> > なぜハゲる!? 薄毛の原因と対策法
なぜハゲる!? 薄毛の原因と対策法メインイメージ
ヘア・メーク 2019.03.20

なぜハゲる!? 薄毛の原因と対策法

年齢を重ねるごとに増える、抜け毛やコシのなくなった髪の悩み。 薄毛のチェック・原因・自宅でのヘアケア・治療法・育毛剤・髪にまつわる噂まで、ご説明します。 まずは手軽にできるホームケアから始めましょう!
なぜハゲる!? 薄毛の原因と対策法メインイメージ
indexindex
  1. 薄毛のきざしは30代から
  2. あなたは薄毛?抜け毛・頭皮をチェック
  3. 髪の仕組み
  4. 薄毛の種類
  5. 薄毛を予防するために"頭皮を活性化するヘアケア"
  6. 薄毛を改善する"薄毛治療"
  7. 薄毛のQ&A

薄毛のきざしは30代から

薄毛や細毛の悩みが増えてくる、30代。

以前より、ボリュームやコシの無くなってきた髪が気になったり、家族から指摘を受けたりしたことはありませんか? 年齢とともに身体の細胞は衰えて、髪は細くなりがち。まずは自分でできるヘアケアで、元気な髪を維持しましょう。薄毛のケアをするときに、重要なポイントを解説します。

あなたは薄毛?抜け毛・頭皮をチェック

抜け毛のチェック

始めに、薄毛の傾向があるかを確認しましょう。

朝起きたら、枕の上の髪をチェック。数本落ちているくらいなら問題ありません。 でも、今生えている髪よりも短い毛が何本も落ちているなら、毛根が弱っている可能性があります。 その他にも、頭皮が硬い・髪にハリやコシがない・かゆみやフケが増えるのも、薄毛の兆候かもしれません。

頭皮の硬さチェック

次に、頭皮の硬さをチェックします。こめかみを人差し指と中指で押して上下に動かし、その感触を覚えてください。そして、頭頂部や前頭部も同じように動かしてみましょう。こめかみと比べて頭皮が硬くなっていませんか。 血行不良によって頭皮が硬くなると、薄毛の原因となる可能性があります。

190320_01_02

髪の仕組み

髪は、1カ月に1cm伸び、1本あたり5年程度のサイクルで生まれ変わります。

髪の毛自体は死んだ細胞であり、毛根の奥で髪の成長を指示する「毛乳頭」や、毛乳頭から酸素・栄養を貰って細胞を作る「毛母細胞」が髪を伸ばします。 髪の80~90%はケラチンとよばれるたんぱく質の一種。表面を守るキューティクルがうろこ状に重なって、内部のたんぱく質や水分を保護しています。

190320_01_03

薄毛の種類

男性型脱毛症

薄毛は、性別によって特徴が表れます。 男性の場合、額の生え際や頭頂部から薄くなり出します。

髪が生え変わるサイクルが短くなり、徐々に細い毛になって頭皮が硬くなってきます。最終的には側頭部・後頭部以外の髪が抜けた状態に。日本人男性の30%に男性型脱毛症の傾向が見られます。

また、15~25歳くらいから髪が薄くなることもあり、その場合は「若年性脱毛症」とよばれます。 男性は男性ホルモンの影響で薄毛になりやすいことが、原因のひとつです。さらに、遺伝・ストレス・血行不良・頭皮の汚れも薄毛につながります。

190320_01_04

女性型脱毛症

女性の場合は、全体的に髪が薄くなっていき、特に頭頂部が透けて見えるようになります。

男性より遅く、40代以上に見られることが多いです。 原因は、老化・ストレス・過剰なダイエット・女性ホルモンの影響・冷え性・ヘアケアのしすぎなど。特に、出産後や40代には女性ホルモンの量が変化することにより、抜け毛が起こりやすくなります。

