> > DHCアンバサダーとオンラインで語る! ダイエット座談会【後編】
DHCアンバサダーとオンラインで語る! ダイエット座談会【後編】メインイメージ
ダイエット 2020.10.07

DHCアンバサダーとオンラインで語る! ダイエット座談会【後編】

話題のオンラインツールを使ってDHCアンバサダーと座談会を実施。後半はコロナ禍の中でもダイエットを成功させた2人のエピソードをご紹介します。奮闘したダイエットについてのお話、たくさんシェアしていきたいと思います。
DHCアンバサダーとオンラインで語る! ダイエット座談会【後編】メインイメージ
indexindex
  1. 【40代・みーちゃんさんのインタビュー】プロティンダイエットのおかげでミセスコンテスト世界大会に出場が決まりました!
  2. 【40代・MIMIMIさんのインタビュー】コロナ禍の中-9.6kgの減量に成功しました!

DHCアンバサダーにご参加いただいたWEBでの座談会をレポート。後半はコロナ禍でも成功をおさめたダイエット体験や、成功の秘訣をご紹介していきます。座談会参加者のダイエットのお悩みについては、DHCのダイエット相談室へ回答を聞いてみましたのでお見逃しなく!

今回ダイエット体験を赤裸々に語ってくれるアンバサダーメンバーをご紹介します。

DHCアンバサダーメンバー
写真上左:あいちゃんさん(50代)
4人の子供と孫に恵まれる専業主婦。DHCダイエットアワードに応募したことがきっかけとなりプロティンダイエットに目覚めました。
写真上右:みーちゃんさん(40代)
バリバリの、キャリアウーマン。仕事ばかりの日々を抜け出すためにミセスコンテストに応募。見事日本代表の夢をつかみました。
写真左下:MIMIMIさん(40代)
トレンドの在宅ワーカー。長年リバウンドに悩んでいましたが、コロナ禍の中ダイエットを始め、3カ月で9.6kgの減量を成功させました。
写真右下:めぐさん(40代)
今年の11月に挙式を控える花嫁さん。アルバイト先のまかないの食べ過ぎで20kg増加してしまい、ダイエットを開始。式までに元の体重に戻すのが目標です。

後編では、みーちゃんさんとMIMIMIさんのお話をご紹介していきます。

▼前編はコチラ
DHCアンバサダーとオンラインで語る! ダイエット座談会【前編】

【40代・みーちゃんさんのインタビュー】プロティンダイエットのおかげでミセスコンテスト世界大会に出場が決まりました!

仕事に没頭してばかりの日々を抜け出すため、世界中のミセスが美しさを競う「ミセスコンテスト」に応募しました。大会に出るためにダイエットを決意し、見事予選を突破!日本代表を勝ち取ることができました。その時の助けになってくれたのは「プロティンダイエット MCTプラス」。どのようにして美を手に入れたのか詳しくお伺いしていきます。

201007_01_02

-ダイエットをはじめたきっかけは何ですか?
「若い頃は45kgをずっとキープしていたのですが、30歳を過ぎてから太りやすくなり、40歳を過ぎてからさらに体形が変化し、体重が落としづらくなりました。昨年、仕事ばかりの毎日を変えたい!と思い応募したミセスコンテストで世界大会への切符を手にすることができました。少しでもメリハリのある引き締まった身体で挑みたいと意気込み、ダイエットを決意しました。」

-世界大会への切符...すごいですね!過去していたダイエットと、今回のダイエットを教えてください。
「過去はキャベツだけ、りんごだけしか食べないダイエットをしていました。栄養が偏るので肌荒れがひどくなったり、生理が止まってしまったり、貧血を起こして駅で倒れてしまった経験もあります。続けられなくて1カ月で挫折していました。
今回は、DHCプロティンダイエットとランニングマシーンの有酸素運動を取り入れました。この組み合わせで行うとダイエットが上手くいくことに気づき、約4カ月で6kg落ちました。」

-いいペースで落ちていますね!間違ったダイエットをしてしまうと体は危険な状態になってしまいますよね。今回のダイエットでは大切な大会に向けて、どのようにして痩せましたか?
「DHCプロティンダイエット MCTプラス」は、もう何十箱飲んだかなというくらい大活躍しています。抹茶味が特に好きで、抹茶からなくなってしまいます(笑)。
運動や規則正しい生活をしながら朝と夜におきかえていたのですが、ダイエットに良いということだけではなく、朝のお通じが良くなったり、お化粧のノリがよくなってきた気がしたり、飲み始めてからいいことが続いています。
運動は週に4日30分、ランニングマシーンを使用。最初は息切れしてしまい、5分も走れなくて...。でも1週間続けるとだんだんと長い距離を走れるようになりました。」

201007_01_03

-プロティンダイエットはダイエットに不足しがちな栄養素がしっかり含まれているので健康的に痩せることができます。運動もきちんと行われていていいですね。他に気を付けていたことはありますか?
「その他にもDHC商品には、大変お世話になりました。食事の前には「食べトモ」のサプリメントを使用したり、間食時にはヘルシーな「DHCのサプリフルーツシリーズ」を食べたり、簡単に咬筋マッサージができる「ミミリング」を活用したり...DHCづくしのダイエット期間でした。
それから、プロティンダイエットは、世界大会が行われたシンガポールにも持参。最後の最後までダイエットのお供になってくれたので心強かったです。おかげで衣装のドレスを美しく着こなすことができました。プロティンダイエットは、おいしくて空腹感もあまり感じないので、いつも助かっています。

