> > 白インゲン豆(ファビノール)
白インゲン豆(ファビノール)メインイメージ
サ行 2017.09.19

白インゲン豆(ファビノール)

白インゲン豆には、膵臓から分泌される炭水化物分解酵素のはたらきを阻害する成分が含まれています。そのため、食物中の糖質・炭水化物の分解・吸収を抑えることで、食後過血糖を抑制するはたらきが期待できるとされています。白インゲン豆の抽出物を含むサプリメントは糖尿病や肥満対策に広く用いられています。

期待できるはたらき

糖尿病での血糖コントロール改善

白インゲン豆抽出物は、膵臓から分泌されるα-アミラーゼという炭水化物分解酵素のはたらきを抑えることで、消化管から血液中へのブドウ糖の吸収をゆるやかにします。白インゲン豆抽出物を食前に摂取することで、α-アミラーゼの活性を阻害し、食後に血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が急激に上昇する食後過血糖を抑えるはたらきが知られています。

抗肥満作用

摂取した炭水化物の分解を抑制するため、食後の血糖値の上昇が抑制、その結果インスリンの分泌量が少なくなり、脂肪の蓄積を予防するはたらきが期待できます。肥満者50名を対象とした臨床試験では、白インゲン豆抽出物を8週間投与した結果、体重の減少及び血中中性脂肪値の低下(改善)が認められました。

その他、期待できるはたらき

  • 脂質異常症の改善 など

摂取について

白インゲン豆に含まれます。ただし、生や加熱不足なものを食べると、レクチン(糖結合タンパク質の一種)の毒性により、嘔吐や下痢などの症状を引き起こすことがあります。有効成分による効果をより手軽に得るには、サプリメントの方が好ましいと考えられます。また、食前に摂取するのがおすすめです。

その他注目のはたらき

近年の研究では、インゲン豆とアーティチョークの抽出物サプリメントによる食欲抑制作用、肥満改善作用も報告されています。具体的には、肥満者39名を対象に、インゲン豆とアーティチョークの抽出物サプリメント投与群、あるいは偽薬群の2群に分けて2カ月間の介入試験が行われています。血糖値と3因子摂食アンケート(TFEQ。食行動の抑制と肥満の関係を抑制・脱抑制・空腹感の3次元から測る指標)の食事制限スコアでは、有意な低下が示されました。さらにサプリメント投与群では、介入後にBMIや3因子摂食アンケートの空腹感受性の有意な減少も認められています。以上のデータから、インゲン豆とアーティチョークの抽出物サプリメントによる食欲抑制作用、肥満改善作用が示唆されます。


(医学博士 蒲原聖可ブログ「DHCブログ」白インゲン豆とアーティチョークによる食欲調節と糖代謝改善作用[2011年02月16日(水)]より)
更新日/2017.11.30

PROFILEPROFILE

蒲原聖可のサムネイル
監修/医学博士蒲原聖可
高知県生まれ。徳島大学医学部卒業。同大学院修了。医師博士。
米国ロックフェラー大学、東京医科大学を経て現在、健康科学大学教授。日本薬科大学客員教授。昭和大学兼任講師。DHC研究顧問。日本統合医療学会理事、国際個別化医療学会理事。主な著書は『ヘルシーエイジングに役立つサプリメント・健康食品』(医学と看護社)、『サプリメント事典 第3版』(平凡社)『必携サプリメント・健康食品ハンドブック』(新興医学出版社)他多数。
医学博士 蒲原聖可ブログ/
http://www.dhcblog.com/kamohara/
更新日/2017.11.30

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。