> > 花粉で崩れたメークも"朝の状態"へ即復活!4アイテムで完了のお直し術
ヘア・メーク 2018.03.16

花粉で崩れたメークも"朝の状態"へ即復活!4アイテムで完了のお直し術

本格的に花粉の季節に突入!花粉症の私たちを悩ませるのはその症状だけでなく、崩れがちなメーク。パンダ目にカピカピ鼻、乾燥が止まらない砂漠肌...。そんな「残念!」を解決する、プロのお直しテクニックをご紹介します。
indexindex
  1. ポイント1:ミストでリフレッシュ&しっかり保湿
  2. ポイント2:目元崩れは左右に細かくオフ
  3. ポイント3:パウダーでメークを定着

花粉の季節は特に気になるメーク崩れ。
メーク直しは、メークしたての状態へ復活させることが理想です。そのためのポイントは「こすらない」「重ねない」の二つ。
目もとの汚れをゴシゴシこすったり、崩れている部分にファンデーションを重ねては、元の状態に戻すことはできません。まずはお肌をリセットし、ていねいにオフしてからリタッチしましょう。

今回のお直し術、使うのはたったの4アイテム!外出時もかさばらないボリュームです。もちろん、花粉以外のどんな季節でも使えるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

ポイント1:ミストでリフレッシュ&しっかり保湿

180316_01_01

崩れてしまったメークの上から、まずは保湿力の高いミストをお肌にたっぷり与えましょう。
バランスをくずした肌もリフレッシュされ、保湿することで肌のコンディションが整います。

●使用したアイテムはこちら:
DHCスーパーコラーゲンミスト

ポイント2:目元崩れは左右に細かくオフ

180316_01_02

落ちてしまったマスカラやアイラインは、ゴシゴシと大きくふき取ると汚れが拡大してしまう恐れが。「DHCワイプオフペンシル」を使ってピンポイントで、左右に細かくオフしていきましょう。

落としたい部分のメークをペンシルでなぞり、浮いたところを反対側のチップで拭き取るだけ。目もとだけでなく、眉のお直しなどにも活躍します。
※ペンシルがない場合は綿棒にオイルを垂らして拭き取りもOK!

オフした部分はコンシーラーでリタッチすれば、元通りの目もとに。

●使用したアイテムはこちら:
DHCワイプオフペンシル
DHC薬用PWコンシーラー

ポイント3:パウダーでメークを定着

180316_01_03

一度直したメークがまたしても崩れないためには、定着させることが大切です。
メークを直し終わったら、最後はプレスドパウダーで抑えましょう。特に崩れやすい鼻まわりはしっかりと。このひと手間で持ちが変わります。

●使用したアイテムはこちら:
DHC 薬用PWプレスドパウダー UV

完成!

180316_01_04
更新日/2018.03.16

PROFILEPROFILE

MIEのサムネイル
ヘアメークアーティストMIE
ファッションを中心にショー、広告、CM、カタログ、アーティストなどのヘアメークを手掛ける。肌作りやカラー系を使ったメークが得意。
更新日/2018.03.16

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。