> > プエラリアミリフィカ
プエラリアミリフィカメインイメージ
ハ行 2017.09.19

プエラリアミリフィカ

タイやミャンマーの北部に自生しているマメ科クズ属の植物の学名。現地では白ガウクルアと呼ばれており、タイの伝統医学では更年期の女性に対する強壮剤として、他のハーブと組み合わせて利用されてきました。有用成分として、女性ホルモンに似たはたらきをもつ植物エストロゲン・イソフラボン類が含まれることが分かっています。近年では、女性の豊胸や美肌といった美容目的での利用も知られています。

期待できるはたらき

女性らしさを保つ(バストアップや美肌効果)

プエラリアミリフィカには、イソフラボン類が存在し、これまでの研究で、女性ホルモン・エストロゲンと似たはたらきをもつことが示されています。それにより、バストアップや美肌などの女性らしさを保つはたらきが期待できます。

更年期障害改善

更年期の女性の、エストロゲン低下による症状に対するはたらきも知られています。予備的な臨床試験では、更年期の女性37名を対象に、1日あたり50mgあるいは100mgのプエラリアミリフィカ含有カプセルが6カ月投与された結果、更年期不定愁訴の指標の低下(改善)が認められました。

摂取について

とくに決まった摂取量はありません。一般に、短期間では効果が期待できないので、継続して利用するのが望ましいです。ただし、女性ホルモンに似たはたらきがあるため、妊娠中や授乳中は念のため摂取を控えてください。またホルモン感受性が問題となる病態や疾患でも注意が必要です。

その他、注目のはたらき

プエラリアミリフィカの脂質異常症(高脂血症)改善作用を示した臨床研究も報告されています。高コレステロール血症などの脂質異常症(高脂血症)は、女性では、エストロゲン分泌が低下する更年期以降に認められやすくなる病態です。この研究では閉経後の女性19名を対象に、プエラリアミリフィカあるいは偽薬が投与されました。2カ月間の投与の結果、プエラリアミリフィカ投与群では、投与前値に比べて、血中HDL(善玉)コレステロールの有意な増加、LDL(悪玉)コレステロールの有意な低下が認められたということです。


(医学博士 蒲原聖可ブログ「DHCブログ」プエラリアミリフィカの脂質異常症改善作用[2008年12月15日(月)]より)
更新日/2017.09.14

PROFILEPROFILE

蒲原聖可のサムネイル
監修/医学博士蒲原聖可
高知県生まれ。徳島大学医学部卒業。同大学院修了。医師博士。
米国ロックフェラー大学、東京医科大学を経て現在、健康科学大学教授。日本薬科大学客員教授。昭和大学兼任講師。DHC研究顧問。日本統合医療学会理事、国際個別化医療学会理事。主な著書は『ヘルシーエイジングに役立つサプリメント・健康食品』(医学と看護社)、『サプリメント事典 第3版』(平凡社)『必携サプリメント・健康食品ハンドブック』(新興医学出版社)他多数。
医学博士 蒲原聖可ブログ/
http://www.dhcblog.com/kamohara/
更新日/2017.09.14

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。