> > 運動嫌いなあなたにぴったり!「NEAT」を増やせば運動ナシで痩せ体質
運動嫌いなあなたにぴったり!「NEAT」を増やせば運動ナシで痩せ体質メインイメージ
ダイエット 2019.08.02

運動嫌いなあなたにぴったり!「NEAT」を増やせば運動ナシで痩せ体質

運動は面倒くさいし、苦手。時間もなかなか取れない。肥満予防に運動は必須といえど、運動が続かない理由は様々です。でも安心してください。運動をしなくてもNEATを増やせば、痩せ体質になれることがわかったのです。そのNEATのセオリーを解説。
運動嫌いなあなたにぴったり!「NEAT」を増やせば運動ナシで痩せ体質メインイメージ
indexindex
  1. 消費エネルギーの種類をおさらい
  2. 非運動性熱産生(NEAT)って何のこと?
  3. NEATを増やすコツは?
  4. 誰でも簡単に始められる肥満予防習慣「NEAT」

運動をしないと痩せられないと嘆いているあなた。痩せるヒントは、日常生活での動作がカギを握っていることが分かりました。 そのカギとなるのは「NEAT」。運動しなくてもスリムボディに近づく、新しいダイエット習慣をお伝えします。

消費エネルギーの種類をおさらい

健康的な身体を保つためには、食べることで取り入れる摂取エネルギーと、生命維持や動くことで使われる消費エネルギーのバランスを考えなければなりません。ここで消費エネルギーが上回ると、理論上体重は減少し、ダイエットの成功につながります。

この消費エネルギーは、基礎代謝量(約60%)・食事誘発性熱産生(約10%)・身体活動量(約30%)の3つで構成されています。

基礎代謝量は筋肉量などが関係しており、生体活動において生きていくために消費されるエネルギーのこと。そして食事誘発性熱産生は食事量と内容が関係しており、食べ物を摂取したときに消費するエネルギーのこと。ですが、総エネルギー消費量は、この2つのエネルギーよりも、身体活動量がカギを握っています。

非運動性熱産生(NEAT)って何のこと?

NEATとは、Non-Exercise-Activity Thermogenesisの略語。日本語では、非運動性熱産生とも呼ばれています。

エネルギーを消費するための身体活動には、大きく分けてウォーキングやランニング、ダンス、テニスなど運動によるもの、家事などの日常生活の活動によるものと2つに分けられます。

NEATは後者にあたり、日常のちょっとした動作や掃除や洗濯、買い物などで消費されるエネルギーのことを指しています。

このNEATが近年では、肥満と関連があると注目されています。

ここに肥満者と非肥満者の1日を比べた研究結果があります。論文によると、肥満者は非肥満者に比べて座ったまま過ごす時間が多く、平均にすると1日約150分も立って活動している時間が少なかったそうです*

190802_01_02
*Ravussin E. A NEAT Way to Control Weight?Science, 530-531, 307, 2005.

肥満の予防や解消には運動することは大切です。しかし、無理に運動を始めるのではなく、NEATを増やす生活、つまり日常生活での活動量を増やせば、自然と1日のエネルギー消費量が増え、肥満の改善・予防となることが期待されます。

NEATを増やすコツは?

仕事内容によっても、NEATの割合は変わってきます。例えば、農作業や土木作業など体を使って動く仕事をしている人はNEATの割合も高いですが、オフィスでのデスクワーク中心の人ではNEATの割合も低くなります。

厚生労働省では、「健康づくりのための身体活動指針」を推奨しています。目標は、1日合計60分(65歳以上は40分)元気に体を動かすことです。まずは今より10分多く動くために、下記にヒントをまとめてみました。

家で心掛けられること

  • テレビ、映画などを観ながら、足踏みやステップをしたり、部屋の中を歩いてみる
  • 洗濯や掃除などの家事の際は、ダラダラ動くのではなく、キビキビと動く
  • 家でゴロゴロするのではなく、近くの公園などでゆったり過ごしてみる
  • テレビのリモコンを使わずに、テレビ本体で操作する
  • モップを使わずに、雑巾がけにするなど工夫して、こまめに掃除をする
190802 _01_03

職場で心掛けられること

  • 最寄りよりひと駅前に降りて歩いてみる
  • 電車では、座らずに立つように心掛けてみる
  • 電車通勤の方は、自転車通勤に変えてみる
  • エスカレーターやエレベーターではなく階段を使ってみる
  • 昼休みに会社の周りを散歩してみる

生活習慣で心掛けられること

  • メールやSNSだけではなく、顔を合わせたコミュニケーションを心掛け、実際に会いに行く
  • 休日は、家に1日中いるのではなくウィンドウショッピングに出かけるなど用事を作ってみる
  • 日用品や食料品の買いだめをせずこまめに買いに行く
  • 歩幅を広くしたり、歩くスピードを上げてみる

このように、NEATを高めるにはただ座っている時間を減らし、立っている時間や歩行している時間を増やすことが有効です。

誰でも簡単に始められる肥満予防習慣「NEAT」

つらい運動をしなくても、日常生活に動きを加えるだけと考えたら、なんだか続けられそうな気がしませんか?

運動を始めるときのように「よし、今日からやるぞ!」といった気合いは必要ありません。とにかくこまめに動くのを念頭に、毎日少しずつ活動量を増やしてみること。そうすれば大きな努力をしなくてもNEATの活動量はアップしてくるはずです。

1カ月後、2カ月後...体の変化を楽しみに、NEATを意識した肥満予防習慣を取り入れてみてください。

更新日/2019.08.02
更新日/2019.08.02

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。