> > 肛筋ストレッチ 基本のペンの挟み方
ダイエット 久嬢由起子のやせる肛筋ストレッチ 2018.11.16

肛筋ストレッチ 基本のペンの挟み方

肛筋ストレッチとは、お尻にペンを挟んだり、お尻の筋肉を意識しながら行うユニークなプログラム。今回は、基本のペンの挟み方を、肛筋トレーナー久嬢由起子先生に教えていただきました。ダイエット効果もある、新感覚ストレッチにチャレンジしてみましょう!
indexindex
  1. 肛筋とは?
  2. 肛筋ストレッチとは?
  3. 肛筋ストレッチで実感できるいいこと10個
  4. 肛筋ストレッチ基本のペンの挟み方とは?
  5. 【方法】基本のペンの挟み方
  6. ポイント

肛筋とは?

肛筋とはひと言で表現すると「肛門周りの筋肉」のこと。

体幹の中心にあり、骨盤を支える役割をもつ大切な筋肉です。骨盤が前に飛び出さないようする腸腰筋や、骨盤が下垂しないよう支える骨盤底筋群に直接繋がっているため、この肛筋が衰えてしまうと骨盤がゆがみはじめ、ぽっこりお腹やゆるんだスタイルになるほか、肩こりやむくみなどといった不調を招いてしまうことも。日常生活では使われる機会が少なく、加齢と共に衰えてしまうため意識的に動かすことが重要な筋肉です。

肛筋ストレッチとは?

肛筋を使って行うストレッチですが、最初は肛筋を意識してくださいと言われてもピンとこない方が多いのではないでしょうか。

そんな時先生が思いついたのは、誰でも手に入りやすいペンをお尻に挟むという斬新な方法。ペンを挟むことで肛筋の感覚がつかみやすくなります。肛筋の感覚をつかみながら、骨盤周りの筋肉も一緒に鍛えていきましょう。肛筋ストレッチを続けていけば代謝が良くなり、痩せやすくなるほか、骨盤が整うのでスタイルが良くなるなどいいことずくめ!ぜひ今日から少しずつ行ってみてください。

1日8秒×3回肛筋エクササイズをしただけで・・・見てください!このお尻!
181116_01_02

肛筋ストレッチで実感できるいいこと10個

  • ダイエット効果
  • 代謝アップ
  • 姿勢骨盤矯正
  • 冷え血行改善
  • 尿モレ改善
  • ヒップアップ
  • セルライト予防
  • ぽっこりお腹
  • 便秘
  • むくみ改善
  • デトックス効果
  • 生理不順など

肛筋ストレッチ 基本のペンの挟み方とは?

ペンを挟むことで肛筋ストレッチの要、肛筋を意識できるようになります。肛門周りの血行が良くなり、代謝がアップ!また、体の軸を鍛えることで姿勢改善、猫背予防にもなります。最初はペンが落ちてしまうかもしれませんがめげないで。肛筋が正しく使えるようになるとペンも落ちなくなります。

【方法】基本のペンの挟み方

  1. 背筋を伸ばして立ちます。
    181116_01_03
  2. ペンをお尻の割れ目に挟み、8秒間キープします。
    181116_01_04

ポイント

  • ペン先が上向きになるよう肛筋を意識しましょう。
  • ペンを挟むことで、肛筋を使うという感覚をつかみましょう。

肛筋ストレッチDATA
【難易度】★
【実施の目安】3回を目安に行います。
【鍛えられる筋肉】大腎筋、骨盤低筋群、肛筋

更新日/2018.11.16

PROFILEPROFILE

久嬢由起子のサムネイル
整体師・肛筋トレーナー 久嬢由起子
『美少女戦士・セーラームーン』で芸能界デビュー。

自身の激太りをきっかけに整体の勉強を始め、整体師認定講師資格を取得。また食生活アドバイザーや整体講師歴13年の経験を生かし、現在著名人やアスリートのケア、ミス・ユニバース講師としても活動中。肛門周りの筋肉に特化した新考案のダイエット&健康ストレッチ本『やせたいなら肛筋を鍛えなさい』をKADOKAWAより出版。発売直後から重版が続き、台湾、香港、マカオ、韓国などでも続々と発売!得意とするトーク術を生かし、テレビ、雑誌、講演など各種メディアでも活躍中。
http://kujyoyukiko.com/
更新日/2018.11.16

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。