> > 編集スタッフが試した!素人でも簡単に作れる、手作りアロマキャンドル
編集スタッフが試した!素人でも簡単に作れる、手作りアロマキャンドルメインイメージ
アロマ 2017.10.18

編集スタッフが試した!素人でも簡単に作れる、手作りアロマキャンドル

ハロウィンやクリスマスなど、いつもと違ってロマンティックな夜を演出したい時に、手作りのアロマキャンドルはいかがですか?初心者でも簡単なアロマキャンドルの作り方をご紹介します。
編集スタッフが試した!素人でも簡単に作れる、手作りアロマキャンドルメインイメージ
indexindex
  1. アロマキャンドル作りで用意するもの
  2. 基本のアロマキャンドルの作り方
  3. アロマジェルキャンドルの作り方
  4. アレンジでクリスマス用のアロマサシェも...♡

特別なイベントの時など、お店で買ってきたグッズでの飾り付けじゃ味気ないな...なんて時は、手作りのアロマキャンドルはいかがですか?

一見ハードルが高そうに見えて実はとっても簡単!買ったキャンドルだともったいなくて使えない...なんて人にもおすすめです♪

手作りなら自分の好きな香りや色など、自分好みにカスタマイズできるのが魅力的ですね。容器と材料を用意したら、あとは混ぜて溶かして固めるだけなので、ぜひお試しください。

アロマキャンドル作りで用意するもの

用意するもの
  • 割り箸
  • タコ糸
  • はさみ
  • 耐熱容器(キャンドルを流し込む容器)
  • セラミック鍋(ない場合は湯せん)
  • 温度計
材料
  • ワックス(ジェルキャンドルの場合はジェルワックス)
  • エッセンシャルオイル
  • クレヨン(お好みで)
  • キャンドルの中に入れる飾り(お好みで)

基本のアロマキャンドルの作り方

  1. ワックス(砕いたろうそくでも可)を火にかけて溶かす
    171018_02_02

    ワックスを火にかけて溶かしていきます。ワックスが溶ける温度はワックスの種類によって異なりますので、購入時に確認しましょう。 見本は「パームワックス(ヤシの葉を精製した植物性ワックス)」を使用し、融点は26~56度です。

    ワックスがない場合は、ロウソクを細かく砕いたものでも大丈夫です。
    量は耐熱容器に必要な量より気持ち多めに溶かすのがポイント。

  2. 細かくしたクレヨンで色付け
    171018_02_03

    クレヨンをはさみで小さくカットし、ワックスと一緒に溶かしていきます。色味を調節しながら少しずつ入れていくと失敗しません。 また、固まると、この状態の色より薄くなります。

    ワックスとクレヨンが完全に溶けたら、それ以上温度が上がらないように、火加減はとろ火にします。

  3. エッセンシャルオイルで香り付け
    171018_02_04

    クレヨンが完全に溶けたら、好みのエッセンシャルオイルで香りをつけます。あまり強い香りが好きじゃない人は、5滴ほど入れたら香りの強さを確認し、調整しながら加えてください。

    今回は、手のひらサイズの容器1/3程度のワックス量毎に、エッセンシャルオイルを10滴以上入れています。

  4. 容器に半分程度流し込み、芯を作る
    171018_02_05

    【3】を容器に流し込み、固まる前にタコ糸を挟んだ割り箸をまたがせ、着火用の芯を作ります。そのまま固まるまで待ちます。

  5. 完成
    171018_02_06

    1色で作る場合は、固まったのを確認した後、残り【3】を再び流し込んで完成です。待っている間に鍋の中で固まってしまったら、再度加熱をして溶かしてください。

    何色か層を作る場合は、【1】から【3】を繰り返し、入れたロウが固まったら入れる...を繰り返して、完成です!

アロマジェルキャンドルの作り方

171018_02_07
  1. ジェルワックスを火にかけて溶かし、エッセンシャルオイルを入れる

    ジェルワックスを火にかけて溶かします。容器の容量次第ですが、少なくても200gは用意すると安心です。ジェルワックスの融点は約90度。
    溶かしきったらエッセンシャルオイルで香りをつけます。

    ジェルワックスは極力かき混ぜない方が気泡が少なく仕上がります。エッセンシャルオイルを入れた際も、ゆっくりと静かにかき混ぜるのがポイントです。

  2. ガラス容器に流し込んで固める

    容器の中に沈めたい飾りやオブジェを入れて、【1】のジェルワックスを流し込みます。ジェルワックスは高温なため、容器の中に入れる物は燃えにくい物、溶けにくい物を選びましょう。また、燃えると有毒ガスが発生するようなものは避けてください。
    また、軽い物はジェルを入れることで浮いてきてしまうので、予め接着剤などで容器に固定しておくと簡単です。

    ドライフラワーなどをジェルの中に浮かせたい場合は、ジェルの温度は低めにし、少なめに入れてドライフラワーを浮かせます、その状態で一度しっかり固まるまで待ち、残りのジェルを入れてください。ジェルの温度が高い状態だと、ドライフラワーが燃える可能性がありますので、必ず温度計を使って温度を調整してください。

  3. アレンジでクリスマス用のアロマサシェも...♡

    171018_02_08

    手順【1】〜【3】で溶かした後、専用の型に流し込んで飾りをつければ、おしゃれなアロマサシェだって簡単に作れちゃいます! アロマサシェは、火を使わずにアロマの香りを楽しむアイテム。玄関や洗面所などに気軽に飾ることができます。

    アロマサシェを作る時は、アロマキャンドルよりも少し多めにエッセンシャルオイルを入れるのがポイント。控えめに入れると、思った以上に香りが広がらないので注意してください。飾る部屋の広さに応じて、入れるエッセンシャルオイルの量を調整しましょう。

更新日/2017.10.18
更新日/2017.10.18

RECOMMENDEDRECOMMENDED合わせて読みたい

RANKINGRANKINGアクセスランキング

POPULARPOPULAR人気の記事

TOPIC TAGSTOPIC TAGS人気のタグ

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。

オリーブチャンネルとは?

オリーブチャンネルは、株式会社ディーエイチシーが運営する、美容・健康情報をご紹介するサイトです。話題の美容・健康成分のご紹介や、肌や身体を美しく元気にする方法を発信していきます。