円形脱毛症

25歳以下の人に多く、男女共に発症します。

突然コイン大の脱毛が現れます。10円玉サイズのものから広範囲に及ぶこともあり、数箇所にできたり、眉毛やまつ毛を含めて全身の毛が抜けたりする場合もあります。 原因として、精神的なストレスや免疫の異常が関係あるとされています。

190320_01_05

薄毛を予防するために"頭皮を活性化するヘアケア"

頭皮ケアがポイント

髪を元気に保つために重要なのは"頭皮"。

スマートフォンやデスクワークによる首こり・肩こり、冷えや精神的なストレスによって頭部への血行は悪くなりがちです。頭皮の血行が悪くなると、栄養が毛根に運ばれなくなり、抜け毛や細毛の原因に。頭皮を活性化することを意識して、ヘアケアをするのがポイントです。

また、冒頭の頭皮チェックで硬いところがあれば、頭皮マッサージでほぐしてみましょう。 カチカチになっているところを、やさしいタッチで揉んでいきます。摩擦が強いと頭皮の負担になるため、こすらずにゆっくりと。額の生え際・側頭部・頭頂部をほぐしていきます。 特にストレスが溜まっていると、全身の血行が悪くなり頭皮も硬くなってしまいます。頭皮マッサージはリラックス効果もありますよ。

●頭皮マッサージはこちらもチェック!
ゆたかな髪を手に入れて、人生をより美しく。薄毛の原因と美髪ケア

シャンプー前にブラッシング

頭皮や髪を元気に保つには、洗髪の方法が重要です。

まず、シャンプー前に頭皮をブラッシングして、汚れを落としましょう。ブラシの先が丸くて、頭皮を傷つけないタイプがおすすめです。 特に髪が長い場合は、絡まらないように毛先からとかし、その後頭皮にブラシを入れましょう。頭皮をマッサージする要領でブラッシングをします。

シャンプーは頭皮を揉むように洗おう!

ブラッシングをしたら、お湯で頭皮と髪をしっかり濡らしましょう。予洗いは、シャンプーの泡立ちをよくして、髪を傷めず頭皮全体を洗うために必要です。

シャンプーを泡立てたら、後頭部か側頭部からつけましょう。頭頂部は紫外線などにより、一番ダメージを受けています。そして、頭皮はこするのではなく、皮脂を揉みだすように洗うことがポイント。爪を立てないように気をつけましょう。髪はシャンプーの泡が行きわたれば洗えています。 最後に、毛穴が詰まらないように頭皮をしっかりと洗い流しましょう。

190320_01_06

薄毛を改善する"薄毛治療"

薄毛の治療法

薄毛の治療は、日々新しい治療法が研究されていますが、内服薬・外用薬・LED及び低出力レーザー照射・注入治療に分類されます。注入治療とは頭皮に髪の成長を促す成分を直接入れる方法で、「毛髪再生治療」とも呼ばれています。その他にも、自毛植毛や人工植毛、かつらの着用も選択肢のひとつです。

内服薬は副作用の可能性があり、注入治療や植毛は外用薬治療に比べて多額の費用が必要なのが現状。なるべく負担の少ない方法で薄毛をケアする場合、自宅で手軽にできる育毛剤やヘアケアからスタートするのがおすすめです。

育毛剤の種類

育毛剤は頭皮のはたらきを正常にして、育毛促進や脱毛を防ぐためのもの。1日2回程度、朝と入浴後に使用するものが多いです。

育毛剤をつけたら、頭皮の血行や新陳代謝を促すために、頭皮マッサージをあわせて行うことをおすすめします。 育毛剤には、下記の種類と有効成分があります。

  • 抗男性ホルモン剤
    男性ホルモンの作用による脱毛を阻止する(男性のみ使用)
    AGA薬〔医薬品〕(A)
  • 血行促進系
    頭皮の血行をよくして、栄養を与える
    ミノキシジル〔医薬品〕(A)、塩化カルプロニウム〔医薬品〕(C1)、ビタミンE誘導体、センブリエキス(C1)
  • 毛包賦活系
    毛根に栄養を与えて活性する
    ペンタデカン(C1)、パントテニールエチルエーテル、ヒノキチオール、アデノシン(C1)
  • フケ改善
    抗菌・防カビ・皮脂を抑える作用などにより、フケを抑える
    ジンクピリチオン、ミコナゾール硝酸塩、ピロクトンオラミン
  • かゆみ改善
    かゆみの原因にもなる毛根の炎症や頭皮の肌荒れを防ぐ
    アラントイン、グリチルリチン酸2K

