> > スリムな人が持っている「痩せ菌」 ビフィズス菌B-3の正体って?
ダイエット 2017.09.20

スリムな人が持っている「痩せ菌」 ビフィズス菌B-3の正体って?

いくら食事制限したり運動しても、なぜか痩せにくい...。もしかして、腸内に"痩せ菌"が足りてないのかも?近年発見されたダイエットに効果のある菌をご紹介します。

あの人が、痩せてる理由

実は、太っている人と痩せている人では、腸内細菌の種類やバランスが異なっているんだそう。
炭水化物の吸収を高めてしまう「ファーミキューテス菌」に属する菌の割合が多い人は、肥満の傾向が高いという報告がされました。そのため、「ファーミキューテス菌」に属する細菌=デブ菌といわれるようになったのです。
一方で、デブ菌がいるなら痩せ菌もいるのではないかと、現在さまざまな痩せ菌の研究がされています。

脂肪分の多い食事やアルコール、日々のストレスなどにより腸のバリア機能が壊れると、体内の脂肪細胞が肥大化し、脂肪が蓄積されていきます。これを防ぐには腸のバリア機能サポートのはたらきをする善玉菌を増やすことが大切とされています。

善玉菌を摂って痩せよう!ビフィズス菌の効果

"痩せ菌"ビフィズス菌B-3ってなに?

ビフィズス菌はもともと腸内に存在している善玉菌の代表格。有害な菌の繁殖をおさえ、腸内の環境を整えるはたらきをしていることは、ご存じの方も多いはず。
"ビフィズス菌"とよばれる菌は約30種類ありますが、その中でも、肥満に作用する特別なビフィズス菌が2002年に発見されました。

それが、世界的にも注目されている「ビフィズス菌B-3」
ビフィズス菌の中でも「ビフィズス菌B-3」は実際に、体重や体脂肪の低減などの効果も確認されています。また、内臓脂肪や皮下脂肪の減少にも効果があると考えられています。

"痩せ菌"ビフィズス菌B-3で、太りにくく痩せやすい体づくり

「ビフィズス菌B-3」は、単に脂肪を分解する菌というわけではありません。腸内のバリア機能を回復させたり、炎症を抑制するはたらきがあるといわれています。
また腸内の環境をよくすることで、太りにくい体の維持、痩せやすい体づくりにつながり、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の予防や進行の抑制も期待されています。
その他にも、肝機能悪化を抑制したり紫外線から肌ダメージを防ぐ力も認められている、夢のような菌なのです。

"痩せ菌"ビフィズス菌B-3で肥満とさよなら!

「ビフィズス菌B-3」の効果をおさらい

「ビフィズス菌B-3」に期待されるダイエット効果は大きく3つ。

  1. 体重や体脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)の減少*1
  2. 腸のバリア機能の回復=太りにくい体へ
  3. 腸の炎症を防ぐ=痩せやすい体へ

その他に動脈硬化の予防や肝機能の改善、紫外線の肌ダメージを防ぐはたらきも認められています。

生きたまま腸まで届けるならサプリがおすすめ

ビフィズス菌はもともと人間の体内にある菌ですが、酸に弱く、口からの摂取では生きたまま腸まで届けることが難しいとされています。またビフィズス菌は便とともに体外に排出されてしまうので、毎日継続して摂ることが大切です。
ヨーグルトなども効果的ですが、最近ではサプリメントも出ているので、手軽にビフィズス菌B-3を摂りたい方にオススメ。
ビフィズス菌B-3で太りやすい体の改善、今日からはじめてみませんか?


参考:森永乳業 ビフィズス菌B-3ラボ(http://b-3lab.jp/)
※「ビフィズス菌B-3」は森永乳業の特許成分です。
*1:マウスを使った実験で、内臓脂肪・皮下脂肪の低減が認められています
更新日/2017.09.20
更新日/2017.09.20

RECOMMENDED RECOMMENDED 合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。