> > 髪のパサつき・うねりの原因は紫外線!? 知ってて得をする髪のUVケア
髪のパサつき・うねりの原因は紫外線!? 知ってて得をする髪のUVケアメインイメージ
ヘア・メーク 2018.08.15

髪のパサつき・うねりの原因は紫外線!? 知ってて得をする髪のUVケア

顔や体に比べて、髪のUVケアを怠っていませんか?髪のパサつきやうねりの大きな原因は、実は紫外線なんです。今からでも遅くない、日頃からできる紫外線対策で美しいツヤ髪を目指しましょう。
髪のパサつき・うねりの原因は紫外線!? 知ってて得をする髪のUVケアメインイメージ
indexindex
  1. 無防備なんて怖すぎる!元に戻らない髪の紫外線ダメージ
  2. 毎日できる!髪のUV対策
  3. ダメージを持ち越さない!その日のうちのケアで美髪をキープ

皆さんは顔や体だけでなく、髪の紫外線対策をしていますか?
髪のパサつきやうねり、カラーリングの色落ち...夏にありがちな髪のトラブル。
その最たる原因は、紫外線にありました。

日差しの激しい季節の美髪対策は、何よりも紫外線から髪を守ってあげることがポイント。今回は紫外線が髪に及ぼす影響と、夏も美しい髪をキープするための効果的なUVケアをご紹介します。

無防備なんて怖すぎる!元に戻らない髪の紫外線ダメージ

紫外線が髪に与える影響をみていきましょう。

まず、紫外線を浴びると、髪表面にあるキューティクルがひび割れて乾燥が起こります。さらに、たんぱく質などの栄養素も抜け落ち、ツヤも失われてしまいます。これが髪のパサつきの原因です。

170919_29_05

また、うねりにも紫外線が影響しています。髪の栄養素が抜け落ちた部分は空洞になり、空中に浮遊している水分を取り込もうとします。その部分が水分で膨張し、毛髪のあちこちにでっぱりが生じるため、髪がうねって見えるのです。

最も残念なことに、髪の細胞は肌と違ってターンオーバーせず、一度ダメージを受けると自然には補修されません。もちろん髪は一定周期で生え変わりますが、生えた直後から紫外線を浴び続けると、伸びた頃にはパサパサの髪になっている...なんてことも。そのため、夏の髪にとってUVケアはとても重要なのです。

毎日できる!髪のUV対策

170919_29_06

傷んでパサついた髪や、うねってまとまらない髪だと、どんなにメークやファッションが決まっていても台なしになってしまいますよね。髪の紫外線ダメージ防ぐには、肌と同じように髪にもしっかりUV対策をすることを心がけましょう。

忙しい日でもできる簡単ケア方法をご紹介します。

【1】洗い流さないセラム(美容液)トリートメントでダメージケア

傷んだ髪を補修する成分が配合された「洗い流さないトリートメント」は、毎朝のスタイリング時に使うこともできます。
髪のパサつき・うねりの原因でもある、栄養素が抜け落ちてできた髪内部の空洞を、美髪成分でしっかり埋めてあげましょう。トリートメント成分をしっかり補っていると、余計な水分が入り込んで髪が膨張するリスクも回避でき、夏の湿度が高い日もうねりのない素直な髪が持続します。

仕上げにワックスなどのスタイリング剤も使いたい方は、髪がベタつかない程度に、使用するトリートメントの量は調節してください。

【2】特に乾燥・うねりが気になる時はオイルトリートメントをプラス!

特に乾燥やうねりが気になる時は、オイルタイプのトリートメントも仕上げにプラスしましょう。ただしつけすぎには注意。少量のオイルを手に取り、さっとなでるよう仕上げます。
オイルの膜が髪表面を覆うことで、うねりの原因となる湿気から髪を守ります。湿度の高い日などにもおすすめです。

【3】最後に必ず髪にUVスプレーを!

髪に紫外線ダメージを与えないため、最後にしっかりUV効果のあるスプレーを吹きかけます。
スプレーは、SPF50+・PA++++のものから、髪にツヤを与えつつUV効果のあるものなど、様々なものがあります。使用感のお好みや、お出かけ先での紫外線量によって選ぶのがおすすめです。

ダメージを持ち越さない!その日のうちのケアで美髪をキープ

美しい髪をキープするには、UVケアに加えて「その日に受けたダメージをその日のうちにケアする」ということが大切です。ダメージが蓄積される前に髪のコンディションを整える習慣をつけると、つややかな髪を維持しやすくなります。

たった1回のトリートメントでもダメージは修復できる

おすすめは、定期的なトリートメントでのケア。洗い流すタイプの「インバストリートメント」と、洗い流さないタイプの「アウトバストリートメント」があり、いずれも髪の内部に栄養成分を補給し、はがれたキューティクルのダメージ修復を手助けしてくれます。

下の画像は、洗い流さないトリートメントのケアを1回行ったもの。このように、1回のトリートメントでもキューティクルは見違えるほどに。

170919_29_02

ケアする際のポイントは、トリートメントを手のひらにとったらまず人肌に温めること。髪に浸透しやすくなり、トリートメント効果がより高まるのでおすすめです。
紫外線を浴びた日の夜は、次の日にダメージを残さないよう、しっかりトリートメントでケアするように心がけましょう。


髪や頭皮は紫外線が直撃し、大きなダメージを受けています。それなのに、意外と無防備だったという方も多いのではないでしょうか。

紫外線から守るケアが美髪へのカギ。夏は髪もしっかりUVケアをして、しっとり艶やかな美しい髪をキープしましょう♪

【監修】DHC美容相談室
通話料無料
0120-575-370(日曜、祝日を除く9時~20時)
「DHC美容相談室」は、美容の専門スタッフによるお客様専用のご相談窓口です。DHCの化粧品に関するさまざまなご相談・お問い合わせに対し、スタッフは専門知識と豊富なデータをもとに、具体的なアドバイスでおこたえします。
更新日/2018.08.15
更新日/2018.08.15

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。