体の不調や悩みを抱える相談者にドクターが丁寧にお応えするコーナー。医療現場の最前線で働くドクターならではのアドバイスはまさに的確。すぐに役立つものばかりです。解決成分がひと目で分かる「サプリカルテ」も必見。

Vol.12 今冬は冷やさない体になる!!

2016.01.18

 多くの女性を悩ませる冷え。第12回目の相談者の冷子さんは、手足が冷え、寝付けない悩みを抱えています。どのようにしたら冷やさない体を作れるのか小松先生が解説します。

先生と相談者.png

小松先生(以下先生):こんにちは。大分厚着をしているようですが、寒いですか?

 

相談者 冷子さん(以下相談者):はい…。ここのところ手足が冷えてよく眠れないのです。

 

先生:手足の冷えに悩んでおられるようですね。病名をつけるとしたら末端冷え性というところでしょうか。冬場は外気との差が激しく、冷えを感じることは誰でもあります。しかし、寒い場所から暖かい場所に移動しても尚、寒さを感じるようでしたら冷え性の可能性があります。特に手足の末端は、髪の毛のように細い毛細血管が巡り、血管が細いため低温環境で血管が収縮すると冷えやすいと言われています。

 

相談者:手や足の末端では血管が細いのですね…。

 

先生:はい。寒さを感じると血管が収縮し、それが持続すると血流も低下し、冷えを感じますが一時的なもので暖かな室内に戻るとやがてもとに戻ります。しかし、外気の温度を感知する機能が狂ったり、体温調節が上手くいかなくなったりすると血管の収縮がそのままになり、冷えの状態が続いてしまいます。

 

相談者:体温調節が上手くいっていないのですね…。

 

先生:そうです。この温度調整をしているのが自律神経と呼ばれるものです。

 

相談者:自律神経って交感神経と副交感神経ですよね?

 

先生:その通り。自律神経は様々な機能を持ち、体温の維持などもコントロールしています。例えば、交感神経の働きにより、寒冷な環境に入ると体表の毛細血管が収縮し、体表からの過熱を防ぎ、体温を保つよう機能します。暖かいところに移れば血管の収縮は自然と緩むよう調節されます。

 

相談者:自律神経って大切なのですね。意識しなくても血管は収縮したり緩んだりするのですね。冷え性は女性に多い気がするのですがどうしてですか?

 

先生ストレスによるホルモンバランスの乱れ、無理なダイエットによる食事の量や質の低下、不適切な薄着も一因です。女性ホルモンは視床下部や脳下垂体からコントロールを受けています。視床下部は様々なホルモン系をコントロールし、自律神経の中枢もここにあります。女性ホルモンの乱れから自律神経系に影響が現れることはよくあります。また男性に比べ熱産生の高い筋肉量が少ないため冷えがおこりやすいと言われます。血行が悪くなると肩こり、腰痛などの悩みの種にもなるので早めに解消したいですよね。

冷えの原因直し.png

相談者:解消する方法をお伺いしたいです!

 

先生:いくつかありますよ。まずはストレスを溜めないこと。それから適度な運動も大切です。運動をして筋肉量をつけると熱量が発生し、血の巡りが良くなります。他にも適温での入浴は、リラックス効果を高めるので自律神経のバランスが整いますよ。

 

相談者:シャワーだけの日が多かったのですが今日からはお湯に浸かりたいと思います。

 

先生:そのほかにもきつい服は血流を圧迫するのでNG。それから無理なダイエットはエネルギーやビタミンなどの栄養不足となり、熱産生も低下し、身体を冷やすのでやめてくださいね。外出するときは、タイツを履いたり、腹巻をしたりと身体を冷やさないよう衣類にも気を配ってくださいね。

 

相談者:わかりました。

 

先生:それから…身体を温めるにはショウガが良いなんていう話は聞いたことありませんか?

 

相談者:健康の番組などで聞いたことがあるような…本当なのですか?

 

先生ショウガにはジンゲロールやショウガオールといった香味成分が含まれており、これらが末端の血管を拡張したり、体幹部を温めたりと、冷え性を改善する期待が持たれています。体温を1度上げるだけで免疫力や基礎代謝が上がると言われています。血の巡りも良くなりますので、料理などに加えて日常的に摂取してみましょう。料理が面倒な方はサプリメントも市販されているようです。ちなみにショウガの中でも金時ショウガは有用成分を多く含有しますので選ぶときの参考にしてみてくださいね。

 

相談者:ショウガはやっぱり効果があるのですね。

 

先生:ショウガは生薬としても伝統的に使われていたそうですよ。それから黒酢にはアミノ酸がたくさん含まれるため代謝をアップさせてくれます。ショウガと一緒に摂れば芯からじんわりと身体を温めてくれそうですね。ショウガと黒酢が合わせて摂れる複合サプリも開発されているようです。

しょうがと黒酢.png

相談者:そうですね!!

 

先生:それから血行を良くし、血液を健康に保つためのビタミンも紹介しておきますね。それは、ビタミンEとP。ビタミンPは毛細血管をしなやかに若々しく強化し、ビタミンEは血流の流れを良くする働きがあります。合わせて摂取すると良いですね。

 

相談者:血行を良くする成分を摂り、自律神経を整える生活習慣にすれば冷えとさよならできそう。なんだか良く眠れるようになりそうです!!

 

先生:きっと冷えが和らぐと思いますよ。お大事にしてくださいね。

 

supplement_tit.jpg

ショウガは代謝を活発にし、体温を上げる!!

★名称 ショウガ

★役割  血液循環を良くし、身体を温める。胃腸の血行を促進、エネルギー消費を高める。

★働き 冷え性の改善。

 

supplement_btm.jpg

 

 

 

合わせて読みたい

メルマガ会員登録

ご登録いただいた方には、本サイトの更新情報を中心にお届けします。

今回の特集テーマは?各コーナーはどんな内容??タイムリーに知りたい方は、今すぐ読者登録を!

E-mailアドレスを入力ください


性別必須