> > ローヤルゼリー
ローヤルゼリーメインイメージ
ラ行 2017.09.19

ローヤルゼリー

ミツバチの体内で合成され、咽頭腺などから分泌されるクリーム状の物質。ローヤルゼリーを与えられた幼虫だけが女王蜂になることから、そのはたらきが注目されるようになりました。各種ビタミンやミネラル、アミノ酸、植物ステロールなどが豊富に含まれている他、デセン酸という脂肪酸や、ロイヤリシン、ロイヤラクチン、アピシンといった特有のたんぱく質も存在します。これらの成分が一緒にはたらくことで、免疫力アップや高血圧改善など、多彩なはたらきを得られると考えられています。

期待できるはたらき

免疫力を高める

ローヤルゼリー特有のたんぱく質や脂肪酸が協同してはたらくことにより、免疫力を高める効果が期待されています。

脂質代謝改善、コレステロール値低下作用

基礎研究では、脂質代謝改善作用やコレステロール低下作用が報告されています。閉経後の健康な女性36名を対象に、1日あたり150mgのローヤルゼリーが3カ月間投与された臨床試験では、HDL(善玉)コレステロール値の有意な増加、LDL(悪玉)コレステロール値の有意な低下、総コレステロール値の有意な低下が見出されました。

高血圧改善作用

高血圧患者30名を対象にした臨床試験において、血圧の有意な改善が認められました。

  • 抗炎症作用
  • 動脈硬化予防
  • 抗腫瘍作用
  • 傷の治癒を促進
  • 放射線および化学療法の副作用の軽減
  • 抗疲労効果
  • 抗うつ作用 など

摂取について

生活習慣病の予防や改善を目的とする場合、短期間では効果が期待できないので、継続して利用するのが望ましいです。なお、ローヤルゼリーの成分に対して、発疹や喘息様症状などのアレルギー症状が現れる可能性があります。アレルギー体質の人は注意が必要です。

その他、注目のはたらき

近年の研究では、2型糖尿病における血糖低下作用や脂質代謝改善作用も示されています。具体的には、2型糖尿病患者50名を対象に、ローヤルゼリー投与群と偽薬投与群の2群について、8週間の介入試験が行われ、介入の前後で、空腹時血糖値、ApoA-I(HDLの構成成分)、ApoB(LDLの構成成分)が測定されています。解析の結果、ローヤルゼリー投与群では、血糖値、ApoA-I値とも有意な低下が認められたということです。以上のデータから、2型糖尿病患者において、ローヤルゼリー投与による糖代謝および脂質代謝への好影響が示唆されます。今後、臨床的意義の検証が期待される分野です。


(医学博士 蒲原聖可ブログ「DHCブログ」2型糖尿病におけるローヤルゼリーの働き[2016年04月07日(木)]より)
更新日/2017.09.14

PROFILEPROFILE

蒲原聖可のサムネイル
監修/医学博士蒲原聖可
高知県生まれ。徳島大学医学部卒業。同大学院修了。医師博士。
米国ロックフェラー大学、東京医科大学を経て現在、健康科学大学教授。日本薬科大学客員教授。昭和大学兼任講師。DHC研究顧問。日本統合医療学会理事、国際個別化医療学会理事。主な著書は『ヘルシーエイジングに役立つサプリメント・健康食品』(医学と看護社)、『サプリメント事典 第3版』(平凡社)『必携サプリメント・健康食品ハンドブック』(新興医学出版社)他多数。
医学博士 蒲原聖可ブログ/
http://www.dhcblog.com/kamohara/
更新日/2017.09.14

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。