> > 中性脂肪って何だろう?賢い減らし方
中性脂肪って何だろう?賢い減らし方メインイメージ
ダイエット 2019.05.17

中性脂肪って何だろう?賢い減らし方

中性脂肪は体内でエネルギー源としてはたらきますが、血液中の中性脂肪が多いと動脈硬化を進めてしまうため、中性脂肪値を適正に保つことが大切です。また、余剰分の中性脂肪は、皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられます。中性脂肪の正しい解説とその減らし方をご紹介します。
中性脂肪って何だろう?賢い減らし方メインイメージ
indexindex
  1. 中性脂肪の正体は?
  2. 中性脂肪はなぜ増える?
  3. 中性脂肪が多いとなぜ悪い?
  4. 中性脂肪の適正値は?
  5. 大事なのは、食事と運動のバランス!
  6. 中性脂肪を意識して、健康に!

中高年になると、健康診断などで数値の高さを指摘されやすいのが「中性脂肪」。

食べすぎ、飲みすぎが原因?やせていれば大丈夫?ギモンを解消して正しい知識を身につけましょう。中性脂肪値の改善に役立つアドバイスも参考にしてくださいね。

中性脂肪の正体は?

中性脂肪は血液中の脂質の一つです。「トリグリセライド」とも呼ばれ、健康診断の検査結果では「TG」と表記されることも。

食べものに含まれる脂質や糖質は、小腸で吸収された後血液中に入り、その後、体を動かすエネルギー源として利用されますが、使いきれず余ってしまうと、中性脂肪として体に蓄積されることに。生きていくために必要なエネルギー源なので、必ずしも悪者というわけではありませんが、多くなりすぎると、重篤な病気を引き起こす原因になります。

こんな人は中性脂肪が増えやすい!チェックリスト

□週に2日以上お酒を飲む
□麺類や丼など、一品料理で食事を済ませることが多い
□スイーツが好き
□ごはんはたいていおかわりをする
□毎食くだものを食べる
□移動手段は車やバス。あまり歩かない
□電車に乗ると真っ先に座ろうとする
□ここ最近スポーツをした記憶がない

数値の高さが気になる人は、いつの間にか中性脂肪を増やすような食生活や生活習慣をしているのかも。当てはまる数が多いほど注意が必要です。

ここからは、増える原因と、どんな病気のリスクが高まるのか、正しい知識を学んでいきましょう。

190517_01_02

中性脂肪はなぜ増える?

"脂肪"という語句がついているためか、中性脂肪が増える一番の原因は、脂質のとりすぎだと思っている人は多いようです。

ところが、脂質だけでなく、糖質やアルコールのとりすぎも大きな要因に。ごはんやパンなどの炭水化物や砂糖などに含まれる糖質は、体内で分解されてブドウ糖になり、肝臓で中性脂肪に合成されます。

アルコールは、肝臓で分解されるので、糖質が少ないタイプのお酒でも摂取量が多いと、中性脂肪が多く合成されることに。エネルギーとして利用されない分は肝臓に蓄積され、脂肪肝を引き起こすことも。お酒をよく飲む人は、見た目は太っていなくても、中性脂肪値が高いことがあるので注意が必要です。

中性脂肪が多いとなぜ悪い?

中性脂肪が多いと、動脈硬化のリスクが上昇。動脈硬化とは、心臓から送り出された血液を運ぶ動脈が、硬くなる病気です。

進行すると、血管が詰まり脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる病を招くことも。中性脂肪の増加はsdLDL(超悪玉)コレステロールを増やす要因にもなります。増えすぎたsdLDLコレステロールは、血管壁に入りこみ、動脈硬化を進めます。

つまり、動脈硬化のリスクを抑えるためには、中性脂肪値を適正にキープする必要があるといえるのです。

中性脂肪の適正値は?

中性脂肪の適正値は、30 ~149㎎ /dL。過剰になっても自覚症状がないので、注意が必要です。たとえやせていても、中性脂肪値が適正値を上回っていることは、よくあります。健康診断を受けて、定期的に数値を把握しましょう。

大事なのは、食事と運動のバランス!

中性脂肪値が高い原因のほとんどは大食いや偏食、飲酒などの食生活にあります。脂っこい食べ物、ごはんやパンなどの炭水化物、甘いおやつや飲み物、果物のいずれかをとりすぎていることも。食べすぎていないか、栄養バランスを見直してみましょう。

中性脂肪を抑える理想の食事は、主菜に肉、魚、卵、大豆から良質なたんぱく質を。特にさんまやいわしなどの青魚は、中性脂肪を低下させるDHAとEPAを多く含んでいるのでおすすめです。魚が苦手な方は、DHAやEPAをサプリメントから取り入れるのも手です。

副菜や汁物には、野菜や海藻を使用し、ビタミンや食物繊維を補給しましょう。主食は、ご飯を1食1膳を目安に。果物は1日100~200g、牛乳は、1日1杯を目安にするとよいでしょう。

食事の改善に加え、運動をプラスすることで体内の中性脂肪が利用されやすくなります。数値を下げたいなら、ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動がおすすめです。1日30分程度を目安にはじめてみましょう。

190517_01_03

中性脂肪を意識して、健康に!

中性脂肪は食生活や生活習慣を意識すれば、改善が見込めます。数値が気になる方は、早めに取り組んでみてはいかがでしょうか。 

今は数値に異常がない方も油断は禁物。ずっと健康でいるために、今の習慣を維持していきましょう。

【監修】DHC健康食品相談室
通話料無料
0120-575-368(日曜、祝日を除く9時~20時)
医師・薬剤師・栄養士から構成される専門スタッフが、医薬品、医薬部外品、健康食品について飲みあわせを含めて、ご質問・ご相談を承ります。
更新日/2019.05.17
更新日/2019.05.17

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。