> > ブラックコホッシュ
ブラックコホッシュメインイメージ
ハ行 2017.09.19

ブラックコホッシュ

北米原産のキンポウゲ科の植物で、先住民の間で薬用として用いられてきました。薬用部分とされる根には、有効成分としてテルペン類やタンニン類などが含まれます。今日では、欧米で更年期障害などに対してよく利用されているハーブサプリメントです。初期の研究では、イソフラボン類のformononetinが存在し、女性ホルモンのエストロゲンに似たはたらきをすると考えられていましたが、近年の研究報告では、作用メカニズムはイソフラボン類とは異なると考えられています。

期待できるはたらき

更年期障害に伴うほてりや発汗の緩和

ほてりや発汗など、更年期障害に伴う症状を緩和するはたらきが期待できます。更年期あるいは閉経後の女性149名を対象に、12~24週間、39mgあるいは127.3mgのブラックコホッシュを投与した臨床試験では、更年期障害症状の改善が報告されています。

月経前緊張症(PMS)

生理の3~10日ほど前からイライラ感や不眠、抑うつ、下腹部痛、便秘、むくみなどの症状が現れる月経前緊張症や、月経不順などの女性特有の症状に対しても用いられています。

摂取について

ハーブティーやサプリメント、抽出液やチンキ剤で摂ることができます。サプリメントでは1日あたり40mg(~200mg)、抽出液は1日あたり1.5~3.0mL、チンキでは(1:10、60%アルコール)0.4~2.0mLが摂取目安量とされています。なお、プラックコホッシュの錠剤は、テルペン類の成分を標準的な量に調整された製品が一般的ですが、海外のサプリメントの中には安全性の確認が行われていない製品があるので注意が必要です。

更新日/2017.09.14

PROFILEPROFILE

蒲原聖可のサムネイル
監修/医学博士蒲原聖可
高知県生まれ。徳島大学医学部卒業。同大学院修了。医師博士。
米国ロックフェラー大学、東京医科大学を経て現在、健康科学大学教授。日本薬科大学客員教授。昭和大学兼任講師。DHC研究顧問。日本統合医療学会理事、国際個別化医療学会理事。主な著書は『ヘルシーエイジングに役立つサプリメント・健康食品』(医学と看護社)、『サプリメント事典 第3版』(平凡社)『必携サプリメント・健康食品ハンドブック』(新興医学出版社)他多数。
医学博士 蒲原聖可ブログ/
http://www.dhcblog.com/kamohara/
更新日/2017.09.14

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。