> > 脂質代謝にはたらき体脂肪を減少!カルニチンの知られざるパワー全集
脂質代謝にはたらき体脂肪を減少!カルニチンの知られざるパワー全集メインイメージ
ダイエット 2019.07.26

脂質代謝にはたらき体脂肪を減少!カルニチンの知られざるパワー全集

燃焼系の成分として知られる「カルニチン」。今一度、カルニチンのはたらきをおさらいしてみましょう。
脂質代謝にはたらき体脂肪を減少!カルニチンの知られざるパワー全集メインイメージ
indexindex
  1. 「カルニチン」とは?
  2. 脂質をエネルギーとして生み出す影武者
  3. サプリメントも活用して健康的なボディへ

人の体に存在する「カルニチン」。なんとなくダイエットに良い、燃焼系の成分なのかなということは知っていても、体内ではどんなはたらきをしているか知っていますか。

意外と知られていないそのパワーについてまとめてみました。

「カルニチン」とは?

カルニチンはアミノ酸の一種。体内でも合成されますが、20歳くらいから少しずつ減り始め、年齢と共に合成力は低下していきます。主に羊肉、牛肉、豚肉、鶏肉といった動物の肉に多く含有されており、果物や野菜にはほとんど含まれていません。

私たちの体内にある骨格筋や心筋などの筋細胞に多く存在し、脂質代謝に関して重要な役割を持っています。カルニチンが燃焼系と呼ばれる理由は、ここにあります。

190726_01_02

脂質をエネルギーとして生み出す影武者

体内に取り入れられた脂質が、エネルギーに変換されるためには、ミトコンドリア内に運ばれる必要があります。しかし、ミトコンドリアの膜は脂肪酸だけでは通過することができません。この時カルニチンが手助けとなり、脂肪酸と結合することで、ミトコンドリアへスムーズに輸送することが可能になります。

また、ブドウ糖の代謝においても作用するため、運動前や運動時にカルニチンを摂取すると、体脂肪をエネルギー源として効率よく消費することができます。

しかし、カルニチンが不足してしまうと脂質の代謝がうまくいかず、エネルギーとなって消費されない脂肪が体内に蓄積してしまう可能性も...。

190726_01_03

このように肥満の原因のひとつと考えられている脂肪の蓄積を阻止できます。

体脂肪減少効果に関しては、10名の肥満者を対象にカルニチンを40日間投与した結果、体重、および体脂肪の減少、総コレステロール値や中性脂肪値の低下を認めたという報告があります。

サプリメントも活用して健康的なボディへ

カルニチンは、加齢とともに体内で合成される量だけでは不足してしまうため、食事やサプリメントなどで補填するのがベター。

肉を日常的によく食べている方はあまり心配はないかもしれませんが、ベジタリアンの方や年齢とともに肉が食べられなくなってきた方、若い方でも偏食気味の方、食事量が少ない方、ダイエット中などで肉類を制限されている方は不足が気になるところ。

そんなときにはサプリメントの利用がおすすめですが、過剰摂取は禁物です。使用する際には、摂取量を正しく守って用いるようにしてください。

余分な体脂肪をスムーズに燃焼させ、健康的なほっそりボディに近づいていきましょう。

【監修】DHC健康食品相談室
通話料無料
0120-575-368(日曜、祝日を除く9時~20時)
医師・薬剤師・栄養士から構成される専門スタッフが、医薬品、医薬部外品、健康食品について飲みあわせを含めて、ご質問・ご相談を承ります。
更新日/2019.07.26
更新日/2019.07.26

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。