*(A)(C1)という記号は、日本皮膚科学会と毛髪科学研究会による、脱毛症治療の有効性を表す評価です。Aは「強く勧められる」、C1は「考慮してもよいが、十分な根拠がない」とされています。
190320_01_07

薄毛のQ&A

ワカメやコンブ、ひじきなどは薄毛によい?

海藻類は髪を作るうえで必要なミネラル、特にヨウ素を含んでいます。しかし、日本人は海藻をよく食べるためヨウ素は不足しにくく、ヨウ素が直接的に髪にはたらく訳ではありません。

髪の大半はたんぱく質でできているため、大豆や魚・肉・牛乳などをしっかりと摂りましょう。そして、体内ではほとんど作り出せないビタミン類も、髪の成長に必要な栄養素。日頃の食事で十分に補えない栄養は、サプリメントを活用して補給するのがおすすめです。バランスのよい食事をして、すこやかな髪を作りましょう。

髪を結ぶと薄毛になる?

常に髪を結んでいると、生え際が引っ張られる状態が続いて、血行不良になります。 髪の毛の負担にもなるため、強く結ぶスタイルを毎日するのは避けましょう。

帽子で蒸れると薄毛になる?

帽子がすぐに薄毛につながる訳ではないですが、汗や皮脂が蒸れてしまうと頭皮のバリア機能が弱くなり、雑菌が繁殖しやすい状態に。そうすると、毛穴の炎症を引き起こす原因になり、毛穴が腫れるなどのトラブルが起こる可能性があります。

帽子は紫外線によるダメージを防ぐ役割もありますが、もしかぶるなら通気性のよい帽子がおすすめです。また、帽子で汗をかいたら、やさしくぬぐいましょう。

シリコンは毛穴に詰まるから、髪に悪い?

シリコンは、毛穴に詰まらず洗い流されるため、シリコン入りのシャンプーを使っても問題ありません。

以前はシリコンは毛穴に詰まると言われて、避けられていましたが、実際には非常に細かく毛穴に詰まる大きさではないことが分かっています。 また、シリコンは髪に膜を作ってキューティクルを保護し、指通りをよくするはたらきがあります。

母方の祖父が薄毛だと、リスクが高くなるって本当?

薄毛の遺伝子は、母親から遺伝する比率が大きいことが分かっています。薄毛に関する男性ホルモンを受容しやすいかは、母親サイドの遺伝子から受け継ぐためです。ただし、遺伝しない可能性も高く、薄毛には他の遺伝子や原因も関わっています。

女性は薄毛になりにくいため、気になったときは、母方の祖父が薄毛かどうかをチェックしてみてくださいね。

190320_01_08

薄毛には多くの原因が関わっていますが、正しいケアを行うことで、より長い期間豊かな髪を保つことができます。 ブラッシング・正しい洗髪・頭皮マッサージ・育毛剤の活用・バランスのよい食事をすることがポイントです。

髪は、人の印象に関わる重要なパーツ。豊かでツヤのある髪は、それだけで若々しい印象になります。 薄毛のサインが現れる前に、自宅でのヘアケアで美髪を保ち続けましょう。

【監修】DHC美容相談室
通話料無料
0120-575-370(日曜、祝日を除く9時~20時)
「DHC美容相談室」は、美容の専門スタッフによるお客様専用のご相談窓口です。DHCの化粧品に関するさまざまなご相談・お問い合わせに対し、スタッフは専門知識と豊富なデータをもとに、具体的なアドバイスでおこたえします。
更新日/2019.03.20
更新日/2019.03.20

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。