> > 痩せる油って本当?MCTオイルの基礎を学んでダイエット
痩せる油って本当?MCTオイルの基礎を学んでダイエットメインイメージ
ダイエット 2019.03.29

痩せる油って本当?MCTオイルの基礎を学んでダイエット

社会現象ともなったオイルブームから、早数年。次に注目すべきなのは、「MCTオイル」です。一体どんなオイルなの?なぜダイエットによいの?MCTオイルの基礎知識を学んでいきましょう。
痩せる油って本当?MCTオイルの基礎を学んでダイエットメインイメージ
indexindex
  1. MCTオイルってどんなものなの?
  2. 【特徴1】太りにくい油
  3. 【特徴2】体脂肪になりにくい・体重の減少にはたらきかける
  4. 【特徴3】空腹感を感じにくい
  5. 【特徴4】ケトン体を作りだすので、脳機能にもよい
  6. おすすめの摂取方法は?
  7. 脂質はキレイにやせるために必要。MCTオイルを選んでキレイに!

数年前、ココナッツオイルやアマニオイルなどがこぞってスポットライトを浴び、一大ブームとなりました。そんなオイルブームを経て、すっかり一般的な食品となったオイルですが、次に注目を集めているのが「MCTオイル」。このオイルは、健康やダイエットにも嬉しいはたらきがあるそう。

一体、どんなオイルなのでしょうか?

MCTオイルってどんなものなの?

MCTオイルのMCTとは、「Medium Chain Triglyceride」の略。

読み方は、ミディアムチェーントリグリセリド、つまり「中鎖脂肪酸」を意味しています。中鎖脂肪酸とは、ココナッツオイルやパームオイルに含まれている天然成分。体脂肪として蓄積されにくい脂肪酸です。ココナッツオイルには中鎖脂肪酸量は約60%しか含まれていませんが、「MCTオイル」は100%中鎖脂肪酸でできています。

【特徴1】太りにくい油

油の特性は、主成分となる脂肪酸の種類や並び方によって異なり、炭素の鎖の長さで分けられたものを短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸と呼びます。

中鎖脂肪酸は、コーン油などに含まれている長鎖脂肪酸と比べると、炭素の数が少ないため、水になじみやすい性質を持っています。

糖などと一緒に、直接肝臓へ運ばれるため、体内で効率よく分解されます。そのため、コーン油などの長鎖脂肪酸をもつ一般的な油と比べるとエネルギーに変換されやすいのが特徴。消化、吸収のスピードが早いため、体脂肪として蓄積されにくいと言われています。

分解される時間の違いは、下記のグラフを参照してみてください。

こちらは、長鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸を投与し、分解した脂肪酸量の測定結果です。このデータによると、中鎖脂肪酸は、投与から徐々に分解が始まり、3時間後にピークを迎え、10時間経過する頃にはほとんどが消費されています。一方長鎖脂肪酸は非常にゆっくりと分解されるため消費までに時間を要していることがわかります。

190329_01_02

このように短時間で、分解され、エネルギーになることからも中鎖脂肪酸からなるMCTオイルは他の油に比べて、体脂肪になりにくい油といえます。

【特徴2】体脂肪になりにくい・体重の減少にはたらきかける

中鎖脂肪酸はエネルギーとしてすぐに使われ、長鎖脂肪酸に比べて、体脂肪や体重が減少しやすいことがわかりました。

それを証明したデータがこちら。こちらのグラフは、肥満気味の人が、中鎖脂肪酸を11%程度含む食用油を1日14g含む食事を、12週間摂取した場合と、長鎖脂肪酸油を摂った場合の体脂肪と体重を比較した実験結果です。中鎖脂肪酸が含まれた油を摂取したほうが、体脂肪と体重が減少していることがわかります。

このように、ダイエット中は、普通の油よりもMCTオイルを選択するのがおすすめです。

190329_01_03

【特徴3】空腹感を感じにくい

ダイエットを成功させるためには、空腹感との戦いに勝たなければなりません。そんな時にもMCTオイルは、腹持ちのよさでも優れていると言われています。

同じ量のMCTオイル(中鎖脂肪酸)、またはコーン油(長鎖脂肪酸)を加えたヨーグルトを摂取して、1時間後の空腹感を比較した結果、コーン油を摂取したグループより、MCTオイルを摂取したグループのほうが満足感が持続していたという臨床試験*の報告もあります。

*European Journal of Clinical Nutrition (2014,volume 68,pages 1134-1140)Impact of medium and long chain triglycerides consumption on appetite and food intake in overweight men
190329_01_05

【特徴4】ケトン体を作りだすので、脳機能にもよい

今まで脳で利用される唯一のエネルギー源は、ブドウ糖のみだと考えられていました。しかし近年の研究では、ブドウ糖が不足すると「ケトン体」も脳で使われることが分かりました。

ケトン体とは、肝臓で脂肪酸から作られるもので、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸、アセトンの総称のこと。中鎖脂肪酸はこのケトン体を効率的に作ることができます。

脳が使うエネルギーの割合を調べた研究では、平常時はブドウ糖が100%使われているのに対し、絶食時にはケトン体が約60%以上を占めていたというデータもあります。ケトン体は、ブドウ糖に替わる第二のエネルギー源になりうることが示唆されています。

さらに、ケトン体はアルツハイマー型認知症の予防や、脳機能の改善にも役立つのではないかという研究も進められているようです。

190329_01_06

おすすめの摂取方法は?

MCTオイルは、オイルとして取り入れるのはもちろん、置き換え食などの健康食品や、ダイエットサポート食品に配合されているものもあります。

今までのダイエットに満足できなかった人。ダイエットのお供に取り入れてみてはいかがでしょうか。

脂質はキレイにやせるために必要。MCTオイルを選んでキレイに!

オイルに含まれる脂肪酸=脂質はカロリーが高く、ダイエットの敵だと考えている人も多いと思いますが、健康を維持してキレイにやせるためには脂質は欠かせない栄養素です。

今までやみくもに摂取していたあなた。これからは、どんな種類の脂肪酸を摂取するかがポイントとなりますから、中鎖脂肪酸100%のMCTオイルを選んでみましょう。

いくら太りにくい油とはいえ、脂質は1g当たり9キロカロリーの熱量がありますから、摂り過ぎには十分注意が必要です。気をつけながら、利用してみてくださいね。

【監修】DHC健康食品相談室
通話料無料
0120-575-368(日曜、祝日を除く9時~20時)
医師・薬剤師・栄養士から構成される専門スタッフが、医薬品、医薬部外品、健康食品について飲みあわせを含めて、ご質問・ご相談を承ります。
更新日/2019.03.29
更新日/2019.03.29

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。