> > 360度キレイな扇形まつ毛が、印象的な目元をつくる。大人ビューラー術
ヘア・メーク 基本と応用メーク講座 2017.11.29

360度キレイな扇形まつ毛が、印象的な目元をつくる。大人ビューラー術

ラインもまつ毛も盛り盛りのアイメークは20代までで卒業。私たちがこれから目指すべきは、ナチュラルに存在感を示していくこと。"がっつりアイライン"だけに頼りすぎず、まつ毛のカール感で上品に主張するメークテクニックをご紹介します。
indexindex
  1. まつ毛の広がりで目が大きく見える?
  2. ビューラーは根元から何段階かに分けて
  3. プロが教えるビューラーテクニック

まつ毛の広がりで目が大きく見える?

まつ毛は、上にあがればいいってものじゃないんです。30代からの大人まつ毛は、瞳を中心にフワッと扇形に広がり、目がナチュラルに大きく見えるのが理想。
「目の中央」「目頭」「目じり」と分けて当てることで自然なカールが生まれ、やりすぎ感もありません。

ビューラーは根元から何段階かに分けて

挟んでカールさせるときも、1回でギュっと力を入れるのはNG。直角の"残念まつ毛"になってしまいます。カールアップする方向や手加減を意識して、縦にも横にもまつ毛が広がるイメージで当てていきましょう。

プロが教えるビューラーテクニック

  1. ビューラーの基本
    171129_02_01

    下目づかいでビューラーを目のキワに当て、まつ毛の根本をしっかり挟みます。 一気にあげるのではなく、「目の中央」「目頭」「目じり」と分けて当てていきましょう。

  2. 目の中央は「根本・中間・毛先」を3段階にわけて
    171129_02_02

    根元・中間・毛先をそれぞれ、3回ずつ挟んであげていきます。このとき、位置は少しずつずらしながら当てると、カールがカクッとなりません。
    また根元はしっかりと、中間から毛先にかけては少し力をゆるめてあげると、自然なカールができあがります。

  3. 目頭・目じりは根元のみ
    171129_02_03

    目の中央にくらべて毛が短いため、当てるのは根元のみでOK。まつ毛が上向きになるようイメージしながら、3回にわけてビューラーを少しずつ滑らせていきます。
    扇のように広がる美まつ毛をつくるには、ビューラーを当てる向きも大切。目頭は顔の内側に、目じりは外側に向くように意識しましょう。

  4. 反対側も同様に
    171129_02_04

    まずは目の中央から、目頭・目じりとカールアップ。それぞれ3回に分けて、少しずつ上向きにあげていくイメージをお忘れなく!
    瞳を中心に全方位にラインが生まれきれいな立体感が出たら、自然と目が大きくみえる大人まつ毛の完成です!

  5. モデル:松岡 音々
更新日/2017.11.29
更新日/2017.11.29

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。