> > 西洋シロヤナギ
西洋シロヤナギメインイメージ
サ行 2017.09.19

西洋シロヤナギ

ヨーロッパ、アジアの一部に生育するヤナギ科ヤナギ属の植物で、ヨーロッパの伝統医療において、樹皮が鎮痛・抗炎症のための薬用植物として利用されてきました。樹皮に存在するサリシンが、体内でサリチル酸に転換され、鎮痛・解熱・抗炎症作用を示すとして、臨床試験では腰痛や関節リウマチ、変形性関節炎に対するはたらきが報告されています。

期待できるはたらき

鎮痛・消炎作用

西洋シロヤナギの樹皮に含まれるサリシンは、体内でサリチルアルコールに代謝され、さらにサリチル酸に転換されます。このサリチル酸が、シクロオキシゲナーゼという酵素のはたらきを阻害し、痛みや炎症を引き起こすプロスタグランジンの産生を抑制することで、痛みを軽減し、炎症を鎮めます。臨床試験では、腰痛、変形性関節炎、関節リウマチに対するデータが報告されています。例えば腰痛に対して、1日あたり120mgあるいは240mgのサリシンを含有する西洋シロヤナギ抽出物を投与し、改善作用が示されました。

摂取について

樹皮から抽出したエキスが、栄養補助食品などに用いられています。一般に、鎮痛・消炎を目的として短期間利用します。ただし、そのはたらきは速効性ではなく、遅効性です。臨床試験では、有効成分のサリシン換算で、1日あたり120~240mgが投与されています。

更新日/2017.09.12

PROFILEPROFILE

蒲原聖可のサムネイル
監修/医学博士蒲原聖可
高知県生まれ。徳島大学医学部卒業。同大学院修了。医師博士。
米国ロックフェラー大学、東京医科大学を経て現在、健康科学大学教授。日本薬科大学客員教授。昭和大学兼任講師。DHC研究顧問。日本統合医療学会理事、国際個別化医療学会理事。主な著書は『ヘルシーエイジングに役立つサプリメント・健康食品』(医学と看護社)、『サプリメント事典 第3版』(平凡社)『必携サプリメント・健康食品ハンドブック』(新興医学出版社)他多数。
医学博士 蒲原聖可ブログ/
http://www.dhcblog.com/kamohara/
更新日/2017.09.12

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。