201007_01_04

-世界のミセスに引けを取らない美しさを披露したみーちゃんさん。ダイエットについて何かお悩みはありますか?
「生理前になると食欲が抑えきれず、食べ過ぎてしまうことが悩みです。」

-みーちゃんさんのダイエットのお悩みをダイエット相談室よりアドバイスいただきました。

個人差はありますが、女性の体は生理が近づいてくるとデリケートになります。ホルモンバランスが影響しているので、上手にのりきることがポイント。食欲に関しては、我慢しすぎるのもよくありませんので、低カロリー、低糖質、ギルトフリーと呼ばれるおやつを活用するなどヘルシーなものを選ぶのも手。また、早食いをせずゆっくりと咀嚼をすることで少量でも満足感を得ることができます。

-無事に大会を終えたみーちゃんさんですが、今後の目標は何かありますか?
「数値の目標ですと、痩せていた時の40kg台に戻りたいですね。やっぱり痩せている方がおしゃれが楽しいので、着たい服を着こなせるように体をキープしておきたいかな。周りからもすらっとしてキレイだねって言われるように努力していきたいです。」

▼みーちゃんさんがダイエットに成功したプロティンダイエットとは?
あなたに一番合うのはどの味?プロティンダイエット飲み比べ【ドリンクタイプ編】

【40代・MIMIMIさんのインタビュー】コロナ禍の中-9.6kgの減量に成功しました!

在宅ワーカーのMIMIMIさんは、コロナ太りに悩まれる方が多い中で自粛期間を有効に使いダイエットを開始。3カ月でなんと9.6kgの減量に成功したそう!短期間でどうやって痩せたのか、その秘密を探ります。

201007_01_05

-9.6kgのダイエットに成功したとのことですが、なぜダイエットを始めたのか、コロナ期間中、どのようなダイエットをしていたのか教えてください。
「ダイエットをはじめる3カ月前に太ってしまい、健康診断にひっかかったことがきっかけでした。コロナ禍で外出ができなくなり、この期間に戻そうと決心しました。15年ほど続けていた食べたものを記録するレコーディングダイエットに加えて、掃除をこまめにしたり、ステッパーを使用したりして毎日約2万歩を目標にしていたこと、食事は1口30回咀嚼すること、手のひらサイズのたんぱく質を毎日必ず摂ることを心掛けていました。すると少しずつ基礎代謝がアップして、体重が減っていきました。自粛期間中は外食が減ったことや、コンビニのスイーツからの誘惑に勝てたことも痩せた理由のひとつです。」

201007_01_06

-生活習慣を整えることは、たとえ小さなことでも積み重ねると大きな成果になりますね。コロナ禍でコロナ太りなんていう言葉も流行り始めていますが、逆境を逆手にとってダイエットを成功させたMIMIMIさん。痩せて嬉しかったことはありますか?
「体重だけでなく、体脂肪率も-10.4%を達成し、LLだった服のサイズがどんどん落ちていったことですかね。着られるサイズがなかったブランドも、痩せて入るようになって嬉しかったです!」

201007_01_07

-目標を達成したMIMIMIさん。ダイエットについて悩んでいることはありますか?
「痩せても体形をキープしにくく、在宅なので運動量が少ないことも悩みです。あとは、生理周期に振り回されてストレスがたまります。」

-MIMIMIさんのダイエットのお悩みをダイエット相談室よりアドバイスいただきました。

在宅ワークとのことですが、NEATと呼ばれる運動以外の活動量を上げると消費カロリーがアップします。例えば、家事は掃除機ではなく拭き掃除をしてみる、買い物には徒歩や自転車で行く、姿勢を正して生活するだけでもカロリー消費は上がるので小さいことですが、心掛けていきましょう。
また、生理中はホルモンバランスの影響により、イライラしやすくなったり、水分が貯留しやすくなるため体重は落ちにくくなる傾向に。生理後、体調が整ってきたら運動量を少し増やすなどすると落ちやすくなります。ストレスを感じた時には好きな本を読んだり、音楽を聴いたり、楽しいと思えることをして解消しましょう。

-9.6kg戻したMIMIMIさんですが、今後の目標は何かありますか?
「体重を40kg前半台にしたいですね。生理期間中に無性にカップ焼きそばとか食べたくなるんですけど、無理せずにダイエットを続けていければいいかなぁと思いました。エクササイズも、家の中で筋トレをしたりして、生理周期に惑わされずに、メリハリのある毎日を送っていきたいです。」

DHCアンバサダーによるダイエット座談会いかがでしたでしょうか。今回は、コロナ禍の中でも成功したダイエットストーリーを垣間見ることができました。この記事が皆様のダイエットのお役にたてたら嬉しいです。

※すべて個人の感想です。
【監修】DHC健康食品相談室
通話料無料
0120-575-368(日曜、祝日を除く9時~20時)
医師・薬剤師・栄養士から構成される専門スタッフが、医薬品、医薬部外品、健康食品について飲みあわせを含めて、ご質問・ご相談を承ります。
更新日/2020.10.07
更新日/2020.10.07

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。