後、脱毛が増えるのはこのためです。

長くても約1年くらいで改善し、元に戻るので治療は必要ありません。しかし、高齢出産、双子や三つ子などの多胎出産など、リスクが伴う出産の場合、産後の回復が遅くなってしまう可能性もあります。

牽引性(けんいんせい)脱毛症

毎日分け目が同じままだったり、髪をまとめる時に引っ張ったりすることで、頭皮や毛髪に負担がかかることで起こる脱毛症。

頭皮の緊張状態が血行不良を引き起こし、栄養が十分に髪に行き渡らないことが原因となります。分け目を変える、なるべくヘアスタイルをチェンジするなど、かかる負担を軽減させることで、予防ができます。

190904_01_03

脱毛を予防するには?

美容や健康によいことは、当然髪にもよい影響をもたらします。よく言われているのが、規則正しい生活を心掛けること。ポイントは、バランスのよい食事を心掛け、3食きちんと食べる。夜更かしをせず、毎日なるべく決まった時間に起きて寝る。適度な運動を継続的に行う。睡眠は7~8時間適度にとるなど。  

生活のリズムを整えることが脱毛予防にもつながります。

女性も安心して使用できる発毛アイテムを使ってみる

男性が使うアイテムだと思われがちな育毛剤や発毛促進剤ですが、近年では女性でも安心して使用できる育毛剤が増えているので取り入れてみるのもおすすめ。

髪の成長期を促進させてくれる「グリチルリチン酸ジカリウム」、毛根を活性化し、丈夫な髪を作る手助けをする「センブリエキス」、髪を作れ!とサインを出してくれる「ニンジンエキス」、頭皮環境を整える「EPC」など髪に良い成分がたっぷり配合されているアイテムを選ぶと効果アップが期待できます。

関連記事: はじめよう!ニンジンエキス・EPC配合の髪の発毛促進剤で進化した育毛・美髪ケア

脱毛症に負けない健やかな髪に

脱毛症と言っても、男性と女性での違いがあったり、原因が様々だったり、個人差もあります。

薄毛が少し気になってきたなと感じている人は、症状や原因を見極めて予防を始めましょう。まだ大丈夫と安心しているあなたも油断せず、脱毛症に負けない丈夫な髪を、今のうちから意識するように心掛けてみてはいかがでしょうか。

【監修】DHC美容相談室
通話料無料
0120-575-370(日曜、祝日を除く9時~20時)
「DHC美容相談室」は、美容の専門スタッフによるお客様専用のご相談窓口です。DHCの化粧品に関するさまざまなご相談・お問い合わせに対し、スタッフは専門知識と豊富なデータをもとに、具体的なアドバイスでおこたえします。
更新日/2019.09.04
更新日/2019.09.04

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。